【12月12日まで】Audibleで3,000円分のAmazonポイントをゲット!

マスターズ 栄光と喝采の日々 -岩田禎夫、TBSマスターズ中継の解説を40年担当した方による一冊!

すべてのゴルファーが夢見る世界最高の舞台

レジェンドと呼ばれるマスターたちが集う。それが、マスターズ

 

そんなマスターズを取り上げた1冊を読んでみました。 

 

<こんな本でした>

すべてのゴルファーが夢見る世界最高の舞台

レジェンドと呼ばれるマスターたちが集う。

 

それが言わずと知れた、マスターズ。

舞台は、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ。

 

著者の岩田禎夫さんは、

TBSのマスターズ中継で1972年から40年間解説を担当された方で

 

日本のマスターズ第一人者による

マスターズの魅力をたくさん伝えている一冊です。

 

世界最高のシミュレーションゴルフの大会を

GOLFZONで実現させるために

マスターズから学ぼうと読んだ一冊です。

 

 

<この本で印象に残ったところ>

 

● 美しい自然の中でプレーできること。

平均的なスキルのゴルファーが楽しめること。

スキルの高いゴルファーは挑戦的なプレーができること。

ボギーを狙えば上がりやすく、

正確なショットを心がければパーがとれる。

しかし、パー5ホール以外はバーディーが困難であること。

バンカーの乱立などによる運、不運で

左右されないように設計されていること。

 

● マスターズの優勝者には、

オーガスタのメンバーが着用するグリーン・ジャケットが贈られる。

このジャケットはメンバーならだれでも持っているもので、

「優勝したあなたは、今日からオーガスタ・ナショナルの名誉メンバーですよ」

 

● 名勝負の基準。

やはり感動したかどうか。それと最後まで競い合うこと。

必ずしも一打差で競った試合が名勝負になるわけではない。

最後の最後まで勝負をあきらめない気持ちのぶつかり合いが

名勝負を生む絶対的な条件。

 

● マスターズとCBSはつねに緊張関係にあり

「努力が足りないと判断したらいつでもほかの局に代える」

という牽制の意味もあって

現在でもマスターズ委員会はCBSと一年ごとの契約しか交わさない。

 

● 一日に何回歓声があがるかというのも計算している。

10アンダー前後のスコアで優勝を争うのが

勝負としておもしろいということを過去のデータから弾き出して

その数字になるように計算してコースをつくっている。

 

 

そして、大抵のゴルファーなら一度は思うこと。 

 

どうやったら、オーガスタをラウンドできるんだろう!?

 

現在、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのメンバーは約300人。

メンバー以外の人がプレーするには、メンバーのゲストである必要があります。

 

メンバーと一緒でなければ、いくらお金を出してもプレーすることはできません。

ということは、ビッグになってメンバーと親友になるのが最短の方法!?

 

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です