≫ 【Go To トラベルキャンペーン】旅行予約はこちら(クーポン情報)

【鳥取砂丘】サンドボード体験│料金・持ち物・感想は?スノーボード初心者も日本海の海に向かって滑れて最高【動画あり】

息子と二人で山陰旅行に行ってきたふじたん(@shinjifujita)です。

 

東京都内から鳥取駅まで夜行バスで移動し、そのままの足で鳥取砂丘へ。

到着した瞬間から日本最大の砂丘の広大さに興奮しつつ、馬の背体験やサンドボード体験など、鳥取砂丘を満喫してきました!

 

本記事は、鳥取砂丘の「サンドボード」の体験レポート。

料金・予約方法・持ち物などの基本情報や、実際に滑ってみた感想を紹介します!体力自慢の人なら、ぜひ遊んでほしいアクティビティでした!

【鳥取砂丘】サンドボードは日本唯一の常設インストラクターがいる

サンドボードとはその名の通り「砂の上をボードで滑る」アクティビティ。

砂の上を滑走するオーストラリアで生まれたスポーツ。

ボードの形状は、スノーボードと非常に酷似していて、 砂丘(砂山)の上を板で滑ってスピード感やスラロームを楽しみます。

 

ウエアやブーツ等は不要で、砂の斜面とボードさえあれば気軽に遊べるスポーツです。スノーボード同様、ジャンプ台を作って楽しむことも!

サンドボードのイメージ(鳥取砂丘サンドボードスクール内)

 

鳥取砂丘サンドボードスクールのインストラクターさんによると、日本国内でサンドボードを滑れる砂丘は3つ(鳥取砂丘・田牛サンドスキー場(静岡県下田市)・館山砂丘(千葉県館山市))

 

そのうち鳥取砂丘には、日本唯一の「常設インストラクターがいるサンドボードスクール」があります。さすが日本一の砂丘!

【鳥取砂丘】サンドボードの料金・予約方法・持ち物・混み具合

鳥取砂丘サンドボードスクールの「料金や営業時間、予約方法、持ち物、混み具合」について紹介します。

料金と営業時間

料金と営業時間は以下です。基本的には「朝、昼、夕方」の1日3回。季節により時間が異なります。

人数 1~50人
営業時間 3~9月:9:30〜11:30、13:00〜15:00、16:00〜18:00
10~11月:9:30〜11:30、12:30〜14:30、15:00〜17:00
12月:9:30〜11:30、12:30〜14:30
料金 4,000円(税込・レンタル料・保険料500円含む)
対象年齢 10歳以上 ※9歳以下のお子様と参加の親子は「サンドスライダー」
予約締切 当日朝8:30まで
備考 少雨決行、ボードレンタルのみは行っていません

予約方法

公式ホームページ」「アソビュー」の2つから予約できます。

 

アソビュー」での予約がおすすめです。

公式ホームページでは「当日現金払い」のみですが、「アソビュー」では「現地払い・クレジットカード決済(Visa・マスターカードなど・Paidy翌月払い」から選べます。

サンドボードの予約はこちらから

持ち物

基本的には「ドリンク以外は手ぶらで」滑るので、特別な持ち物は不要です。ボードや滑るための道具レンタルも料金に含まれています。

必要なもの

  • 動きやすい服装 ※脱ぎ着しやすいとベター
  • 靴下 ※裸足でも滑れます
  • 500mlのドリンク ※受付場所に自販機あり

 

ただ、スマホやモバイルバッテリーを持参したいときのために「ランニングポーチ」があるといいです(砂の上に置くので汚れてもいいように)

混み具合

定員は2~50名ですが、おすすめの時間帯は「朝」です。

わたしが訪れた日は、朝9:30~の回はなんと貸切!一方で昼13:00~の回は、20名以上が参加するという状況でした。

MEMO

人数に関わらず、インストラクターさんは1名です。

とはいえ、インストラクターさんがマンツーマンではなくてもすぐに滑れるので、がっつり交流したい人でなければ気にしなくて大丈夫です。

スポンサーリンク

【鳥取砂丘】サンドボードを体験してみた!【動画あり】

それではサンドボード体験。受付から当日の流れや、じっさいに鳥取砂丘を滑ってみた動画も紹介!

受付は「らくだや」にて

受付は鳥取砂丘近くの「らくだや」にて行います。

無料駐車場が併設されているので、ココに車を停めると便利です。開始時間の15分前集合なので、時間厳守で遅れないように!

