サラリーマンブロガーで月30本更新、僕が紹介するブログを続けるための4つの方法 | ふじたんの「Golfun (ゴルファン) 」

サラリーマンブロガーで月30本更新、僕が紹介するブログを続けるための4つの方法

僕の通勤時間はおよそ60分。そのうち電車に乗ってるのが40分。いわゆる「よくある」通勤を行っている会社員です。週5日電車に揺られつつ。

 

会社員ブロガー、ふじたんです。

  • ブログを初めてみたいけど、なかなか時間が取れないんだよね。
  • 習慣化したいんだけど、すぐモチベーションが下がっちゃうんですよ。

 

私がブログを書いている、とご存知の方と話をすると、そんな声をよく聞きます。そして先日、ブログ仲間と食事の際に言われました。

 

「ふじたん、更新頻度多いよね〜」

 

あ・・・確かに多いのかも。ここ数か月はおおよそ、月30本の新着記事を投稿しています。普段は週5日仕事をしつつ、土日は息子くんと遊んだりゴルフに行ったり、たまに料理をつくったりしながら。

 

2017年に入ってからの、ブログの更新記録はこちら。左=新着記事、右=リライト(過去記事のメンテナンス)

 

 

2017年は、新着記事を285本更新(11月20日時点)、月ごとに変動しますがおおよそ毎月30本は更新しています。今回はそんな「サラリーマンブロガー」「会社員ブロガー」である僕が実践している、月30本ブログを書くための4つの方法を紹介します。

 

 

月30本ブログを書くための4つの方法

僕がブログを継続するにあたり、普段から心がけていることを、順々に紹介しますね。

 

1、気持ちが熱いうちにメモを残す

ブログという媒体に、書く人独自の「想い」を込めるためには

 

  • ◯◯に行ってきました
  • ◯◯がメッチャ美味しかった〜

 

のような日記記事だけでなく、読まれる方に伝える内容が大事です(有名人とかでない限り)となると、その記事自体に意味を持たせることが必要で

 

  • ◯◯に行ってきました → どんな場所だった? 並んだ? 料金はどんな感じ?
  • ◯◯がメッチャ美味しかった〜 → どう美味しかった? 見た目は? 他のお店と比較してどう?

 

とか、書く人自身のフィルターを通すことで、他のブログ記事にはない「オリジナル性」がでます。

 

ここで、僕が心がけてるのは「隙間時間のメモ書き」

 

友人がトイレに行ってる間、電車の待ち時間とか、一瞬できた「隙間時間」に、一心不乱にメモ帳にガーーーっと書きなぐります。舌で味わった食感、景色をみた瞬間の感情や香り、写真だけでは忘れがちな一瞬の感情を残します。これを残していることで、数日〜数週間経った後に「あ、あれ書こう」と思ったときにも、スラスラ〜と書けます。

 

会社員に例えると「あ、アイデアが思いついた!」と、evernoteやメモ帳にサッと書いておくのと同じ感覚ですね。僕の場合はブログでそれを実践しています。

 

 

2、ペルソナと見出し

この記事で「誰に」「何を」伝えよう。身近な人や具体的な境遇の方を出来る限り具体的にイメージします。

 

この記事のターゲットは「ブログを始めたいと」と言いながら、ほぼ更新してない同僚の◯◯さん(具体的にいるんですが、名前は控えときます)

 

もう少し広げると

  • ブログを続けたい、オフィスパーソン
  • ネタはあるはずなのに、題材が思い浮かばないと悩んでる方
  • 通勤電車は、座れず本を読むのも一苦労

 

さきほどの「メモ」と派生して、「今回伝えられそうなことって何だろう?」と思い立ったら「仮タイトルと見出し」だけをメモして保存することもしばしば。これって、プレゼン資料の骨子をつくるのと同じです。タイトル→結論→見出し→中身という順番。

 

 

3、電車の通勤時間を活用

会社員の方々や電車通勤がある方、移動中に何をしていますか? 僕は、以下のことをやめるようにしました。

 

  • CCや部内宛に入るメールのチェック(何とかなる!)
  • スマホゲーム(楽しいけど生産性がない・・・)
  • スポーツナビなどのニュース記事(ゲームと同様)
  • 暗号通貨のレートに一喜一憂

 

基本的に、スマホを触るとき=ブログを書くときのみと決めて、それ以外は読書を中心に行っています。FacebookやSNSを行う時も、制限時間を決めることが大事。

 

 

4、朝活と締め切り効果の話

ブログを書くのって、どの時間帯がいちばんはかどるかご存知ですか・・・? 僕の場合は「朝」です。それも「出社前」の時間!

 

朝に書くメリットとしては

  • 頭がすっきりしているので、スラスラ~と言語が出てきやすい
  • 「何時に出発しないと!」「何時までに終わらせないと!」と締め切りが設けられる

 

ダラダラとまったりと更新するのではなく「明日のプレゼン資料を午前中に終わらせて上司に見てもらう!」のように、締め切りを設けることで「短い時間に更新する」というブログ筋を鍛えることもできます。

 

もちろん、朝起床するためには早寝が大事。僕の場合は、睡眠時間が7時間あるとベストで、そのためには朝6時起床→23時就寝という生活パターンが理想です。

 

 

まとめ:ブログを更新する方法はいろいろある!

ブログを続けるのって、要は難しくないんです。

 

上記のような「マイルール」をつくりつつ、その中で通勤電車の行き帰りを中心に更新しています。行き帰りの電車で下書きを20~30分、自宅でその記事を最終チェックして、1本書き上げています。

 

ぜひこれから「ブログを始めてみたい!」という方の参考になればうれしいです!

 

<ブログ運営のヒントにどうぞ!>

アクセスアップには「フロー型記事」と「ストック型記事」の併用が大事だとわかった

質と量、ブログにはどっちが大事?サブ3.5ランナーがマラソンに置き換えて考えてみました。

立花岳志さん「月間100万PVブログの作り方セミナー」に参加、僕の目指す生き方・ブランディングを改めて強く掴めました!

 

<ブログを楽しく続けたい方へのオススメ本>