記事を探す方は全カテゴリーへ

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?-亀田潤一郎、年収は使っている財布の値段の200倍になる!?

Yahooニュースのトピックスに

年収 使う財布の値段の200倍!?

 

という、亀田潤一郎さんの特集記事がありました。

 

 

そういえば、亀田潤一郎さんの本を読んでるじゃん。

ということで、せっかくの機会にシェアします!

 

 

<この本で印象に残った部分>

● 長年稼ぎ続けている社長というのは、

すべからく「美しい財布を使っている」ということでした。

そしてそのほとんどが、高級感のある、

見た目もスマートできれいな「長財布」です。

 

● 長財布というのは、そもそもお金、とくにお札にとって心地よい形にできています。

ピン札で入ってきたら、それをそのままキープできる形になっている。

無闇に折り曲げられることがありません。

また、長財布は尻ポケットに入れたままだと座りにくい。

だから、お金が「尻に敷かれる」ことがなくなります。

 

● お金を払うとき、お金が自分の元から去っていく時には、

心の中で「行ってらっしゃい」と言い、

お金が自分の財布に入っていた時には「おかえりなさい」と言うように。

とくに「いってらっしゃい」は必ず忘れないようにする。

「いってらっしゃい」「おかえりなさい」を言うクセをつけておくと、

無駄遣いかどうかを判断する目印になり、

また同時にストッパーの役割も果たしてくれるのです。

 

● 「これだけはある」と思おう。

「これだけしかない」としか思えない人は、

そう思った時点で思考が止まってしまいます。

一方「これだけはある」と思える人は知恵が湧きます。

こうしたらいいのではないか、ああしたらいいのではないか、

などと次の対策を練ることができます。

 

 

そして、

この本やYahooの記事を読んで、財布を新調しようと思った方

 

そんな方々にも大切なメッセージを残しています。

 

↓   ↓   ↓

 

● 財布を新調したら、財布に「お金の味」をしっかり覚えてもらうこと。

使い始める前に3日間くらい、大金を財布に入れておくのです。

できれば100万円。難しければ、10万円でも20万円でもいいでしょう。

自分にとって大金と思う額のお金を、

思いきって銀行からおろし、財布に入れておきます。

 

「お金にしてみても、まったく新品より、

多少でも使われている財布のほうがきっと心地よい」

 

 

ゴルフクラブも一緒ですよね~。

新しいドライバーを使い始める前に、キャディバッグに入れておくと

他のクラブから漂う芝生の匂いが、きっと心地よいのかなぁ!?

 

 

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。