記事を探す方は全カテゴリーへ

そば処みゆきの里 | 新潟駅前で朝食「かけちゅうか」をサクッと。出張族の二日酔いの朝にもアリ!

先日、週末ふらり旅で新潟に行ってきました。1泊2日を可能な限り満喫!

 

朝7:00すぎに新潟駅に到着。駅近くに「何かいいところないかなー」と散策。「そば処みゆきの里」という、何やら聞きなれないお店を発見しました。よし、ここにしてみよう。

 

新潟駅前の朝ごはん事情

新幹線改札前の飲食店は、朝9時営業開始が多いんですねー。出張のビジネスパーソン向けでも、ホテルで朝食をとる観光客向けでもありません。駅弁屋で駅弁も考えましたが、ちょっと味気ないかなー。

 

今回は、朝早くから車で移動。朝7時半に新潟駅に着いて、駅周辺を散歩することに。すると、どんどんお客さんが吸い寄せられるお店が!

 

そば処みゆきの里

今回訪れた「そば処みゆきの里」は、新潟駅北口を出たら見える「朝日山」の看板が目印。朝7:00から営業している立ち食い蕎麦屋さんです。

 

カウンター8席、4名テーブル×3卓。地元の 新潟みゆき堂本舗 という、お煎餅・あられ・おかきなどの米菓を製造販売しているブランドの外食部門が、2015年にオープンさせたお店。

 

▽メニューはこちら

 

期間限定で全時間帯で販売開始したという、珍しい「かけちゅうか」をオーダーします。付け合わせの小鉢は、冷ややっこの上に「かぐら南蛮」というトッピング。

 

最初「かぐら南蛮」を単品でオーダーするつもりでしたが、冷ややっこに「かぐら南蛮」「塩辛」「大葉」のいずれかをトッピングできるんです。というか、メニューが分かりづらい・・・(笑)

 

出張族や仕事終わりの方には、ハムカツと小鉢がついた「ちょい飲みセット」もあります。米どころの新潟ならでは、日本酒のオーダーも可能!

 

ワンオペなおばちゃん、とにかく応援したくなる

たぶん普段は、土日よりも平日朝の仕事前やランチタイムに、局部的に混むんだろうなぁという印象なお店でした。日曜日の朝、店内のスタッフはおばちゃん一人。このおばちゃんが感動するくらいバタバタ動くんです。

 

立ち食い蕎麦屋さんでありながら、頼んだものが出てくるまで、15分ほどかかりました。それでも全く文句を言う気も起きません。むしろ「何かお手伝いできませんか・・・?」って言いたくなっちゃうぐらい。

 

ということで、オーダーしたものができあがりました。おばちゃんありがとう。

 

▽かけちゅうか

かけ蕎麦のつゆ+中華麺のコラボした、期間限定メニュー。なんと260円!牛丼チェーンよりも、そこいらの立ち食いそば屋さんよりも安い!

 

甘めのそばつゆで麺をすするんですが、実は「かき揚げそば」とは異なるつゆの味。この「かけちゅうか」仕様になってます。

 

▽冷ややっこ(かぐら南蛮のせ)

 

かぐら南蛮とは、ピーマンより一回り小さいコロッとした唐辛子で、長岡市や中越地方で栽培されている野菜。

酒のアテっぽいしてっきり激辛なのかなーと予想してたら、まったく辛みがない!これは食べやすく身体もポカポカしそう。

 

いやー、それにしても安い。立ち食いそば屋さんの中でも安いのは、地元企業が運営しているからならではですね。新潟駅前でサクッとご当地グルメを味わいたい方にとって、知ってて損はないお店でした!

 

<今回食べに行ったお店>

  • そば処みゆきの里
  • 住所:新潟県新潟市中央区東大通1-1-1 第5マルカビル 1F
  • アクセス:新潟駅徒歩2分
  • TEL:025-248-8377(予約不可)
  • 営業時間:7:00~22:00(朝食営業、ランチ営業、日曜営業)、無休
  • ホームページ:https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15016014/

 

国内外で食べ歩いたラーメン特集