日本のゴルフ存続の危機:本当の危機は「ゴルフ=高い」という「先入観」を払拭するための一致団結の足りなさ | ふじたんの「Golfun (ゴルファン) 」

日本のゴルフ存続の危機:本当の危機は「ゴルフ=高い」という「先入観」を払拭するための一致団結の足りなさ

2017年11月29日の日経新聞に、ゴルファーなら見逃せない記事がありました。

 

日本のゴルフ存続の危機 いま私たちにできること

 

その記事の内容が >> コチラ

 

簡単にまとめると

  • 少子化とともにゴルフのプレー人口が減っている
  • ゴルファーの高年齢化が進んでいる(今後、団塊世代のリタイヤも)
  • ゴルフをやったという参加率が下がっている
  • 世界で活躍する選手育成(松山英樹選手や畑岡奈紗選手などの他にも)
  • ゴルフ関連団体が一致団結して土壌を整備しよう

 

などなど、以前ゴルフ業界に居たものとしては「またこの話か・・・」という内容なのが正直な印象でした。もう10年前、いやもっと前から話題になっていることなんです。

 

「ゴルフ=高い」と思われていることが問題

30代のオフィスワーカー+小学生の子持ちゴルファー目線で考えてみます。シンプルにまとめると「ゴルフ=高い」って思われているのが最大の問題。

 

決して「ゴルフ=安い」とは言いません。ただ、他のレジャーに比べて「実際以上に高いと思われている」ことが課題であり、ゴルフ関連の各団体が本気で打破しようとしているのかなぁとは、常日頃から感じていることです。

 

 

たとえば、こんなことってイメージできますか??

 

◯50,000円もあれば、ゴルフ用具+ゴルフウェアは十分に揃えられる。

「ゴルフ用具って20~30万円するんでしょ!?」って何回言われただろう。確かに、自分専用にフィッティングしたゴルフクラブだったら、それぐらいする場合もあります。でもそれって、ゴルファーの中でも一握りだし、経験上95%以上のゴルファーは該当しません。

 

ゴルフ5のようなゴルフショップに行くと「初心者ゴルファー向け」のクラブセットが29,800円~39,800円で売られていたり、ゴルフパートナーのレンタルクラブを使用したり、最初はこれで十分です。ウェアもごルフ専用ウェアではなく、半袖ポロシャツ(例:ユニクロ)+ショートパンツ(例:しまむら)で揃えられます。

 

 

◯3,000円でプレーできるゴルフ場もある

「ゴルフ場って高いんでしょ!?」これもよく言われます。確かに、会員でないとプレーできないゴルフ場や、◯歳以上と制限を設けているところもありますが、その一方で「カジュアルに」プレーできる場所もたくさんあります。

 

例)3000円でコースデビュー!東我孫子カントリークラブの「ピクニックゴルフ」が楽しすぎコスパ良すぎだった! ※僕が職場の仲間と利用して、大絶賛されました・・・!

 

これは極端な例ですが、一都三県においても平日で6,000~7,000円、土日祝で13,000円~15,000円程度のゴルフ場は山ほどあります。僕はよく「ゴルフ場のプレー代」=「ディ◯ニーランドと同じくらい」って紹介します。

 

 

◯ゴルフスクールが地元の習い事より安いときもある

地元のスイミングスクールよりも英会話スクールよりもピアノよりも安く、毎月ゴルフに通わせることができる。もしそれが実現するなら、習い事の一つとして選択肢になりませんか?

例)家族でゴルフを楽しみたい!旅行とゴルフを趣味にして、ゴルフ大好き親子になるための6つの遊び方

 

僕は小学生の息子と一緒にゴルフを楽しんでます。以下の内容を全部合わせても、月平均で10,000円以下!

・毎週、自発的にゴルフスクールに通い

・週末や帰省時には、マレットゴルフやパターゴルフを楽しみ

・家にあるゴルフ本の読書が大好きで(本の内容を覚えちゃうくらい)

・年数回、本コースでもラウンド

 

実は「ゴルフって◯◯!」をたのしくPR

上記の情報ってすべて「事実」なのに、まったく「世の中に広まっていない」んです。それが何より悔しいしもったいないし、だからこそこのブログ「Golfun」のミッションの一つになっています。

 

「Golf」+「Fun」をとことん届けるのが、僕の役割。

 

◯実は「人類が一番遠くにボールを飛ばせる」スポーツ

プロ野球界のホームランアーティスト、誰を思い浮かべます? 横浜DeNAの筒香選手、北海道日本ハムからメジャーにいく大谷翔平選手など、とにかく豪快なホームランバッターよりも「僕のドライバーショットの方が2倍の飛距離」です。そう、とにかく遠くに飛ばすのって気持ちいいんですよね~!!

 

◯「飲みにケーション」ならぬ「ゴルフケーション」

仕事終わりにお酒を飲みに行く代わりに、シミュレーションゴルフをわいわいと楽しむ。そんな遊び方もあります。夜に2時間程度遊んで飲み食いして、4,000円~5,000円程度のところも多数あります。それぐらいの金額なら、居酒屋感覚で遊べますよね。

参考:GOLFZONを1年半ぶりラウンド!改めて分かった、ゴルフ場との違いとシミュレーションゴルフの魅力をたっぷり紹介!

 

◯家族4世代で遊べる生涯レジャー

「子ども+父親+おじいちゃん+ひいおじいちゃん」4世代で楽しめるDoスポーツって、他に思い浮かびますか?? 冷静に考えたら、年齢別の日本アマを決める大会はあるのに「日本一のゴルファー一家」を決める大会って思い浮かびません。こんな大会があったら、ちょっと楽しくないですか!?

 

とかゴルフの楽しさって、ちょっと考えるだけでもたくさんあるんですよ!!

 

「ゴルフって手軽!」「実は家族で楽しめる!」このブログでは、これからも親子ゴルフやシミュレーションゴルフを中心に、そんなキッカケづくりを目指していきます。今回の記事を見て一層やる気になりましたよーーー!