タッカー&ベヴィー・ピクニックフード | ビーチフードを買ってワイキキビーチやカピオラニ公園へ直行したくなるカフェ&デリ

気に入ったらシェアしてね♪

サンドイッチやフレッシュジュースを買って、そのままワイキキビーチに直行しちゃおう!

スポンサーリンク

おもわず買った瞬間からはしゃぎたくなるお店、タッカー&ベヴィー・ピクニックフード (Tucker & Bevvy Picnic Food)を訪問してきました!

タッカー&ベヴィー・ピクニックフードへのアクセス

タッカー&ベヴィー・ピクニックフードは、ホノルル動物園のすぐ近くにある、パークショア・ホテルの1Fにあります。

ホノルル動物園から、左にワイキキビーチを見ながら、下の写真のような景色が見えます。そこが今回の目的地、タッカー&ベヴィー・ピクニックフード(以下、T&B)です。

T&Bのホームページ にある、お店のコンセプトを読んでみましょう。

Tucker & Bevvy というのは、オーストラリアのスラングで “food and drink” という意味なんですねー。17年間、シドニーのビーチ郊外にて飲食店を運営していたお店が、2013年からワイキキのこの土地にもやってきたそうです。

サンドイッチ、生ジュース、スムージー、フレッシュ揃い!

ビーチフードのコンセプトとして「新鮮なサンドイッチ、サラダ、フレッシュジュース、スムージー」など、イートインもテイクアウトもできる商品を用意してます。

店内の様子はこちら。フレッシュジュースやスムージー、パニーニやサンドイッチなど、朝食にもランチにも、どちらでも新鮮な食材で軽食を楽しめます。

英語の メニューリスト はこちらです。店内にも日本語のメニューは一切ないので、レジ前で焦らないように、気になる方は事前チェックしてもいいですね。

今回は、さくっとお昼どきだったので、チーズ、チキン、トマトのパニーニをオーダーしました。オーダー後に、店内でグリルしてくれるので、5分くらい待ちましょう。20cm強のパニーニ、これで確か8.5ドルです(1,000円強か・・・)

具材もしっかり入ってます。そして、オーダー後に焼いてくれるので、パン生地も外はサクサク、中はふっくらしてます。美味しいです。

予算的には、生ジュースやスムージーで5~6ドル、サンドイッチやパニーニは、おおよそ7~9ドルくらいですね。日本で食べるのに比べて、1.5倍くらいする印象。

店内もいいけど、外に出るともっと楽しい!

店内のイートインも、すっごくオシャレ。

・・・なんですが、このお店に来たからには、ぜひ外にテイクアウトして、ピクニック気分で食べてほしい!

すぐ目の前にある交差点を渡り、そのままワイキキ・ウォールに行くもよし

  

ワイキキ動物園やカピオラニ公園に行くもよし、ダイヤモンドヘッドを見ながら、サッカーをするもよし(笑)

T&Bで調達したフードを持って、そのまま行きたいところにレッツゴー。とーーっても充実した1日になること間違いなしですよ(^^)

<今回訪れたカフェ情報>

<ワイキキに持参したいグルメ本>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう