記事を探す方は全カテゴリーへ

【比較レポ】なんつッ亭 品川店 | 「一蘭」「暖暮」 博多で食べたとんこつラーメン専門店ととことん比較!

先週の福岡出張のときに、合間をみて博多ラーメンを食べ歩きました。しかも結果的に、1日で3食ラーメンを食べるという暴挙に・・・

 

南京ラーメン 黒門

一蘭本社総本店

暖暮

 

三者三様の味で、実に印象深かったですねー。

 

博多出張から数日後に、再び豚骨ラーメン

そして、出張から数日たった先日のこと。嫁さんより「今日は外食してきて」 と指令が入りました。大森→東久留米の通勤で使う駅をイメージしながら、何を食べるか連想し調べて・・・

 

そうだ!

品川駅近くにラーメンテーマパークの品達があるじゃん!

 

そして、見つけました。超有名なとんこつラーメンがここにもあるのを。それがこれから紹介する「なんつッ亭 品川店」です!

博多のとんこつラーメンと関東のとんこつラーメンを比べてみたい!という衝動に駆られて(笑)他のお店には目もくれず、一目散にこちらへ!

20131112-081731.jpg

 

秘伝の黒マー油が美味しい豚骨ラーメン

「なんつッ亭」とは、本店を神奈川県秦野市に構えるラーメン屋さん。「うまいぜベイビー!」というキーワード、どこかで見たことのある方もきっと多いのでは? 現在は、秦野本店、品川、川崎、御徒町、水戸にお店があります(2018年1月時点)

 

そして、品達にあるお店も人気があります。この日は月曜日の22時すぎなのに、どんどん人が入ってきて店を出る頃には、10名ほどの行列に!

20131112-081741.jpg

 

なんつッ亭のメニューはコチラ

20131112-081736.jpg

 

初めて行くお店では「ど定番」をオーダーするのが、ふじたんのポリシー。ということで、ラーメンの到着〜♪

20131112-081745.jpg

 

とんこつラーメンの上に黒マー油がかかっているのが。なんつッ亭の最大の特徴!7段階に揚げ分けたニンニクに、揚げ油とごま油を調合してつくる、まさに秘伝の黒マー油です!!

 

おすすめに従い、生ニンニクも絞ってみました。

20131112-081750.jpg

 

追加オーダーで一口メシも。このあと、ご飯が落下してスープが跳ねて服が汚れる悲劇・・・(泣)

20131112-081754.jpg

 

もありつつ、黒マー油が引き立ちとにかくスープの味が強いラーメンでした!

 

なんつッ亭、一蘭、暖暮 とことん比較!

つい先日博多で食べたラーメンの味を思い出しながら、なんつッ亭と比較。

 

もし仮に「一蘭」「暖暮」「なんつッ亭」 の3店舗が隣同士に並んでると想像するとどうかなぁ(黒門はちょっとジャンルが異なりすぎるので外します。唯一の「あっさり系とんこつラーメン」なので・・・)

・・・これ、気分によって全然行く店が変わるやと判断。

 

一蘭本社総本店 → よそ行きの「ハレ」の日に

今日は「とんこつラーメンを味わいに行くんだ!」って狙いを定めた日に行きたくなるお店。とにかくピュアな豚骨スープを身体の隅々に染み渡らせたいときに。

 

なんつッ亭 → 今日はとにかく「がっつきたい」という日に!

豚骨ラーメンなんですが、細めんではなく中太麺を使用しています。なので「たくさんご飯食べた〜!」と満腹な気分になります。この点は3店舗の中で一番!

 

暖暮 → 一日の最後に「締めたい」という日に

3店舗の中では、いちばん醤油系の香りが強め。お酒を飲んだ日もそうでない日にも、なんだか一日の終わりに「ホッ」と心があたたまる味でした。

 

 

そして「なんつッ亭」に関して、一度お願いしたいのはスープに細麺をコラボしてほしい!(ちょーーーっとだけ、中太麺とスープの絡みが弱かったなぁという印象)。もしオプションで替え玉があったら間違いなくオーダーしちゃいますね♪

 

<今回紹介したお店>

  • なんつッ亭 品川店
  • 住所:東京都港区高輪3-26-20 麺達七人衆品達
  • TEL:03-5791-1355
  • アクセス:品川駅から徒歩3分
  • 営業時間:11:00~23:00
  • ホームページ:https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13009767/

<都内でオススメ!絶品ラーメン屋さん特集>

陽はまたのぼる@綾瀬 | 淡麗系の塩煮干そば、後味が超スッキリで美味しい!和え玉替え玉で毎日食べたくなる!

製麺Rabo、西新宿五丁目の絶品ラーメン屋は、食べ歩き史上No.1のモチモチ麺!リピーター入り確定です!

ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店、通称「ひばじ」のラーメンを久々に食らう!他の二郎よりも「濃く」、やっぱり段違いの美味さ!

国内外で食べ歩いたラーメン特集

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。