≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

立花岳志さん「月間100万PVブログの作り方セミナー」に参加、僕の目指す生き方・ブランディングを改めて強く掴めました!

ふじたん(@shinjifujita)です。今回は、立花岳志さん「月間100万PVブログの作り方」セミナーに参加してきました!

 

わたしは、プロブロガー立花岳志さん(たっちー)のもとで、2017年に入ってみっちり学んでます。

この立花岳志さんが今回は1dayのセミナーを開催。受講レポートをお届けします!

立花岳志さん「月間100万PVブログの作り方セミナー」

立花Be・ブログ・ブランディング塾(立花B塾)にて、2~5月まで4か月間受講し

立花B塾、中級コース修了しました!実際に受けてよかった3つのことと、ブログは黄金のスパイラルへの第一歩だと分かった話!

 

そして今回はたっちーが講師を務めた、5時間みっちりのセミナーをスタッフとしてお手伝いしてきました。

 

東京・虎ノ門の会場は、180人満席でギッシリ!

 

自分自身をブログでブランディングする

実に190ページにも及ぶスライド、濃密な5時間のセッション。その中で、今回特に学んだことは以下の3つでした。

 

1、自分自身をブログでブランディングする

ブロガーは「ブログ」をブランディングする

著者は「自分自身」をブランディングする

僕は「自分自身をブログでブランディングする」と決めた

 

最近、少し悩みを持っていました。

 

ブログやメルマガを自分の情報発信源として、自分自身のサービスや商品を持っている方に対して、自分自身がそのポジションにいないことに。

 

今日のセミナーを通じて、僕が目指したい道を言語化してもらいました。そうか、僕がいま絶賛進化中なのは、ブログを通じて自分自身を表現することなんだ!

 

気持ちがすーーーっと軽くなりました。

 

2、仲間に貢献したい→立派な動機づけ

やりたいことを通じて、お世話になっている人に対して貢献しよう。その一つが、ブログを使っての情報発信。

 

ゴルフが敷居が高いと思っている方に、息子との楽しいゴルフライフをお伝えし

すっごくお礼を伝えたい著者やセミナー講師の方に書評を届け、それを仲間に分かち合い

感動したレストランの方向けに食レポを届けつつ、美味しい体験をおすそわけ

 

どれもブログを通じてできること。自分の感動体験をカタチに残し、毎日を充実させよう。

 

3、SNSの力をとことん活用しよう

ブログといえば、Google検索での流入が大半を占めます(私のブログでも、約80%はgoogle検索での流入です)

一方でバズが発生する時は、SNS(特にTwitter、たまにFacebook)で拡散されることがほとんど。

 

ブログ投稿→Facebookページで紹介→Facebookの個人ページでシェア→Twitterでも投稿という流れを組んでいますが、これだけではないんだ(むしろこれは、必要最低条件)

 

Twitterの使い方や有名人の力の借り方、Facebookページの広告の使い方も、改めてヒントをいただきました。

<下につづく>

スポンサーリンク

一つのことを学び続ける大切さ

実はセミナーの資料自体は、立花B塾で4ヶ月みっちり学んだ内容を中心に、8割くらいは以前に見たことのある内容でした。

ただ、だからと言って気づきがなかったのか??

 

・・・

 

違うんですよ。いいえ、たくさんの発見があったんですよ!

 

 

B塾の受講時や、過去のセミナー時には気づかなかったポイントに気づけ、ブログを書き続けている今だからこそ、自分のステージが1つ上がったことが喜び。

 

そして、1つの追求したいことをコツコツ学び続ける大切さを改めて実感。

 

本を読むときに、心がけてることを思い出しまし(確か、三宅裕之さんの「毎朝1分で人生は変わる」という本の中のフレーズだと記憶してます)

 

1book、3points、1action(1冊の本から、3つの学びを得て、1つ行動を変えよう)

 

1book → 1seminerに置き換えると、まさにこの内容がピッタリ! 新たな学びを得たので、これからの発信内容やSNSの活用方法の進化を確信し、ワクワクしてます!

 

大好きな「golf」と「fun」追求して、人生がとことん充実させる。

自分のココロが動くことを書き続けながら、読まれる方のワクワクに貢献する。

 

これからも、golfunをよろしくお願いします!

 

<立花岳志さんの生き方に触れたい方はコチラ>

公式ブログ:No Second Life

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください