記事を探す方は全カテゴリーへ

藤田寛之 上手いゴルフ賢いゴルフ、数多くの藤田寛之選手の本の中でも「パワーフェード」をとことん学べる一冊

2014年6冊目のゴルフ書評は、藤田寛之選手の本。

賞金王になって以降、急激に書籍が増えた中で、最近発売された1冊です。

 

「藤田寛之 上手いゴルフ賢いゴルフ」 とは?

 

2013年10月に、主婦の友社より出版された一冊。

 

主婦の友社といえば、育児・料理・ファッションなど

数々の女性向け雑誌を持つ出版社ですよね。

 

HPを見ても、「ゴルフ」どころか「スポーツ」というキーワードすらありません。

主婦の友社のホームページはコチラ

 

そんな中で、2012年ゴルフ賞金王の藤田寛之選手の本を発刊したのは

ものすごく画期的な(珍しい)ことな気がしますね~。

会社として、斬新なことがしたかったのかな・・・?

 

 

とにかく、パワーフェードをとことん学べます!

 

 20140326-192156.jpg

 

藤田寛之選手の本もかれこれ5冊ほど読みました

いくつか書評レポをご紹介すると・・・

 

藤田寛之のゴルフ哲学

藤田寛之のミスをしないゴルフ

藤田寛之のベストゴルフ (2003年発刊の名著)

などなど。

 

他の書籍と比較しても、今回の書籍の特筆すべきところは

藤田寛之選手の代名詞ともいえる

 

パワーフェード

 

にとことん特化しているところですね。

 

序章、第1章と合わせて、実に80ページものボリュームで

フェードヒットのスイング作りを紹介しています!

 

 

クローズドスタンスに構えて、フェードボールを打っています。

スタンスは右を向けて、肩は左を向けたクロスしたような構えが、

フェードボールを持ち球にしているプロたちの常識になっています。

 

・・・という驚きの冒頭から始まり、そしてスイング作りを説明しています。

 

 

もちろん、賢いゴルファーになるためのメソッドも

 

他の本には見られなかった、学びになった考えを整理してみましょう。

 

● ドライバーのアドレスでクラブヘッドをソールせず、軽く浮かせています。

ボールがティアップされているのに、フェースが地面というのに違和感があるからです。

フェースをボールの高さに合わせたほうが、肩や腰がスムーズにレベルターンできるのです。

 

● 私のスイングは、サンドウェッジでの30ヤードのアプローチショット、

ピッチングウェッジ、7番アイアン、そしてドライバーという4本で作ります。

変わるのはボールの位置とスタンス幅だけです。

ボディターンが一番小さく集約されているのが、30ヤードのアプローチです。

この練習に時間を割いてみてください。

 

● フェアウェイウッドはアプローチ感覚で打つ。

200ヤード飛ばすのではなく、200ヤードのアプローチショットと考えてみることで、

無理のないスイングを試みるといいでしょう。

(出来るかぁ!? という気もしますが・・・苦笑)

 

● 100ヤード以内のショットもボディターンで打つ。

オープンスタンスをとり、スライスボールを打つイメージでスイングをして、

左への引っ掛けに対する不安を取り除くのです。

 

 

まとめ: とにかくパワーフェードをマスターしたい方に!

 

そして更にいうなら、引っ掛けやダッグフックをなくしたい方にも

色々な考え方を得られる一冊でしたよ!

 

私自身は、持ち球のドローからフェードに変えようかと思案中です。

(やっぱり、フェードの方が曲がり幅のブレが少ないんですよね~)

 

ドローであってもフェードであっても、曲がり幅をコントロールできるように

腕の力ではなく、ボディターンの重要性を改めて実感させられました!

 

 

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。