超一流ゴルファーに学ぶスランプからの脱出法 -ジミー・ロバーツ、スランプに悩んだ時こそ超有名ゴルファーたちに学んでみよう!

気に入ったらシェアしてね♪

スランプに悩んだ時こそ、先駆者たちに学んでみよう!

と悩んだときにおすすめの一冊を紹介します!

スポンサーリンク

  

<こんな本でした>

アメリカのテレビリポーターであり

NBCのスポーツキャスターに転身したジミー・ロバーツ氏が

 

数々の有名プロゴルファーなどにインタビューをして

スランプの闇からどう這い上がったのかを書いた一冊

 

合計18名の、超有名ゴルファー(+著名人)が登場します。

 

アーノルド・パーマー

ジャック・二クラウス

トム・ワトソン

デビッド・デュバル

フィル・ミケルソン

グレッグ・ノーマン

ジャスティン・レナード

スコット・バープランク

ジャスティン・ローズ

ベン・クレンショウ

ジョニー・ミラー

スティーブ・ストリッカー

ハル・サットン

ポール・エイジンガー

デービス・ラブ三世

ドッティー・ペッパー

ダン・ジャンセン(スピードスケートの金メダリスト)

ジョージ・H・W・ブッシュ(元アメリカ大統領)

 

 

<この本で印象に残ったところ>  

※誰の言葉なのかは、実際に読んでみてくださいね(^^)

 

● 自信というのは、満々なときには失くすなどとは思いもしないのに

失くしたときには二度と取り戻せないと考えてしまうものだ。

自分でもできる最善の方法は

自分自身に問いかけて、過去に自分が成し遂げたことを思い出すことだ。

以前はそれができたのだから。

 

● 精神を鍛えるために時間と労力を注がなければならない。

精神は筋肉であり、訓練する必要がある。

精神は自ずと強くなるものではないし、たまたま強くなるわけでもない。

 

● 統計学で考えると、ネガティブなものをひとつ打ち消すには

11個のポジティブな考えが必要になるという。

それは、僕たちがどれほど精神的にもろく、

どれだけ自分自身を守る必要があるかを示している。

だれもが自分を自分自身から守る必要があるんだ、本当に。

 

● 毎回、申し分のない完璧なボールを打とうとする必要はない。

 

● 僕は、カップの近くから練習をはじめて、

それから距離を長くしていくのがいいと信じている。

ティショットの練習や準備からはじめて、

それから短い距離のショットを練習するのはよくない。

ゴルフの大部分はカップの近くで起こると思うから。

 

 

<こんな方におすすめ>

● 超有名なゴルファーたちが、どのようにスランプを乗り越えたか知りたい方

● プロゴルファーの背景を知って、好きになりたい方

 

 

この本を読んだら、米PGAツアーで頑張っている

石川遼選手が更に好きになり、応援したくなりました。

苦しい時期かもしれないけど、必ず復活してくれるはず!

 

とにかく、どの選手にも浮き沈みがあって今のキャリアがある。

という事実がわかり、たくさんの選手を尊敬してやまない一冊でした。

 

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

 







この記事が気に入ったら
いいね ! しよう