アクセスアップには「フロー型記事」と「ストック型記事」の併用が大事だとわかった【ブログ定点観測2017年10月】

気に入ったらシェアしてね♪

毎月恒例のブログ定点観測、2017年10月の振り返りです。今月は私的な動きがいくつかあり、ブログの学びも増えた一か月でした!

スポンサーリンク

2017年10月振り返り

2017年10月は、新着記事15本(目標20本)。更新できたのは12/31日。

過去記事を修正するリライトは57本(目標100本)。こちらは19/31日で1本以上を更新。12月のホノルルマラソンに合わせて、ハワイ関連の記事をすべて手直ししました。

10月中旬に生活リズムが乱れたのと繁忙期が重なり、ブログを書く優先順位を下げてしまいました。終盤には書く時間を取り戻せましたが、設定している目標自体がギリギリなんです。なので、なにか予想外が起こると一気に目標に遠ざかるのと、挽回するほどにはなっていません。まずは、日々の目標を着実に達成→週次目標を達成、というスタンスで書いてます。

リライトの効果は少しずつ出ています。ページ/セッション(1回の来訪あたりの閲覧ページ数)は、8月:1.34、9月:1.40、10月:1.42とさらに上昇しています。こういう小さな成功を喜ぶことにしてます♪

フロー型記事とストック型記事

10月の学びは「フロー型記事」と「ストック型記事」について。この違いがアクセスに影響を及ぼすんだなぁ~と改めて実感した次第です。

フロー型記事とは?

フロー型記事とは、いまこの瞬間に「話題」となっているネタが記事になっているものです。TVで放映された◯◯、Yahooニュースに取り上げられた◯◯、今日行ってきた大きいイベント、などが挙げられます。

これを瞬時に投稿→TwitterやSNSで拡散されると、一気にアクセスが急増する場合があるのがと特徴です。

<例えばこういう記事>

浅田真央さん ホノルルマラソンに出走!会えそうな場所を運営側とランナー目線の両方で予想してみた

横浜マラソン中止・・・悔しくて今から走れる大会を探したり、湘南国際マラソンにウルトラCを願ったり【横浜マラソン2017最終記】

※もっとニュース性に富んだ記事にすることもできるんですが、性に合わないのと競争相手が多すぎるので、フロー型の題材で僕にしか書けない観点で書くことにしています。

ストック型記事:

ストック型記事とは、毎年その時期になると話題になるようなネタ(例:年末年始→新年の目標、おせち料理とか)を扱った記事や、いわゆる悩み解決やまとめコンテンツなどを指します。一気にアクセスが増えないけど、数か月経っているとそのキーワードで検索上位にあれば、そこからコンスタントにアクセスが入り続けるのが特徴です。

<例えばこういう記事>

東京・埼玉のショートコース8選。初心者ゴルファーや親子ゴルフにもオススメ、楽しくコスパ良く回れる場所を紹介

都庁でパスポート更新、15分で完了!大混雑を避けてスムーズに行うため知っておきたい5つのこと

レイヤートレーニング【まとめ】箱根駅伝三連覇の青学陸上部も実践、マラソン用の時短トレーニング方法

フロー型記事=短距離走、ストック型記事=長距離走と言い換えることもできます。長距離走だと、トレーニングの効果がなかなか出にくいんですが、じっくり積み重ねることが大事。一方で、フロー型だけだと「今日ネタがない・・・」と息切れしがち。

朝型生活を強化します、そのために早寝から

ブログ更新のためには朝の時間が大事。朝早く起床するためには夜早く寝ること。

24時までに就寝すると、6時に起きられる確率が極端に高まるのがわかりました。逆に25時ごろに就寝すると7時ごろになってしまい・・・つまり、睡眠時間を減らし続けるのは身体が受けつけないんですね。なので、夜はサッサと寝て太陽とともに目覚める!

11月の目標は10月と同じく、新着20本・リライト100本です。日々の生活の中で「あ、これはフロー型で書ける!」と思ったものはその日に書き上げる。焦らず楽しく、小さな喜びを感じながらこれからも続けていきます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
おすすめ記事

気に入ったらシェアしてね♪

フォロー大歓迎です♪