≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

「勝負強さ」を鍛える本 -ジョン・C. マクスウェル、人生だけでなくゴルフにも役立つ考え方満載の一冊だった!

ゴルフにおいても、人生においても、勝負強さが欲しくて

勝負強くなれそうな本を読んでみました。

 

<こんな本でした> 

「夢を実現する戦略ノート」

「ありきたりの毎日を黄金に変える言葉」

などの数々の著作で有名な、ジョン・C・マクスウェルの著書です。

 

一言で言うと、

「失敗=失敗ではない。どう捉えるかだけだ」

という本なのですが、読んでいて

 

 

この考え方はゴルフに使えるな~

というところが多かったので、このブログに挙げてみました。

 

 

<この本で印象にのこった箇所>

● 失敗は“終着地点”ではない。

失敗とは「そこに至るまでのプロセスを見直せ」というメッセージ

 

⇒ 「100切れなかった」「練習の成果が出なかった」・・・。

ラウンドまでの練習や取り組みのプロセスはどうでしたか?

 

● 確信を持つこと。いや、確信を持っているかのように行動せよ。

そうすれば次第に本物の確信が生まれてくる。

 

⇒ 一、二回のミスで「調子が悪いな~」とか、一喜一憂しない。

「オレはできる」「今日は体がキレてる」という確信を持っているかのようにプレー。

 

● 立派な人物ほど、数多くの失敗を重ねている。

それだけ何度も新しいことに挑戦したということだ。

失敗しない人を、私は決してトップレベルの職に昇進させたりしない・・・。

失敗しない人など、凡庸な人間に決まっている。

 

⇒ 上級者への道のり。色んな場面での失敗が実力につながります。

 

● 仕事中は、同僚や上司を引き立たせる努力をしているだろうか。

それとも自分の功績の分け前をきちんと受け取れるかが気になるだろうか。

家族との関係では、誰のことを第一に考えているだろう。

 

⇒ プレー中は、同伴者やキャディさんを引き立たせる努力をしていますか。

特に、チーム戦や仲間内でのゴルフでは最も大事なことの一つですよね。

 

● リスクを冒すべきかどうかを決めるのは、

「恐怖の程度」でも「成功の可能性」でもない。

「目標の価値」によって決めるべきだ。

 

⇒ その一打でリスクを冒すかわりに、成功したら何が得られるのか。

土壇場のスーパーショットのような、大きな価値はあるのか。

 

 

・・・などなど。随所に名言が隠されています。

自己啓発・ビジネスだけでなく、ゴルフを見直すのにもよいですよ^^

 

 

ジョン・C. マクスウェルの著作はこちら

 

 

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください