≫ 全カテゴリ一覧はこちら

タイガーウッズ選手│14年ぶりのマスターズ制覇!記録づくめの勝利と歴代の記録を振り返ってみた!

タイガーウッズ選手、14年ぶりのマスターズ制覇!待ちに待った瞬間に夜中から興奮しっぱなしのふじたん(@shinjifujita)です。

 

実はこのマスターズ制覇は、タイガー・ウッズ選手にとっても、第83回目のマスターズにとっても記録づくめの大会。

最終日のプレーを振り返りつつ、いままでの記録も掘り起こしてみましょう。

最終日の王者たる風貌のプレーにしびれた!

日本時間の4月14日22時20分から、最終日のラウンド。

首位のフランチェスコ・モリナリ選手を2打差で追う絶好の位置からスタート。

 

アーメン・コーナーの12番パー3で首位にならび、15番のパー5でバーディーを取って首位に浮上。

そして優勝を大きくたぐり寄せた16番ホールの一打!

 

日本時間で朝3時前。このショットが出た瞬間に大きくガッツポーズがでてしまいましたよ!

マスターズ歴代最長の14年ぶりの優勝

タイガーウッズ選手にとって、2019マスターズは14年ぶりのマスターズ制覇!

83回の歴史を誇るマスターズにおいて、複数回の優勝した選手は全部で17名。その中でも、前回の優勝から最長期間をあけた優勝になります。

 

過去の全記録を調べてみました。空白期間の上位5選手は以下だったんです。

今までの記録は、ゲーリー・プレイヤー選手の13年間(1961年→1974年)だったので、それを1年上回る14年ぶりのマスターズ制覇。

復活劇を2019年まで待ったことに、感慨深くなる記録です。

選手名 上:空白期間
下:優勝年度
1 タイガー・ウッズ選手 14年
2005年→2019年
2 ゲーリー・プレイヤー選手 13年
1961年→1964年
3 ジャック・ニクラウス選手 11年
1975年→1986年
ベン・クレンショー選手 11年
1984年→1995年
5 ベルンハルト・ランガー選手 8年
1985年→1993年

<下につづく>

スポンサーリンク

メジャー15勝目は初めての逆転優勝

また、タイガーウッズ選手にとっては、メジャー15勝目となる勝利。

過去のメジャー制覇大会

  • マスターズ・トーナメント:5勝(1997年・2001年・2002年・2005年・2019年
  • 全米オープン:3勝(2000年・2002年・2008年)
  • 全英オープン:3勝(2000年・2005年・2006年)
  • 全米プロゴルフ選手権:4勝(1999年・2000年・2006年・2007年)

 

2019年マスターズまでの14勝は、すべて3日目終了時点でトップに立ったうえでの勝利でした。

今回は2打差の2位タイからの最終日の逆転勝利。これもタイガー・ウッズ選手にとって初めての記録なんです。

<下につづく>

スポンサーリンク

あと1勝でマスターズ最多優勝記録。全ての記録を塗り替えてほしい

これで、マスターズは5勝目、メジャーは15勝目、米ツアー81勝目。

  • マスターズ優勝記録(ジャック・ニクラウス選手の6勝)まであと1勝!
  • メジャー優勝記録(ジャック・ニクラウス選手の18勝)まであと3勝!
  • 米ツアー優勝記録(サム・スニード選手の82勝)には王手!

 

そして、マスターズの最年長優勝者はジャック・ニクラウス選手の46歳2か月23日。

もしタイガーウッズ選手が2022年以降のマスターズで優勝すれば、歴代最年長記録も更新します。そうなると・・・

  • マスターズ最年少優勝:タイガーウッズ選手(21歳3か月14日)
  • マスターズ最年長優勝:タイガーウッズ選手(?歳)

一人の選手が最年少優勝と最年長優勝の両方の記録という、まさに金字塔になるんですよ。

 

数々の伝説を残してくれている上に、この復活劇!

あと少し残っている記録も、すべて塗り替えて20世紀~21世紀の二世代にわたる伝説のプロゴルファーとして更に輝いてほしいです。

タイガーウッズ選手、感動をありがとう!!!

 

マスターズ好きならこちらもおすすめ。歴代の最大逆転差を調べてみました!

2019マスターズ│歴代の最大逆転差は?初日、二日目、三日目時点ごとにまとめてみた!タイガー・ウッズ選手も記録保持者!
CHECK NOW