記事を探す方は全カテゴリーへ

ラーメンサニー | ひばりヶ丘に東池袋大勝軒の名残たっぷりのもりそば!この街は二郎&大勝軒の名店揃い!

ラーメンサニー。名前は知ってたのに、ずーーーっと行けてなかった地元の名店を訪れてきました。

 

今回訪れたのは、西武池袋線のひばりヶ丘駅近くにある「ラーメンサニー」です。噂に聞いていた「大勝軒系列」のお店を、10年越し!?に訪問!

 

ラーメンサニーへのアクセス

今回訪問したのは、西武池袋線のひばりヶ丘駅近くにある「ラーメンサニー」というお店。

「ひばりヶ丘」「ラーメン」で、食べログ検索するといつも、ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店(通称:ひばじ)の次にランクインするお店です。良くも悪くも万年二位。

 

<ひばじの食レポはこちら> ※ラーメン二郎全店の中でも、食べログ評価が一番高くて、ジロリアンに有名なお店です(2017年7月時点)

ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店 | 通称「ひばじ」のラーメンを久々に食らう!他の二郎よりも「濃く」やっぱり段違いの美味さ!

 

ラーメンサニーへは、ひばりが丘駅の改札を出て右(北口)に行き、北口を出たら右を向きます。150mほど先に見える「TSUTAYA」を目印に進んでください。

 

TSUTAYAに着くころには、正面に「特製もりそば・ラーメン」の文字が見えます。これが目印になるのですぐにわかります。

 

大勝軒系譜の歴史を学びながら、カウンターに座ろう

もし1人か2人での入店なら、ぜひカウンターに座ってもらいたい。特に入って正面側の「奥から2つ目」の席あたりが一押し!

 

実はラーメンサニーは、つけ麺の発祥と言われる山岸一雄さんの「東池袋大勝軒」の系譜のお店。このカウンター席の前に、懐かしの東池袋大勝軒と、丸長・大勝軒系譜の紹介資料があるんですよ!!

 

自家製中太麺の特製もりそばにも、山岸氏直伝の文字。

 

▽メニューはこちら

 

もりそばとあつもりは、麺の量によって値段が異なります。簡単にいうと大盛+200円、小盛-50円、極小-150円というラインナップ。

 

もりそばをオーダーすると、茹で上がるまで時間がかかります。この間に系譜図を読みながら、わくわくウズウズ待ちましょう。ということで写真ももう一回!

 

定番のもりそばと、予想外に美味しいチャーシュー

もりそば大盛。520gはやっぱり大盛りです。

 

太麺と言ってもいいぐらいの中太麺の麺リフト!15年ほど前、平日の朝に2時間並んで食べた、東池袋大勝軒の味を思い出しつつ食します。山岸のおやっさん、あの頃は健在だったよなぁ。

 

たーーーっぷりスープに入れても、まだ半分以上残ります。やっぱりこのボリュームがいい!

 

予想外に何気に美味しかったのがチャーシュー。厚さ5mmほどの肩ロース肉が1枚、赤身と脂身のバランスが絶妙。これは本家の東池袋大勝軒より美味しかった!

ただ唯一残念なのが、チャーシューが350円なところかなー。+200円くらいなら、麺大盛りの代わりにチャーシューを加えたり、その日の胃袋の調子と気分で、いろいろと楽しめるんですけどね・・・!

 

ひばりヶ丘という街。実は、二郎系列のお店だけでなく、大勝軒系列の美味しいお店もある街でした。また一つ地元が好きになりました!

 

<今回紹介したお店>

  • ラーメンサニー
  • 住所:東京都西東京市ひばりが丘北3-2-4
  • アクセス:水曜日・第3火曜
  • 営業時間:11:30~20:30(麺が無くなり次第終了)
  • ホームページ:https://tabelog.com/tokyo/A1328/A132801/13016171/

 

<MAP>

 

<都内でオススメ!絶品ラーメン屋さん特集>

国内外で食べ歩いたラーメン特集

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。