記事を探す方は全カテゴリーへ

マインドマップが学べてかける読書会、参加してきました。わずか3時間でマインドマップの概念が変わってビックリ!

マインドマップって、やっぱり凄く可能性が広がる!そんな体験ができたイベントに参加してきました!

 

マインドマップ、活用していますか?

マインドマップとは、トニー・ブサン氏が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと(-Wikipediaより)

 

中央にテーマを設定して、そこから放射状に色々とキーワードやイメージを書き出したりするやつですね。

 

日本でも2000年台はじめに広まり始めたと記憶してます。2003年~2004年ごろにボランティアスタッフを務めてた、大学生のための就職支援活動団体ジコピーと、そこでお世話になっていた株式会社アクティブラーニングでいつも、セミナー前後の会議とかで使用していたので、かれこれ10年ほど、自己流でも使ったりしてたんですね。

 

ただ・・・何か違う。もっと有用に使えるはず。そんな風に思ってた時に、今回会社の同僚からイベントの紹介をもらったので参加してみることにしました!

 

 

マインドマップが学べてかける読書会

今回参加したのは「マインドマップが学べてかける読書会」というイベント。

 

マインドマップを学ぶだけでなく、それを日々の読書法にも生かそう!という内容です。イベント後に改めてタイトルを確認したら「かける」となっていて「書ける」「描ける」「掛ける」とか、色んな意味を含んでそうですね。

 

コチラの本を使用します。

 

まずはマインドマップの概念や基本的なかき方を掴み、実際に「マインドマップ超入門」の本を通じてマインドマップを活用した読み方を学び、最後は「好きなもの」というテーマで、実際にマインドマップを本気でかくところまで実践することができました!

※字が汚いのはご愛嬌で・・・ww

 

 

わずか3時間で、ここまで考え方が変わるんだ!

最初は「まぁ、これから役に立つことが1つでも学べればいいよなー」ぐらいに考えていたんですが、正直なところ、想像を遥かに上回った内容でした!今回実際に学べて、今後にも使えるものだと確信できたのは、主に3つ。

 

 

1、読書には、明確な目的を持つこと

これは「マインドマップ読書法」「フォトリーディング」「レバレッジリーディング」とか、世の中で提唱しているいずれの読書法においても共通することだと、改めて確信しました。

 

今回のセミナーでは、以下の手法で行われました。

 

・2分ほどの短い時間でざっと読んで、目に入ったフレーズを書きまくる(序盤、中盤、終盤で各10個ずつ)

・次に、自分が疑問に思ったことをポストイットに書く

・テーブルの隣の人が書いた疑問を受け取り、3分間で読んで回答をまとめる

・その内容をシェアする

 

という流れでした。要するに、短い時間でざっと読み → その本から学びたい明確なテーマや疑問を確認して → 一気に集中して読む、という流れですね。限られた時間でたくさん学びたいときこそ、この手法ってやっぱり必要だと再認識!

 

 

2、マインドマップは線の上にキーワードを書くこと

これは書き方の話。今まで、マインドマップを書くときって、線を引いたらその横にキーワードを書き、またそこから線をつないでキーワードを書く・・・とやってたんです(※下の写真でいうと、右下の「手」から始まるように。

 

そうではなく、線を引いたらその上にキーワードをかき、そこから派生させる方がよりイメージが膨らむんだって!(これは本当にそうでした!)線の上にキーワードを書く方が、より連想ゲームが無意識に起こる感じ。

 

3、カラフルに楽しく描こう^^

何より、一番学びになったのはコレ。

 

一つのテーマでガーーーーっと書き出したら、そこから繋がりのある内容をまとめたりして

 

真ん中にいくつものイメージ画像を用意して、改めて清書することで完成させる。こうして出来た、僕が「好きなもの」の作品がコレ。

 

このワークを通じて、僕は「表現者」として活動している時が楽しいんだ!とよくわかりました。なぜブログを書き続けているのか、自分への疑問が一つクリアになりました(これはまた改めて、別記事で書こうと思います)

 

3時間ほどのワークで、マインドマップを日々の生活にも読書法にも活かせるようになったと確信でき、すごく有意義な時間をいただけました。ありがとうございました!

 

講師のゆるゆるクリエイティブTOKYOさんの活動レポートはこちら。

http://yuru-yuru.hatenablog.com/entry/2017/05/25/222148

 

 

マインドマップの関連本です。自分のテーマに合わせて学べますよ^^

 

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。