記事を探す方は全カテゴリーへ

丸亀製麺ワイキキ | 売上世界一な理由が実食したらわかった!そしてフライドチキンが隠れた逸品!

丸亀製麺。そこは、オアフ島・ワイキキにおいて一番行列ができる飲食店。去年に続いて今年もバッチリ訪問してきました!

 

なんで丸亀製麺がこんなに行列なの・・・。ハワイに行くたびにそう実感してしまいます。それでもずーーーっとこの行列は変わりません。

今回は、丸亀製麺の全店舗の中でも売上No.1の秘密を解明!?

 

丸亀製麺ワイキキ(Marukame Udon Waikiki)

ニュースやTVでご存知の方もいるかと思いますが、讃岐うどんをチェーン方式で展開する丸亀製麺。その店舗別売上が世界一のお店は、日本にはありません。

 

なんと、ホノルルにあるお店がNo.1なんです!

参考記事:丸亀製麺がハワイで圧倒的に稼ぎまくる理由(東洋経済オンライン)

 

お昼から夜にかけては、常にお店の外に長蛇の列。2014年に見た光景は、2015年になっても変わりありませんでした。そして2016年、2017年も同様。

 

ワイキキのメイン通り、カラカウア通りと並行しているクヒオ通りにあります。どこからでも行けるアクセスの良さと、ホノルルでは破格の5ドル前後で食事できることもあって、いつも通るたびに、行列を目撃します。

 

やっぱり、行列の並ぶところには行ってみたくなります!

 

朝7時の開店目指して、行ってみました!

朝7時の開店直後なら、大丈夫でしょう。ということで、早起きして訪問してみました。しかも、7時55分ホテルロビー集合で、帰国するというその日に(笑)

 

6時58分ほど、開店2分前に到着すると

 

・・・

 

すでに10名ほどの先着がおりました。

 

オープン前から列ができる丸亀製麺。日本では聞いたことないですよね。相変わらずの人気ぶりです!朝ランの後なのか、ランニング用短パンの方もちらほら。

 

世界一の店舗別売上の理由、食べて観察して理解!

店舗別売上が世界No.1の理由は、うどん以外にあった!

ホノルルの丸亀製麺を訪れるのは、2014年に続いて2回目です。そして2回目の訪問で気づいたんですが、うどんは4~5ドル前後(約480円~600円)なのに対して

 

天ぷらや揚げ物は、1品あたり1.5ドル前後(=約180円)

 

うどんに対して、割と高めの値段!?そして、店舗別売上が世界一という理由も、わかってきます。

 

うどん+天ぷらやフライドチキン、あるいはおにぎりやスパムおにぎりをたべると、あっという間に10ドル近くになります。つまり、客単価が1000円前後の丸亀製麺。

これらのサイドメニューで、利益を確保してるんでしょうねー。今回はフライドチキン(1.5ドル)を追加オーダーしてみました。

 

フライドチキンが隠れた逸品!

前回訪問した時にも実感したんですが、ホノルルの丸亀製麺って実にいい油をつかって揚げてるんですよー。

 

天かすで実感したその油の質は、フライドチキンも同様に期待以上。カラっといい揚がり方!

 

ホノルル滞在中に色々な場所で、フライドチキンやポークチョップなどを食しましたが、それらの専門店と比較しても、油に関しては一番美味しかったかも!

単純にフライドチキンの屋台があるだけでも、部屋飲みのツマミとかに欲しくなります。行くたびに気づきのある、面白いお店でした。

 

ランチ以降は、とにかくずーーーっと外に行列ができます。並ばずに食べたい!という方は、午前中(7時~9時台)に朝食として訪問することをオススメします!

 

<今回紹介したお店>

  • 丸亀製麺 ワイキキ(MARUKAME UDON Waikiki)
  • 住所: 2310 Kuhio Avenue, Suite 124 Honolulu (クヒオ通り沿い)
  • 営業時間: 7:00~9:00、11:00~22:00
  • ホームページ: https://tabelog.com/hawaii/A6001/A600101/60000144/

 

<丸亀製麺から徒歩圏内 おすすめグルメ特集>

コナ・コーヒー・パーベイヤーズ | ワイキキインターナショナルマーケットプレイスにできたカフェで迎える朝、ハワイの風が気持ちいい~

アイランドヴィンテージコーヒー | ハワイ通のグルメに人気のアヒポキ丼は、ごま油と醤油の味付けがまさに日本人好み!

ハイドアウト(HIDEOUT)| ワイキキ・クヒオ通りのリゾート気分なホテルが最高!パンケーキの朝食を満喫

 

ふじたんオススメ ハワイグルメ情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です