≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

メンタル・タフネス for ゴルフ -だれでもスコア10アップ -岡本正善、田中秀道プロを1年で賞金ランク6位に導いた方の本!

ゴルフをめちゃくちゃ上達するために

「メンタル」をトコトン強くしたい・・・

 

ここまで至った経緯は、こんなことを言われたから・・・

「100前後で回るけど大叩きホールがある人は、ゴルフメンタルが弱いから」

 

 

ということで、あまりに悔しくて

田中秀道プロ、桑原克典プロ、谷口徹プロなどや

ダイエーホークス(現ソフトバンク)のチームメンタルトレーナーとして

指導した経歴を持つ、岡本正善さんの本を調達しました!

 

この本自体は、1996年の著作で

16年ほど前の一冊ですが、内容は目からウロコがたくさん

すぐに着手したいことや、たくさんの気づきがありました。

 

 

<この本で特に印象に残った部分>

● 手の平を見つめ、頭の中を「手を見ることだけ」に集中し、

意識が散漫になってきたら深呼吸をして気分を立て直し。再び集中する。

 

● 「目をつぶってゴルフ場にいる自分をイメージしてください」

潜在意識を含めて人間の脳を理想的なリズムで動かすのに適しているのは、

「ゴルフ場にいる自分をもう一人の自分が見ている」パターン。

つまり現場にいる自分と、

それを見ているもう一人の自分を同時にイメージする方法。

 

● 田中秀道プロは、小柄な体型ながらも身体の大きな選手と互角に勝負しようと、

腰の回転にこだわってきた。

彼は、中学生の頃から手首と背筋だけを強化するようにしてきたという。

多くのゴルファーは上腕や腕の筋肉をつけようとするものだが、

腰を鋭く回転させるためにはこれらの筋肉は邪魔でしかない。

 

● 決定した目標が本当に適当なものかどうかを判断する方法

その目標を一目見た瞬間に「楽しい」気持ちになるかどうか

目標に到達した自分を具体的にイメージできるかどうか

 

● 目標は常に達成する前に更新せよ。

いったん決めた目標が期限の途中で達成可能な状況になったとしよう。

そのときは、ただちに次のレベルへと「上方修正」しなければならない。

「今年の目標は95を切ること」にしていたものが、

シーズン途中でコンスタントに90台の後半がでるようになったら、

その段階で目標を92まで引き上げるべきだ。

 

 

<こんな方にオススメ>

● 「潜在意識の活用」「集中力」「イメージ力」をつけたい方

● 田中秀道プロの「1年で賞金ランク200位台→6位」への大躍進に

メンタルがどう関わったのかを知りたい方

 

 

・・・えっとですね~

一つ一つのワークを丁寧に説明している箇所が多いです。

なので興味がある方は、とにかく手元に一冊置いて

じっくりじっくり、時間をかけて読みましょう。

 

この本に書いていることを【徹底】してやれば、

春にはすごくスコアアップできそうな気がします!!

 

 

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください