≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

シミュレーションゴルフ、カップまでの残り距離を知るには、妄想力が必要!?

シミュレーションゴルフで言われる 「パターの距離感がよくわからない」

そんな悩みをお持ちの方に、必ず読んでいただきたい内容です!

 

ゴルフにおいて、グリーン上にボールが乗ったらまず、

『カップまでの残り距離』 を確認しますよね。

 

GOLFZONにおいては、カップまでの残り距離がこのように表示されます。

$ゴルフ with GOLFZON

 

真ん中をよーく見ると・・・

$ゴルフ with GOLFZON

 

ここで、残り距離が何メートルなのかがわかります。

写真の状況だと、残り4メートルのパットですね。

 

そして、90%以上の方が思うことが、

「4メートル」って言われてもわからない!!

 

 

こんな時にこそ思い出してほしいことがあります。

 

GOLFZONにおいて、一番目安となる距離が

『スクリーンまでの距離』 なんです。

$ゴルフ with GOLFZON

 

打席~スクリーンまでの距離が

およそ 『3メートル』 あります。

 

残り距離が3メートルのパットの場合、

スクリーンの位置にカップがあるということです。

 

 

ということは・・・

 

スクリーンに強く当たったら、とてつもなくオーバーします。

残り3メートルから打ったパットが、逆に5メートルオーバーしたり(泣)

 

そうではなくて、

スクリーンの位置にボールを 『止める』  つもりで打つんです。

 

そうすると外れた場合でも、

次のパットで入れられる距離に止まります。

 

 

この大前提をイメージした上で、

 

・フックラインなのかスライスラインなのか

・上りなのか下りなのか

 

というのを元に、何メートルのイメージで打つかが変わるんです。

 

※スクリーンまでの距離はお店ごとに多少異なるので

正確な距離が知りたい時は、スタッフの方に聞いてみてくださいね。

 

<パッティング攻略のための関連記事>

上り下り、どちらのパットかを一瞬で見分ける方法

フック/スライスのラインは「みんゴル」と一緒

 

 

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください