記事を探す方は全カテゴリーへ

ゴントランシェリエ東京@渋谷宮益坂 | まるでパンのアーティスト!? このベーカリーは奥深すぎる味わいでした

先日、渋谷で用事があり1時間ほど空き時間ができました。滅多にない機会だったので、久しぶりにベーカリー巡りをしてみることにしました。

 

今回は渋谷・宮益坂にある「ゴントランシェリエ東京」というお店へ。

 

※2018年2月更新。

残念ながら閉店してしまい・・・今は同じ場所「BOUL’ANGE 渋谷店」(ブール アンジュ)というお店ができました。ゴントランシェリエ好きだったんだけどなぁ、ちょっとカッコつけすぎたのかな。

 

ゴントランシェリエ東京 アクセスと混み具合

道玄坂から渋谷駅前のスクランブル交差点を通過し、宮益坂下交差点に着きました(ビッグカメラがある大きな交差点です)

20140622-135823-50303566.jpg

 

この交差点を渡った角地に「アルティザン ブーランジェ ゴントラン シェリエ 東京」というお店があります。今回はこちらのベーカリーに立ち寄ってみました!

 

表看板だけを見るとセレクトショップのようなたたずまいですが、窓越しにパンの陳列が見えるが目印ですよ。

20140622-135824-50304591.jpg

 

店名にもなっている、ゴントラン シェリエ氏 (GONTRAN CHERRIER)とは? ホームページから抜粋

1978年に、パン・菓子職人(ブーランジェ・パティシエ)の4代目として生まれ、21歳よりアルページュやルカ・カールトンという三ツ星レストランで修業

その後世界各地を旅して、フランスパンを伝え、数多くのTV番組に出演の後に、2010年にパリ18区モンマルトルに、ゴントラン・シェリエ・ブーランジェリーを開店して、ますます人気と知名度が上昇。

そして2012年に、ゴントランシェリエ東京を渋谷にオープンして現在パリに4店舗、シンガポールに3店舗を展開している方です。

 

・・・要するに、パンの世界的な伝道師の方ですね!! その方が、あえて渋谷に開いたお店。さぁ行ってみましょう~。

 

バケット系とスイーツ系パンがメインのベーカリー

店内に陳列されているパンたちです。いわゆる惣菜系のパン(=動物性たんぱく質を具材にしているもの)は少なめな一方で、バケットや甘めのパンがたくさんありましたね~。

20140622-135825-50305578.jpg

 

一番人気はやはりクロワッサンなようで、クロワッサンのみ、1人3個限定となっていました。サンドイッチやカフェもあり、イートインも楽しめますよ!

20140622-135826-50306420.jpg

 

3Fのイートインは、渋谷の穴場スポット!?

お店のフロア構成

  • 1F=パンの販売+カウンターで数席
  • 2F=カフェやサンドイッチがメインのレストラン
  • 3F=イートインカフェ(1Fで購入した人は、こちらを使用可能)

 

なのでパンを購入した後は、エレベーターか階段で3Fに向かいます。

 

3Fのイートインスペース、そこは隠れた穴場のような場所!?

宮益坂下交差点の一等地にあり、日曜日13時すぎという時間でしたが、50席ほどの座席に対して、1/4ほどの埋まり具合でした。

20140622-135827-50307466.jpg

 

外のスクランブル交差点の喧騒を眺めつつ、そこだけゆったりとした時間が流れています~。

20140622-135828-50308288.jpg

 

さぁ、優雅な気分でパンを味わってみましょう~。

 

まるでパンのアーティスト!? 一つひとつが奥深すぎる味わい!

とにかく、一つひとつのパンが強烈すぎてすごく印象に残りました!

 

まずは、クロワッサン

20140622-135829-50309099.jpg

 

とにかく、外がサクッサク!ここまでサクサクで崩れやすいクロワッサンには、なかなか出会えません!パンを手で持つだけで、何層ものクロワッサン生地に分かれます。

20140622-135830-50310079.jpg

 

続いては、ウインナーとシソのデニッシュ

20140622-135831-50311188.jpg

ゴントランシェリエ全店で、ハーブとスパイスをテーマにした新作を展開中なようです。この一品にはシソが組合わされていました。

 

おそらく、シソを入れてあっさり感を出したかったのかな・・・!?ただ、焼きたてだったこともあり、あっさり感はあまり口の中に広がらず。焼きあがってから、シソの葉を載せる方がいいのかもしれませんね~。

 

最後は、イカスミバケットサンド

20140622-135832-50312104.jpg

このパンがとにかく、複雑で渋くて奥深すぎるんです!!

 

バケット生地には、イカスミパウダーを配合して黒ゴマをまぶしてます。中には、スモークサーモン、クリームチーズ、水菜をベースに、バジル、パルメザンチーズ、にんにくなどが入ったペーストも。

 

パン生地と水菜のほろ苦さを感じる一口目から、噛めば噛むほどに色んな味が広がります。ほんっと、よくこんな組合せを思いついたなー。 あまりに斬新で、いままでに全く味わったことのないバケットでした。

 

他にもたくさんの種類のパンがあるので、ゴントラン シェリエ氏の世界を、もっともっと味わってみたい。そう思わせてくれるお店でしたよ!

 

<今回紹介したお店>

  • ゴントランシェリエ東京 渋谷店(GONTRAN CHERRIER TOKYO)
  • 住所:東京都渋谷区渋谷1-14-11 BCサロン1F~3F
  • アクセス:各線渋谷駅からすぐ、宮益坂下交差点沿い
  • 営業時間:7時30分~20時00分、不定休
  • ホームページ:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13145483/

 

<都内おすすめベーカリー>

パンとエスプレッソと@表参道 | 食パン「ムー」は必食!フワフワで半端なく美味しく、ふじたん史上No.1の食パン

ポワンエリーニュ。新丸ビルのパン食べ放題ランチは、オシャレの中に遊びゴコロが欲しくなったひと時でした

ル ガリュウM | 大森山王のパティスリーのパンは、ケーキ屋さんでは珍しいふんわり系揃い。ガトーバスクが特に美味でした!

 国内各地の美味しいベーカリー集

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。