【ふるさと納税】最強のおすすめ返礼品・ゴルフ用品は知ってますか?

ホノルルマラソン2014観戦記。暴風雨と自分との戦いから、感動のダブルレインボーが見えた!

JALホノルルマラソン2014、EXPO・前々夜祭ルアウに続いて、夜明け前の朝からはじまった、マラソン本番編です!

 

ホノルルマラソンは、夜明け前の朝5時スタート

日本国内の大型マラソンでは、9:00前後のスタートが多いですが、ホノルルマラソン、当日の朝は夜明け前から始まります。

 

朝3:30の時点。スタート地点のアラモアナビーチパークに向かう人々です。この日の朝は、あいにくの・・・雨(><) 着脱可能なカッパを着て歩いている方が多かったです。

 

今回は オフィシャルフォトサービス での撮影のお仕事。合計10箇所の撮影ポイントで、50名のカメラマンさんと共に準備です。ふじたんの担当は、ワイキキビーチ(10km手前)、沿道のボランティアスタッフの方々も、夜明け前から給水の準備。

 

そうこうしている内に、気づけば朝5:00に。ホノルルマラソン名物、スタートの花火が打ちあがりました!

 

 

暴風雨のワイキキビーチで応援。ダブルレインボーが見えた!

この日の天気は・・・横殴りの小雨。というか暴風雨!豪雨というほど激しくはないんですが、強風が吹き荒れて厳しいコンディション。そんな中、暗いうちから30,000人のランナーが駆け抜けていきます。

 

だんだん夜が明けてくると、マラソンランナーと合わせて、レースデーウォーク(10kmウォーク)の方々も通過しはじめました。

 

12月のホノルルは、朝7:00ごろになると夜が明けます。子どもや三世代一緒に歩く方や、ベビーカーを引いた方もたくさん。

 

そうして通過していくランナー&ウォーカーのみなさんに、撮影ポイントをアピールしながら声援を送りました!

 

こちらの10km手前の地点は、朝8:30ごろに全参加者が通過。ふと空を見上げてみると、真上には大きく広がる虹!しかも、虹が二本見えるダブルレインボー!!

 

ゴール地点は、見ているだけでもとにかく感動!

ワイキキビーチでの撮影が終わった後は、ゴール地点に移動。カピオラニ公園のゴール地点までは、ワイキキビーチから徒歩15分ほどで行けます。

 

こちらが、ゴール手前100mほどの地点です。あの劣悪なコンディションで、みなさんよく頑張った!自分が走っているわけでないのに、思わずウルウルきてしまいました。

 

フィニッシュ後の皆さんをお出迎えしつつ、カピオラニ公園内でフィニッシャー(完走者)の記念撮影も行いました。

 

完走者たちは、Tシャツを受け取ったり、余韻に浸っていたり。そして他の大会にないサービス! 完走者の記録掲示板が張り出されて、ゴール地点で自分や仲間の完走タイムが見られました。

 

ホノルルという場所で走ることもあり、記録を狙うというよりも、とにかく楽しく思い出に残るイベント。他のマラソンとは違う、ホノルルマラソンの魅力を一日かけて体感できました。

 

2015年は12月13日(日)開催です。気になる方は、今から予定を空けてくださいね!

ホノルルマラソン 公式ページはコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です