いやすめむすび | ワイキキで「梅スパムむすび」を食す!10ドル以内で朝食&ランチもできる貴重なカフェ | ふじたんの「Golfun (ゴルファン) 」

いやすめむすび | ワイキキで「梅スパムむすび」を食す!10ドル以内で朝食&ランチもできる貴重なカフェ

ホノルル出張最終日、飛行機が12時発と中途半端なので、ワイキキにて軽食を買ってから空港に向かうことに。

 

いやすめむすびワイキキ店、基本情報とアクセス

今回のホノルル出張、最後の現地グルメとして訪問したのは、ハワイのおむすび専門店 いやすめむすび(Musibi Cafe Iyasume)。いやす夢むすびとも言います。

 

ワイキキ内に3店舗、ケアモク(ウォルマートの近く)に加えて、2016年6月にアラモアナショッピングの白木屋にもオープンし全部で5店舗ある、ワイキキ唯一のおにぎりカフェです。

 

今回は、ワイキキ・モナーク店へ。アクア・パシフィック・モナーク(Aqua Pacific Monarch) の1Fに面した、クヒオ通りとカラカウア通りのあいだの通り(ウルニウ・アベニュー)にあります。

 

豊富すぎるおにぎりメニューが楽しい!

まずお店の前の看板から。第一印象で感じるのが、とにかくメニューが豊富なこと!

 

Rice Ball(MUSUBI)おにぎり各種が、定番メニューだけで20種類以上。

 

多種多様なスパムむすびも、15種類ほど

 

実に40種類近い、おむすびメニューがあります。さらに、みそ汁や豚汁とのセットメニュー、牛丼やカレー丼、鰻丼まであります。お店の中のレジでオーダーして、しばらく待つ方式。

 

ちょっと時間に余裕がある方には、イートインも10席ほどあるので、サクッと食べて、ワイキキビーチに行くこともできます。

 

 

今回オーダーしたのは、

一番食べたかった「元祖梅スパム」

店員さんに勧められた「しゃけ明太子」

思いつきでの「アボカドベーコンスパム」

 

ちなみに、クレジットカードが使えるのは5ドル以上です。

おにぎり2個だと微妙に届かないので、ついでにもう1個買ってしまったというのは、ここだけの話。意外と考えられた価格戦略なのかもw

 

ドキドキの梅スパムは、意外と普通だった(笑)

おにぎりの大きさは普通です。ABCストアのスパムむすびや、日本のコンビニのおにぎりと同じくらいかな。早速食べてみましょう!

 

・元祖「梅スパム」

 

実は一番ドキドキ、そして期待に胸ワクワクな一品は・・・

 

思ってたほどの驚きはありませんでした(笑) 梅自体の量は少なめで、酸っぱさがちょっとしたアクセント感覚。ただ、ホノルル出張4回目で初めて梅を食べました。この酸味を欲してるときや、二日酔い明けにはいいのかも。

 

・しゃけ明太子

店員さんにオススメされたこの組み合わせ、実は意外と独特!

「しゃけ」も「明太子」も色んな所で見ますが、「しゃけ明太子」って記憶にある限り日本のコンビニで見たことがありません。

 

ピリ辛な味付けは、酒のつまみにもいいねー。日本のコンビニでも、新商品で置いたら売れそう(特に男性の一人暮らしや、ガテン系の方が集まるお店にて)

 

・アボカドベーコン

 

スパムの上にアボカドとスライスベーコンの乗った一品。どんだけコッテリするんだろ・・・?と思ってましたが、アボカドのとろける食感がちょうどいい。醤油系の味付けにすると、もっと美味しいかなー。

 

一つだけ残念だったのは・・・出発前の腹ごしらえとして空港で食べたため、オーダーしてから、3時間ほど経ってたこと。ご飯が若干固かった>< 次回は是非、つくり立てを食べたい!

 

ちなみに5店舗ある中で、一番朝早くから営業するのがワイキキモナーク店。朝6:30オープンで、10ドル以内で朝食&ランチができるカフェでもあり、ワイキキにおいて貴重なお店ですね。これから出張のたびに、最低一度は行きたくなる予感です・・・!

 

<今回食べに行ったショップ情報>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。