≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

東京から姫路まで│夜行バスと新幹線はどっちがおすすめ?料金、所要時間の比較や、メリットとデメリットは?

ふじたん(@shinjifujita)です。小学校を卒業する息子と2人で卒業旅行へ行ってきました!今回は、姫路・広島・倉敷・香川を巡る4泊6日の旅行なのですが

ひかりレールスターに乗ってみたい!

という息子からの要望を受けて、まずは東京から姫路に行くことに。※姫路ー博多間の限定列車があったんです。

 

東京から姫路に行くにはどんな方法があるんだろう。それぞれの移動手段の料金や、親子で行くにはどれがおすすめなの?

この記事では、調べてみてわかった内容と、わたしが選んだ移動手段や理由をシェアします。

東京から姫路への行き方

東京から姫路に行くには、大きく以下の行き方があります。

  1. 新幹線
  2. 高速バス(夜行バス)
  3. 自家用車
  4. 飛行機+在来線
  5. 青春18きっぷを乗り継ぐ

主な利用は「新幹線」か「高速バス」(夜行バス)ですよね。

今回は各地を移動する旅行なのと「電車や新幹線の方がいい!」という息子の意見により、「1.新幹線」「2.高速バス(夜行バス)」の2つの方法に絞って、比較してみました。

夜行バスと新幹線、料金と所要時間の比較

まずは東京から姫路に行く場合の、新幹線と夜行バス(高速バス)の料金と所要時間の比較から調べました。

新幹線 夜行バス
所要時間 3時間~ 9~10時間
料金 16,360円
(指定席)
4,000円~

※新幹線の場合、自由席なら15,320円です。

 

簡単にいうと「短時間で移動できる新幹線」と「安く長時間で移動できる夜行バス」という、実に分かりやすい状況です。もう少し調べてみます。

<下につづく>

スポンサーリンク

新幹線のメリットとデメリットは?

新幹線のメリットとデメリットを出してみました。

約3時間で行けて、多くの「のぞみ」「ひかり」も停車する

人口50万人以上の、兵庫県西部で最大都市の姫路。およそ1時間に1本ずつ、新幹線「のぞみ」「ひかり」も停車します。

また、新大阪で「みずほ」「さくら」「こだま」にも接続するので、「最大で1時間に5本ほど」停車します。

そのため、どの時間帯に移動するかを非常に調整しやすいんですよ。

 

親子2人で行くと、合計で25,000円前後

東京姫路間は、指定席の大人料金で16,360円です(2019年4月現在)

今回の親子旅行のように大人と子供が1人ずつの場合、二人合計で片道24,000円~25,000円前後かかります。

夜行バス(高速バス)に比べて料金が高いのは、親子旅行としてはやっぱりデメリットです。

 

新幹線+宿泊で組めば安くなりやすい

往復とも新幹線を使う人なら「新幹線+宿泊」のプランを選ぶ方がお得です。

たとえば「駅探 国内旅行」で「新幹線+宿泊プラン」を探したときには「往復+1泊ツイン朝食付で33,100円」というプランがありました。つまり「往復の新幹線とほぼ同じ料金で宿泊付!

 

姫路発着ではなく、新大阪や新神戸発着にして、大阪観光や神戸観光をするという選択肢もあります。

宿泊先の選択肢も増えて料金もさらに安くなります!東京ー新大阪間の場合は、大人1名で26,000円程度~あります(往復の新幹線代よりも安い!)

 

新幹線+ホテルのおすすめ

<下につづく>

スポンサーリンク

夜行バスのメリットとデメリットは?

続いて、夜行バス(高速バス)のメリットとデメリットは以下になります。

新幹線に比べて圧倒的に安い!

夜行バス(高速バス)の場合、新幹線に比べて何より圧倒的に安くなります。

なんとっ!閑散期の平日であれば、1人3,000円以下のときもあります。3月下旬の春休みでも1人4,500円前後から見つけましたよ。新幹線の1/3以下の安さなんですよ!

 

夜行バス(高速バス)を探すなら【バスリザーブ】が特におすすめです。

とにかく安い!

夜行バスなら、朝から姫路城観光が可能

夜行バスの場合は、便によっては朝7時前後に姫路に到着も可能! ※東京駅から新幹線の場合、始発でも朝9時15分に姫路着。

姫路城は朝9時から入城できるので、天気のいい日は入城まで朝食を食べたりゆっくり過ごせますよ(周辺の姫路公園内は立ち入り自由です)

 

早めに決めないと満席になりやすい

一方で夜行バスの最大のデメリットは、早めに予定を決めないといけないところ。

安い便はやっぱり人気なので、満席になることもしばしばあります。

<下につづく>

スポンサーリンク

夜行バスで、東京から姫路に行きました

では、夜行バスと新幹線のうち、ふじたんはどっちを選んだの?

迷わず夜行バスを選びました(笑)

わたしが手配したのは、大人1名と子供1名でなんと料金6,750円だったんですよ!(大人4,500円、子供2,250円)

  1. 安く移動して、観光やグルメを充実
  2. 姫路での滞在時間を増やしたい(今回の場合、夜行バスなら6.5時間、新幹線なら4時間)

という二つの理由が大きかったんですよ。

また、夜行バスの予約をするのでしたら「早ければ早いほど」選択肢が増えますよ。今回は約2ヶ月前に予約をしました。

 

夜行バス(高速バス)の詳しい乗車レポートや、熟睡するためのおすすめの持ち物などは、以下にまとめました!

>>夜行バスの乗車レポート

東京から姫路まで夜行バスで移動してみた!料金、所要時間、注意点や、熟睡するためのおすすめの持ち物は?
早めの手配が吉!

旅の目的に合わせて、東京姫路間を選ぼう!

今回は「東京から姫路」への行き方を比較してみました。

個人旅のいいところは、自分の好きなようにプランをつくれるところ。ぜひ何を優先したいかを考えて、最高の旅プランにしてくださいね!

新幹線+ホテルを探すなら

 

夜行バスを探すなら

 

約半日間の姫路滞在でギュッと観光。姫路城を見て、地元のご当地グルメを3店舗で食べ歩いてきました。

>>【初めての観光向け】姫路城とは?

【初めての観光向け】姫路城とは│アクセス、入城料金、観光目安時間、コインロッカー情報、桜の開花情報【全まとめ】

 

姫路城や姫路市内での観光レポートは、以下の別記事からもどうぞ!

CHECK NOW