魚治 | 有楽町で食する「究極の海鮮丼」は、二度ならぬ三度楽しめる美味しいランチ

気に入ったらシェアしてね♪

有楽町にて、安く美味い魚ランチを食べたい。築地の「もったいない魚」にフォーカスした、魚料理の名店に行ってきました。

スポンサーリンク

築地 もったいない プロジェクト 魚治

今回訪れたのは、魚治(うおはる)というお店。

築地市場にて「サイズが規格外」「何枚かウロコが剥がれただけ」「旬の魚ではない」「セリで売れ残ってしまった」・・・など、そのままでは廃棄されてしまう「もったいない」新鮮な魚を使ったお店です。

その名も「築地もったいないプロジェクト

魚治という言葉にも、もったいない魚を「治療する」「治す」という意味を込めているそうです。そこまで言うなら、一体どんなもんだろう?? 早めのランチに行くタイミングができたので、立ち寄ってみました。

有楽町国際フォーラムの向かい、丸の内三丁目交差点の角にある「新東京ビル」の地下1Fの飲食街にお店がにあります。

早めのランチは、11時45分からバッタバタ

有楽町のようなオフィス街は、12時になった瞬間に一気に行列になります。だからこそ、時間をズラして入るのが、人気店を満喫するマストポイント。今回は11時40分ごろに到着。

▽この日のメニューはこちら(その日の魚により変わります)

基本的には、ビル内や近隣のビジネスパーソンが数名で行くお店です。入店時にメニューを頼んて前会計なんですが、その際に座る場所を指定されます。

1名だとカウンターの端の方、2名以上だとカウンターの横並びやテーブル席とか。

店内全体を見渡す場所に座りたかったので「席を変えられないですか?」と確認するも、変えられず・・・。かなりムッとしたんですが・・・、11時45分には店内のホールスタッフがばったばたとメチャクチャ大忙しな状態!仕方ないので指定された席に座りましたよー。

初めてなので、限定30食の「究極の海鮮丼」をオーダーしました。おいしいお召し上がり方を見つつ、ココロを落ち着かせます。

究極の海鮮丼は、実によく考えられた一品

究極の海鮮丼が出てきました。

魚をのっけ盛りにした海鮮丼、小鉢(この日はひじきの煮物)、白菜の漬物、鯛の刺身醤油漬けがセットです。ご飯は大盛りお代わり無料で、味噌汁は+50円。

この海鮮丼が、実によく考えられていました。

具材は、マグロ、白身、いくら、数の子、きゅうりなど。海鮮丼で数の子って珍しい。数の子のプチプチ、きゅうりのサクサク感とか、まず口の中の食感で楽しめます!

最後の締めは、鯛の刺身と鯛ダシたっぷりなだし汁を入れてお茶漬けに。鯛の香りが実に芳醇な、このダシが美味い!(夜の席の〆に、お茶の代わりに渡されたらすっごく嬉しい)そして、最初は「漬物多すぎない?」と思ってたんですが、お茶漬け用も兼ねてるんですね。

ご飯は「お代わり無料」です。そして明らかに海鮮の量に対してご飯が少ないので

海鮮丼をご飯中心に食べる

→ご飯を大盛りでお代わり

→鯛茶漬けを食べるときにお代わり

で、合計3杯食べちゃいました。一度でも二度でもなく、三度楽しめます。ご飯は「たくさん盛ってください」と伝えれば、しっかり盛ってくれました♪

ただ、お店の方がめちゃくちゃ忙しそうで、ご飯のお代わりを気軽に頼みづらい状況。

「ご飯特盛バージョン」※ありえないボリュームもOKだけど、お代わりNG

があると、ストレスなくお腹いっぱい食べられて、お店の方のオペレーションも若干ラクになる気がしましたねー。お茶漬けにするので、ご飯が多少冷めても問題ないですし。

魚治(うおはる)で海鮮丼狙いなら、間違いなく11時30分の開店直後が一番オススメです。確かにこれで1,000円はお得だったー!1~2か月に1回は有楽町に行く機会があるので、他の日替わりメニューも試してみたいです!

<今回食したお店>

  • 築地もったいない プロジェクト 魚治
  • 住所:東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルB1F
  • TEL:03-6269-9099
  • アクセス:地下鉄・JR 有楽町駅徒歩3分
  • 営業時間:月~金11:00~14:30 17:30~23:30、土16:00~22:00、日祝休

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
おすすめ記事

気に入ったらシェアしてね♪

フォロー大歓迎です♪