受付は「らくだや」にて行います

 

わたしが訪れたときは、朝8:00に鳥取駅で「レンタカー」を借り、そのまま鳥取砂丘に移動。

馬の背を登ってちょっと休憩して降りて、ちょうど受付時間ぐらいでした(小さな子連れだとちょっと余裕がないと思います)

 

お財布や貴重品を入れる「ロッカー」も用意されています(200円)

「らくだや」内にコインロッカーもあります

 

開始前に、参加同意書に記載します。

 

参加同意書を書くと、はじめに、めっちゃ脅されます。

 

「スノーボードの5倍大変ですよ」

 

この時点では「まぁ~、ちょっと大げさに言ってるだけでしょ~」と思いながら。

鳥取砂丘まで歩いて移動します

受付・当日の流れの説明が終わったら、滑り場まで徒歩で向かいます。サンドボードやヘルメットも複数サイズあるので、子供でも大丈夫です。

 

砂丘のメインスポット「馬の背」の右側にある、離れたエリアがサンドボードの場所です。

みんなが馬の背でワーキャー騒いでいる横で、本当に貸し切り状態(写真の左側に馬の背エリアがあります)そして青々とした海がほんとうに綺麗!

鳥取砂丘の「馬の背」の右側で滑ります

 

ちょっとわかりづらいので、斜面を海側から。かなり急なのがわかりますかね!?

約30度の傾斜を一気に滑り降ります

インストラクターさんが教えてくれます

スノーボードよりも一回り小さい専用の板に靴下(はだし)で乗って、約30度の砂斜面を日本海に向かって一気に滑り降ります。

最初にインストラクターさんが基本的な動作を教えてくれます。ポイントは「かかと体重にならないこと」

はじめにインストラクターさんが教えてくれます

 

まずはボードを使って「そり」のように滑って、なんとなく慣れたらすぐに開始!

インストラクターさんのレクチャー後すぐに開始!

日本海に向かって直滑降【動画あり】

いざ、サンドボード体験!

スノーボードのようにエッジを利かせると滑れないので、基本的には「直滑降」で滑ります。

 

滑ったら再び登ります。砂丘を登りやすいように「土のう」が設置されていました。

積まれた「土のう」を登って斜面の上に行きます

 

そして、ここで最初に聞いた言葉の意味がわかります。

 

「スノーボードの5倍大変ですよ」(2回目)

 

この登りの繰り返しが実にキツイ・・・笑

鳥取砂丘のサンドボードは、基本的に「20秒~30秒滑って、砂丘を歩いて登る」の繰り返しなんです。

 

何回か繰り返すと、スノーボード未体験の息子くんも徐々に滑るのに慣れてきました!

何回か滑るとサンドボードはすぐに慣れます

 

こちらが、サンドボードを実際に滑っている様子です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shinji Fujita(@golfun_fujitan)がシェアした投稿

2時間みっちりサンドボードで滑ります

約2時間の所要時間のうち、往復の移動を除くと約1.5時間はずっと滑り続けます。なので体力勝負!

ちょっと刺激が欲しくなったら、途中で「後ろ向きのそり」で直滑降したり(結構スピードが出て焦った~w)

 

夜行バス明けにいきなりの激しい運動でちょっと疲れたので、砂浜の上に寝そべって休憩したり。

日本海を眺めながら砂丘の砂浜でリラックス

 

日本海を眺めつつ、インスタ映えする写真で遊んでみたり。というか、途中からは滑るよりインストラクターさんとの会話の方が多かったかも。笑

鳥取砂丘とサンドボードと日本海

 

特別に「ドローン」で空撮もしてくれました!(うまく再生できなくて見られず・・・涙)

ドローンで空撮してくれることも

 

また、GoProやアクションカメラを持参すれば、自己責任でヘルメットに着用して滑ることもできます(レンタル用のヘルメットに固定具がついています)

GoProのレンタルサービス(モノカリ)

 

砂のコンディションによっては、海まで一気に滑ってドボンとダイブすることも可能。雨上がりの翌日とか「多少砂が硬い日」だと、沈まずに滑る距離が伸びます。

なので、ゴールデンウィーク以降なら、海パンで参加する人もたくさん!

【鳥取砂丘】サンドボードは体力勝負のアクティビティ【まとめ】

本記事は、鳥取砂丘サンドボードスクールでのサンドボード体験を紹介しました。

 

はじめは「スノーボードやったことないけど大丈夫かな・・・」と半信半疑でしたが、まったく問題なし!

すぐに滑ることができて、2時間経つのもあっという間でした!

鳥取砂丘のサンドボード体験は期待通りに楽しかった!

 

ふじたん

サンドボード楽しかった?
めっちゃ楽しかった!またサンドボードで遊びたい!

しゅん

 

ただ、体力がめちゃくちゃ必要なので覚悟してくださいね。笑

サンドボードの予約はこちらから

GoProのレンタルサービス(モノカリ)

 

鳥取砂丘の丸わかり情報は以下にまとめています。

【鳥取砂丘】馬の背とサンドボードを満喫!アクセス・駐車場・割引クーポン・目安所要時間・アクティビティの種類や料金は?
【Go To トラベルキャンペーン】旅行予約はこちら(クーポン情報)
くわしくはコチラ
【Go To トラベルキャンペーン】旅行予約はこちら(クーポン情報)
くわしくはコチラ