記事を探す方は全カテゴリーへ

ザ リゾート アット ペリカン ヒル | ランチを南カリフォルニア最高級リゾートにて。何もしない贅沢をココで知りました・・・!

ザ リゾート アット ペリカン ヒル」そこは南カリフォルニアのニューポート・ビーチにある、知る人ぞ知る最高級リゾート。この場所で絶景を堪能してきました!

 

今回の7泊9日間のラスベガス・セドナ・LA旅行の中でも、最も忘れられない思い出の一つです!世界にはこんなリゾートがあるんだ・・・!驚きとあこがれと、そして何度も来たくなる羨望のまなざし。

僕はこの場所を訪れて、また一つ目標ができました。何度も滞在できるぐらい立地になると。

 

ザ リゾート アット ペリカンヒル とは?

ザ リゾート アット ペリカン ヒル」(The Resort at Pelican Hills)とは、南カリフォルニアはオレンジカウンティのニューポートビーチにある最高級のリゾート施設。

 

何といっても一面にどーんと広がる太平洋が素晴らしい施設で「この世のものとは思えない」と言われる絶景が待っている場所・・・! 128室あるヴィラの部屋サイズは、なんと204㎡~!とんでもないリゾート施設なんです。

 

施設の入口には見たことのない高級車だらけ。1台や2台どころではなく「ここはショールーム!?」って突っ込んでしまうぐらい。

 

今回、スピードブランディングの鳥居祐一さん「究極のラスベガス・セドナ・LAツアー」のハイライトとなった、この場所「ザ リゾート アット ペリカン ヒル」にて、感動を超越したランチを堪能してきました!

 

ペリカンヒルの内装と景色 たっぷりおすそ分け!

ペリカンヒル 建物の様子

ザ リゾート アット ペリカン ヒル」そこは施設に入った瞬間から、想像していた環境と全く違いました。息を飲むってこういうことを言うんだ・・・!

 

思わず深呼吸をしながら通路のど真ん中に直立不動。誰も見えなくなった一瞬の静寂をの瞬間に、明るさをちょっとずつ変えながら写真を何枚も何枚も。

 

北イタリアのパラディオ式建築のリゾート施設。そして電球色の照明と緑の色使いも素敵。

 

テラスからは太平洋とゴルフ場が一望

テラスからは、広々とした太平洋とペリカンヒルゴルフクラブが一望!

 

ほんとーーーに唯一残念すぎたのが、この日が南カリフォルニアの街では「極めて珍しい」曇り空だったこと。もう、晴れていたらどんな感情を味わえたんだろう。また来る理由が出来てしまうじゃないか♪

晴れていれば、こーーーんな素敵な眺望が見られます。

 

Caffe&Market(日本風にいうと売店)もあります。海が見える席にて、イタリアンジェラートやパン、コーヒーを楽しみつつ、店内の席から海を眺められます。

 

アンドレアというレストランへ

広々とした施設内を見て回っていたら、気づけば20分ほど経っていたでしょうか。景色をたくさん堪能して、アンドレア(ANDREA)というレストランへ。

 

このテラス席が最高の快適さを追求した、実によく考えられたつくりなんです!

最高気温が30度近くあるんですが、オーシャンフロントで時折風が吹くので、一瞬肌寒さを感じそうになるんですよ。すると何だか暖かい風が。

 

そう、すっごく高い天井にヒーターが取り付けられてるんですね。これまた計算された、暑すぎず心地よい温風が流れてきます。

 

「menu espresso」のセットをたっぷり味わいました

さぁ、Andreaで食事を楽しみます。

基本的には最高級リゾートにあるレストランです。14600ドル(約160万円)以上するワインも、ごく当たり前のようにラインナップ。

 

メニューは「MENU ESPRESSO」が一押し

こちらがメニューです。

 

この「MENU ESPRESSO」は、前菜・スープ・サラダから一品、パスタ・メインから一品、さらにシャンパンorデザートがついて、なんと35ドルという破格の安さ!!

しかも単品で29ドルするフィレミニョンステーキを食べても追加料金はありません。全員で「MENU ESPRESSO」をオーダーし、みんなでシェアしあいました。

 

どんなメニューなのか、どんどんアップしていきますー。

 

美味しすぎるコスパ最高なメニューたち

▽付け合わせのパン

フォカッチャ、ナッツの入ったパンの2酒類。そしてバターも2種類。さらに頼めば、バルサミコ酢やオリーブオイルも用意してくれます(上ので4名分ですがお代わり自由)

そしてこれがとにかく美味い!今までの人生で、レストランで食べた付け合わせのパンの中でダントツNo.1の美味しさでした。地元にこのパンを売ってベーカリーがあったら、毎日買いに行きたい!

 

食欲旺盛なわたし、最後は1カゴをお代わりして独り占めしちゃいました(笑)

 

▽グリーンサラダ

 

野菜の食感、塩とオリーブオイルの味加減、全てが完璧。このサラダだけを丼5杯食べてと言われてもまーーーったく飽きません。というか、この野菜はなんだ・・・?

 

▽フィレミニョン

ランチにもかかわらず、6オンス(約170g)もあり、これも充分なボリュームです。

 

その他、仲間がオーダーしたものも、みんなでシェアしました。まとめて紹介!

 

前菜は以下の中から、1品選べます。

▽バッファローモッツァレラ

サラダなんですが、分厚いモッツァレラが4切れほど。でかい!

 

▽ホワイトアスパラ

(これも見た目より大きいんです。1本15cmくらいあったかな)

 

▽ミネストローネ

 

同じように、メインも1品選べます。

▽サーモンのグリル

 

▽シーバスのグリル

 

他にも、グリルやパスタなどから選べます。

 

そしてコースメニューにはシャンパン付き!

 

みんなで記念に一枚。

 

鳥居祐一さんとも一緒に(^^)

 

何もしない贅沢を味える、極上の場所

至福すぎるってこういうことを言うんだ

食後はぜひお散歩しましょう。ゴルフ場やプールをみながらゆったりと。

 

そして更に余韻に浸れるのが、施設内に置いてある持ち帰り可能な冊子。A4サイズで50ページほどがありますが、お土産にしたい方はぜひ。目の保養になります。本の中には、40億円ほどで売り出している家の広告がありました(^^)

景色も、建物の空間も、そして食事もすべて満喫できて、そしてチップ込でも50ドル足らず。はっきり言って、リーズナブルすぎます!紹介せずに隠れ家にしたいぐらい。

 

ランチは50ドル足らず、宿泊は550ドル~

ちなみに「ザ リゾート アット ペリカン ヒル」(The Resort at Pelican Hills)に宿泊する場合を想像しながら、ざっと料金を調べてみました。

閑散期(10月の平日)で、バンガローで550ドル/部屋~、ヴィラで700ドル/部屋~でした。いつか妻や両親を招待してゆっくり泊まりたい場所です。

 

ラスベガス・セドナ・LA旅情報はコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。