記事を探す方は全カテゴリーへ

ザ リッツ カールトン ラグナ ニゲル | 南カリフォルニアの海と薔薇を眺めながら、素敵すぎるティータイム

南カリフォルニアはオレンジカウンティのラグナビーチにそびえる「ザ リッツ カールトン ラグナニゲル」ここで素敵なティータイムを過ごしました。

 

南カリフォルニアのオレンジカウンティ。青空とカラっとした湿気の少ない気候でとにかく快適すぎる場所です。

このオレンジカウンティにて、ダナポイント(ディナポイント、Dana Point)の海に沿って構えているホテル。それが「ザ リッツ カールトン ラグナニゲル」(The Ritz-Carlton, Laguna Nigue)です。

 

ザ リッツ カールトン ラグナニゲル

オレンジカウンティ内をドライブ。リッツ カールトンと並ぶ最高級リゾート「ザ リゾート アット ペリカン ヒル」(The Resort at Pelican Hills)でのランチ後に

ザ リゾート アット ペリカン ヒル | ランチを南カリフォルニア最高級リゾートにて。何もしない贅沢をココで知りました・・・!

 

ティータイムにゆったりと「ザ リッツ カールトン ラグナニゲル」を訪れました。

 

ホテルの入口から、海方向に向かって進みます。

 

ザ リッツ カールトン ラグナニゲル を詳しく見てみる

お得なホテル予約なら!ホテル料金比較のトリバゴで比較!

 

オーシャンビューのダイニングRayaへ

正面のバーのすぐ左側に、オーシャンビューのオールデイダイニング「Raya」があります。今回はここでティータイムを過ごしましたよー。

 

逆サイドからも(こっちの方が自然光が入ったので)

 

2段になっていて一段高いところからも楽しめるんですが、目の前に海が広がるこの状況・・・となると窓側の席しかないでしょ!

 

各テーブルごとに薔薇が飾ってあり、薔薇の赤と海の青のコントラストもステキ(^^) テーブルにワンポイント置くだけで、全く印象が変わりますね!

 

▽デザートメニューはこちら

 

チュロス、チョコレートケーキ、アイスクリーム、ソルベ(シャーベット)など。コーヒー、カフェラテ、エスプレッソなどのカフェメニューもあります。

もう少し進むと、外に面した「180ble」というオープンルーフのカフェもあります。海や自然を近くに感じたい方は、こっちもオススメ!この日は大人数で貸切パーティー風でした。

 

夜になると、こんな素敵なスポットに!もう惚れ惚れしちゃうじゃないかーーー!

RCLAGUN_00374.png

引用:公式ホームページ

 

▽Warm Chocolate Cake(チョコブラウニーのアイス添え)

1人では食べきれないくらいのボリューム、2人でシェアがちょうどいい量ですね。

 

▽アイスコーヒー(なぜ、ホットにしなかったんだろ・・・。暑さに負けましたw)

 

ダナポイントの海を眺めながら、1時間ぐらいゆっくり語らいました。料金の目安(チップ込)は、カフェのみで10ドル前後、デザート+カフェで25ドル前後です。

 

施設内の散歩は、まるで美術館のような気分

そして「ザ リッツ カールトン ラグナニゲル」に遊びに来たら、ぜひホテル内を回廊してほしい。

廊下の左右に飾っている一つ一つの写真やイラストに、実に心を奪われるんです。まるで美術館に来たかのごとく。

 

ショップはこちら。本の飾り方も素敵でそのまま自宅に持ち帰りたいぐらい。

ここで売られてた、ホテルのロゴ入りマグカップを買わなかったことを、未だに少々後悔しています。誰か行く方教えてください・・・(買ってきてほしい!)

 

外には宿泊者専用のプールもあります。

 

ザ リゾート アット ペリカン ヒル」と「ザ リッツ カールトン ラグナニゲル

オレンジカウンティの二大リゾートホテルを一日で両方とも訪れて、実に幸せ気分になりました。よりメジャーな「ザ リッツ カールトン ラグナニゲル」に対して、50代以上の方も多数いたり穴場感があるのが「ザ リゾート アット ペリカン ヒル」という印象ですね。

 

どちらの施設も、今度は大切な人と宿泊に来たい場所です。

 

ザ リッツ カールトン ラグナニゲル を詳しく見てみる

お得なホテル予約なら!ホテル料金比較のトリバゴで比較!

 

CHECK NOW

ラスベガス・セドナ・LA旅情報はコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です