Cucina Rustica | セドナで最も人気のイタリアンレストランにて、人生初のアーティチョークとの出会い

シェアする

セドナで一番人気だというイタリアンレストラン。ここが、今回のセドナツアーでのディナースポットでした。

スポンサーリンク

Cucina Rustica

ベルロックの近くにある「The Collective Sedona」(ザ・コレクティブ・セドナ)

ワイナリー、地元の工芸品、ダイニングなどがあるショッピングモールです。このモールのダイニングレストランの一つが、Cucina Rustica というイタリアンレストラン。

1泊2日のセドナツアーのディナーはこちらを予約いただきました。超人気店なんだそうで、平日なのに20:15からでないと空きがありません。ラスベガスだったら、この時間でもまだ早い夜なのに・・・。

お店の入口のイルミネーションが幻想的な雰囲気。

店内もかなり暗めでシックな感じ。

※店内が暗いため、こっから先の料理写真も全般的に暗いです。ご了承ください!

素材の味を大切にしてる、実に美味しいイタリアン

お店をひとことでまとめると「素材の味を大切にしている、実に美味しいイタリアン

それもそのはず、Cucina Rustica とは

Cucina=「キッチン」

Rustica=「田舎風の」「飾り気のない」

という意味なんです。まさにその名の通りのお店なんですが、更に数々の賞を受賞している有名店でもあるんです。

何年も「Best Chefs America」を受賞していたり(右下のLISA DAHLさんは、お店のシェフの方です。LISAさんのブログはコチラ

MARKET SURVEYS OF AMERICA にて、セドナ・オーククリークエリアのファインダイニングレストランNo.1に選ばれたり

それにしても、照明が暗くシックなんです。大人数でワイワイするよりも、夫婦や少人数でゆっくり3時間かけてディナーしたいお店。

アンティチョークの旨さを知りました

ダイニングメニューはコチラ(クリックするとメニュー表に進みます)今回は15名ほどが2つのテーブルに分かれて、大皿でオーダーしてシェア。

▽バケットの付け合わせ

オリーブにニンニクみじん切りとハラペーニョ。バターやオイルだけでなく、こんな味付けもあるんですねー。新鮮だしワインが進む!

▽ビーフカルパッチョ

ルッコラとチーズで実にシンプルに。前日にラスベガスベラッジオ内のレストラン、オリーブス で食べたものと比べるとかなり少なめ(てか、オリーブスが異常でこれが通常なのかw)

オリーブスのビーフカルパッチョはこちら

▽イカのフリット

フリットって、簡単そうに見えて実は差が出やすい料理。実にサクサク!

▽Tボーンステーキ

メニューにはないはず・・・なのに出てきた!

▽アーティチョーク

アーティチョーク???

日本ではなじみがありませんが、ヨーロッパやアメリカではポピュラーな野菜なんだって。つぼみを茹でて、少し肉厚になった「ガクの付け根」の微量の肉を、前歯をつかってしごいて食べるんです。

アーティチョークって何??という方は、こちらに詳しく載ってます。

アーティーチョークは茎が一番おいしい!&野生のアーティーチョークを食べてみた – 野食ハンマープライス

にしても、カニ以上に歩留まりが悪いというのはホントでした。カニは大好きなので楽しくワクワクしながら殻をむきますが、アーティチョークは誰かにやってほしい。塩ゆでしたソラマメのような食感とは言いますが、しごいて食べまくる気持ちはわからず・・・(笑)

他には、前菜やパスタなど数品+デザート。予算目安は、1人50〜60ドルくらい。セドナのボルテックス登頂でやたら身体を動かしたせいか、みんながっついてました(笑)

旅の食事は、普段味わえない現地のものを堪能すること。その原点に出会いました。

<今回のレストランはココ>

Cucina Rustica

住所:7000 State Route 179, Ste 126A

TEL:+1 928-284-3010

営業時間:17時~LAST(僕らが退店した23:00ごろで、ほぼ閉店な雰囲気でした)

お店の公式Facebookページはコチラ

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)