禅パッティング グリーン上のメンタル・ゲームをマスターする法 -ジョセフ・ペアレント。禅の力でナイスパットに集中しよう!

気に入ったらシェアしてね♪

禅にヒントを得たアプローチで取り組めば、誰でもナイスパットができる!?

2014年12冊目のゴルフ書評は、メンタルの力でパター上達を目指す本です。

スポンサーリンク

元世界ランキング1位、ビジェイ・シン選手のメンタルトレーナーの本

20140502-132501.jpg

著者のジョセフ・ペアレント博士は、アメリカ「ゴルフダイジェスト誌」が

“世界のメンタルゲームのエキスパート十傑の一人” と目する心理学者。

ビジェイ・シン選手(元世界ランキング1位)

デビッド・トムズ選手(2001年全米プロ優勝)

カルロス・フランコ選手(パラグアイ出身、日本ツアーでも活躍)

を含む、数十名のトッププロを指導してきたメンタル・トレーナーです。

“ゲームの中のもう一つのゲーム”と呼ばれるパッティングに、

禅にヒントを得たアプローチで取り組めば、ナイスパットができるようになる

という持論を、豊富なエピソードとエクササイズを交えて展開しています。

禅パッティング グリーン上のメンタル・ゲームをマスターする法

メンタル面も技術面も、色々と学びがあります。 

● あらゆる物事を進めるためには、まず目標を設定しなければならない。

ゴルフでは、各ホールの究極的な目標はパットを沈めることだ。

禅の伝統の下では、目標の設定は悟りへの道のいしずえとみなされる。

あることを終える方法を知らないのなら、それを始めることに、

そもそもいったいどのような意味があるのだろうか。

だから私は、あらゆるレベルのゴルファーのレッスンをパッティングから始めることにしている。

  

● パッティングになると、ゴルファー諸氏は高すぎる期待を自らに課す。

平均的なプロゴルファーが2メートル半程度のパットを沈める確率は、

50パーセント以下にすぎない。

● パターヘッドは実はグリップが強ければ強いほどスイング中にぐらつく。

パターをきつく握ると、両手のわずかな動きは、クラブの先端で大きな動きを引き起こす。

パターを柔らかく持って、ストロークが終了するまで同じ握り具合が維持できれば、

パットを小手先で操作する可能性は少なくなる。

● OKパットのストロークでボールはいったいどこまで転がるか。

その長さを通常のグリーンでのパットで使えばいい。

● 下りの急斜面で打つショートパット。

パターヘッドを地面から浮かせて、

ソールのエッジがボールの中心の高さに来るまで持ち上げる。

ソール・エッジでボールをとらえれば、インパクトは弱まる

ナイスパットをすることと、ボールがカップに転がり込むことは違う

もう一つ、この本で言いたいこと。それが

ナイスパットをすることと、ボールがカップに転がり込むことは違う

ということ。だから、とにかくナイスパットをすることに集中する。

自分が下す自己評価は、自身の気持ちを大きく左右する。

人間は気をよくすると、これから手がける仕事がうまくいく自信が湧いてくるものだ。

ナイスパットをしたら、入っても入らなくても自分を褒めよう。

褒め続けた結果、パッティングが向上していれば嬉しいですよね!

パッティングだけでなく、全体的なメンタル・ゲームを学びたいなら

 禅ゴルフの書評記事はコチラから!

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう