【3分で学ぶ】シリコンバレー式自分を変える 最強の食事 -デイヴ・アスプリー著 | ピークパフォーマンスをつくろう【2017書評23】

シェアする

「シリコンバレー式自分を変える 最強の食事」以前から積ん読していた本をやっと読みました。もっと早く読めばよかった!

スポンサーリンク

約350ページほどの本をギュッと凝縮して紹介します。気になった方は、ぜひ深く読んでみてください。夏が終わり食欲の秋になると、やっぱりダイエットが気になりますよね!

シリコンバレー式自分を変える 最強の食事

2017年23冊目の書評は「シリコンバレー式自分を変える 最強の食事

著者のデイヴ・アスプリーさんは、すっごく簡単にいうと「シリコンバレーの億万長者」で「体重140kg近く」だった方。そしてある日、医師に「遠くない将来に【脳卒中か心臓発作】で死ぬだろう」と宣告されたそうです。

この方が一念奮起して

  • 約15年間、30万ドルを投じて世界中の食とダイエットを研究しつくし
  • 100人以上の一流の医療従事者、研究者と対談する機会を持ち
  • 健康系でランキング1位のポッドキャストと全米放送のラジオ番組「完全無欠ラジオ」で、100人以上の一流の人的パフォーマンス専門家から話を聞いた。
  • 自宅のオフィスに脳電図(EEG)監視装置を設置し、装置でモニターして頭脳のパフォーマンスをどの食品が高め、どの食品が台なしにするかを特定する

というように、あらゆる食事法を自らの身体で実験(ハック)した上で、効果的なことをまとめた一冊です。

先人が長い時間と多額のお金を費やして得たものを、惜しげもなく本という形にまとめる、まさに本のいいところが凝縮されています。

こんなキーワードが気になる方向け

以下のキーワードに「ピン!」と来る方、この本がきっかけになるでしょう。

<この本を読むのに向いている方>

・IQは「食べ物」しだいで変わっていく

・食事を変えることで、自分のピークパフォーマンスを上げたい

・本当に食べ物が必要なときだけ、お腹が空くようになるには?

・バターをもっと多く、果物をもっと少なく食べて、体型も体調もよくなるの?

・ダイエットなのに「カロリー計算」をする意味がないって本当?

・炭水化物は「夜」に摂るのが唯一の正解・・・!?

・どんな「おやつ」なら食べていい?

・コーヒーはどれも同じではない

・完全無欠な食材や調理法、健康を害しやすい食材や調理法を知りたい

逆に「この本を読むのに向いていない方」

・同じ食材なら「栄養成分」よりも「安く」買う方が大事な方

・ジャンクフードが大好きな方(やめる気がない方)

・食材を調達するのが面倒な方

要するに、面倒くさがりの方には不向きです。

食材によっては「これ、どうやって調達するんだ・・・?」「成城石井、カルディ、百貨店内の食料品フロアとかで売ってるかな・・・?」と思う場面も多々あります。いきなり全部を取り入れるのではなく「これはいい!」と思った部分から取り入れましょう。

完全無欠なバターコーヒー

この本の最終盤に「完全無欠レシピ集」があります。そしてその中でも、この本を象徴するメニューが「完全無欠コーヒー」です。

<完全無欠コーヒーのレシピ> ※分量は1回あたりの目安

  • アップグレード・コーヒー豆で淹れた熱々のコーヒー 2杯
  • グラスフェッドの無塩バター 大さじ2
  • ブレイン・オクタン・オイル(C8・MCTオイル) 大さじ2まで

もう、この時点で「??」でしょ。グラスフェッドバター(牧草飼育のバター)、MCTオイル(ココナッツから抽出した中鎖脂肪酸オイル。ちなみに、ココナッツオイルでも代用可ですが、効果が激減)を熱々のコーヒーに入れて朝食にすると、全開に過ごせるんだって!!

重要なのが、ただ「混ぜる」だけではなく「溶かし合わせる」ことが大切。バターやオイルを溶かすと「ミセル」という状態に分解され、脂肪をエネルギーに変換するようになります。

<完全無欠コーヒー 必要な食材>

コーヒー豆は「自前の焙煎機があること」「単一の産地のマメにこだわること」「中米産のコーヒー」を基準に、なるべく高品質かつ低毒素の豆が大事。

もう、早速試したくて仕方がない。私的には、10年ほど前に読んだ「フィット・フォー・ライフ」以来の衝撃的な本でした。

「これ・・・さすがに全部キツイっしょ」と思う箇所や、「え・・・、これって本当?」と思う箇所も多々ありますが、今まで「当たり前」に無意識に食べていた食事を見直すキッカケになる一冊でした。

<今回の学びになった本>

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)