記事を探す方は全カテゴリーへ

誰でも4時間を切れる!効率的マラソンメソッド ― 川越学、世界を目指すアスリートでも30km走までという驚きの練習方法が判明!

誰でも4時間を切れる! そんな魅力的なタイトルのマラソン書籍に出会いました

 

今回紹介するのは、誰でも4時間を切れる! 効率的マラソンメソッド という本です。さぁいったいどんなメソッドがあるのか、深くじっくり学びましょう。その書評レポをお届けします。

 

誰でも4時間を切れる!効率的マラソンメソッド

誰でも4時間を切れる! 効率的マラソンメソッド

 

著者は、セカンドウィンドAC という、ランナーのためのクラブチームの監督の川越学さん。

 

  • 嶋原清子選手(2007年大阪世界陸上マラソン6位、2009年横浜国際女子マラソン優勝)
  • 加納由理選手(2009年ベルリン世界陸上マラソン7位、2010年名古屋国際女子マラソン優勝)
  • 尾崎朱美選手(2006年東京国際マラソン2位)

など、多数の日本トップクラスのマラソン選手を輩出した監督さんです。

 

必要以上に長い距離を走らず、疲労をため込まない

 

この練習のポリシーが、とにかくすごく斬新! そして、短い時間で効率を上げたい、会社員ランナーの方とか、オーバーワークで日常生活にも支障をきたしがちな方こそ、必読の内容です。

 

世界を目指すアスリートたちでも、最大でも30km走まで

何といっても、いちばんインパクトあるのがこの内容です。

40km走という練習メニューがない

 

上記に書いた、世界を目指してトレーニングをしていた選手たちでも、最大でも30kmまでしか走らなかった というのは、まさに驚き以外の何でもありません!

 

遅いペースで40kmを走るくらいなら、レースペースに近いスピードでの30km走を継続して何回も走ったほうが、体への負担も減るし、目標達成に必要なスピード・スタミナ両方の能力を養うことにつながる。

というのが根底の考えなんだそうです。

それでいて、しっかり結果を残しているので、ぜひ参考にしたい練習方法ですね!

 

サブ4に向けた練習での、目標タイムがわかりやすい!

IMG_2853.JPG

レースまでを、大きく5つの期間に分けています。

準備期、走り込み期①、走り込み期②、実践期、調整期

 

本番のフルマラソンで4時間を切るためには、それぞれの段階でどの程度のタイムを目指せばいいのか、それが具体的でわかりやすい。ここでも、最大でも30kmまでしか紹介していません。(詳しくは、実際に本を読んでみてください)

 

そして、もう一つの特徴は

● 最大のトレーニング効果を得ようとするなら、疲労をきちんと回復させ、超回復が起きて体がよい状態になっているところで、タイミングよく次の負荷をかけるようにする。

 

なので、ポイント練習(=強化練習)は週2回が妥当で、残りの5日間は、ジョギングやウォーキングあるいは休養を提唱しています。

 

短い走行距離でも効率的にトレーニングをして、マラソンで結果を出したい。そう思っている身として、すごく参考になる一冊でした!!

 

<著者の川越学さんの書籍シリーズ>

 

<マラソンを速く走りたい!オススメ人気記事集>

レイヤートレーニング【まとめ】箱根駅伝四連覇の青学陸上部も実践、マラソン用の時短トレーニング方法

サブ3.5を3か月の練習で達成! 東京マラソン2017当日までのトレーニング、全部公開&振り返り【東京マラソン振り返り】

横浜マラソンで、サブ3.5に7分及ばず・・・。あまりに悔しいので、サブ3.5達成のために原因と対策を振り返りました

マラソン書籍6選 | 僕のサブ3.5達成に大きく貢献してくれた本をまとめて紹介します。頭で学ぶフルマラソン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。