【2021年最新】岸本拓也さんプロデュースの高級食パン専門店の全一覧

【商品レビュー】マーナ トーストスチーマー K712 の口コミ・評価│”さくフワ”の食パンが焼ける?メリット・デメリットを紹介!

ふじたん

本記事では「マーナ トーストスチーマーK712」という商品を、パンシェルジュが実際に試してみた感想(口コミ・評価)を紹介します。

 

「トーストをワンランク上の焼き上がりに。」というキャッチコピーは本当なの!?

 

各地の高級食パン巡りやパン食べ歩きが大好きな、ふじたん(@shinjifujita)です。

 

高級食パンで一番美味しいのは、やっぱり買った直後の焼き立ての香りが漂う生食パン!

ところが「2斤サイズ」もあると、家族で食べきるのに数日はかかります。2~3日目以降はトーストして食べることがほとんど。

 

しゅん

トーストした食パンも、もっとふんわりしたらいいのにね~
十分美味しいけれど、せっかくならこだわってみたいよね

ふじたん

 

ということで、メディアでも話題の「マーナ トーストスチーマーK712」というスチーマーをやっと調達しました!

 

本記事は「マーナ トーストスチーマーK712」の商品レビューです(口コミ・評価)

「食パンをトーストしてみてどうだったのか、使わない場合との違い」などを中心に、よかった点・イマイチだった点をパンシェルジュが紹介します。

 

結論から言うと、このトーストスチーマーは買う価値大!

 

以下、気になる箇所から読み進めてください。

マーナ トーストスチーマー の基本情報・商品スペック・同封物

まずは「マーナ トーストスチーマーK712」の商品スペック・同封物を紹介しますね。

日経MJ「2019年ヒット商品番付」にも選ばれたトーストスチーマー

マーナ トーストスチーマーK712」は、トーストをワンランク上の焼き上がりに。というキャッチコピーのトーストスチーマー。

「かわいいミニ食パン」の形をしたデザインも話題で、累計で14万個以上も販売したという商品です(2019年12月時点)

 

日経MJ「2019年ヒット商品番付」にも選ばれ、他にも、以下の多くのメディアで取り上げられました!

主な掲載実績

  • NHK:おはよう日本、有吉のお金発見 突撃!カネオくん
  • 日本テレビ系列:バゲット、ZIP!、ヒルナンデス!
  • TBS系列:所さんお届けモノです!、ビビット
  • フジテレビ系列:土曜はナニする!?
  • テレビ朝日系列:家事ヤロウ!!!
  • テレビ東京系列:ワールドビジネスサテライト

 

ずっと気になっていた商品だったのですが、やっと確保できたんですね。

商品スペック

マーナ トーストスチーマーK712」の商品スペックは以下です。

商品スペック

  • 販売元:株式会社マーナ(MARNA)
  • 材質:陶磁器
  • サイズ:本体/約36×46×97mm
  • 生産国:日本

 

日本国内で生産しており、歴史あるパン・料理教室「ホームメイドクッキング」との共同企画のトーストスチーマーです。

同封物

なし。箱の中にトーストスチーマーが1つ。

商品サイズと同様に、手のひらサイズの箱になっています。小物のプレゼント用でしたら、包装用の袋に入れるほうが見栄えがしますね。

 

カラーは「ホワイト」「ブラウン」の2色から選べます。今回紹介するのは「ブラウン」の方です(肌色にかなり近いです)


スポンサーリンク

マーナ トーストスチーマー で食パンをトーストしてみた【検証レポ】

マーナ トーストスチーマーK712」を使って食パンをトーストしてみました。

 

検証に使用したのは、岸本拓也さんプロデュースの高級食パン専門店「真打ち登場」の食パンです。

2019年11月のオープン以来、約1年半で10店舗を東京都内に展開しているブランドです。

岸本拓也さんがプロデュースした高級食パン専門店の店舗一覧【2021年12月最新】

使い方

使い方はじつに簡単です。

トーストスチーマーを水に20秒ぐらい浸してから、トースターに入れてパンと一緒に焼くだけ!

 

500mlぐらいの大きめのコップや深皿に水を入れて浸します。

 

あとは、トースターに入れ、パンと一緒に焼くだけ!

庫内にスチームが出て、パン内部の水分量を保ちつつ外はサクッと中はふんわり焼き上げます。

 

普段のトーストと同様に、こんがり焼けたら取り出したら、完成!

 

トースターを開けるときに、トーストスチーマーが「プシュー」と水蒸気を発している音が聞こえるんですよ

食べる前から「どんな違いがあるんだろう」とワクワクします(動画で撮影しようと思ったんですが、うまく収録できず・・・。涙)

焼いたパンの重量が変化するのは本当?

商品パッケージの裏側には「焼いたパンの重量変化率」(=水分をどのくらい保っているか)も紹介しています。

トーストスチーマーを使用する方が、重量の変化が少なく水分が保たれるので、「外はサクッ、中はふわっ」と美味しく焼きあがるとのことです。

 

本当かどうかを確かめるために、厚切りサイズの食パンを2枚用意して、トーストスチーマーあり/なしで計測してみました。

(以下、トーストスチーマーの使用時。左:トースト前、右:トースト後)

 

同様に、トーストスチーマーを使わないでも同じ作業で検証。それぞれの計測結果は以下でした。

トースト前 トースト後 減少率
トーストスチーマーあり 93g 88g -5g
トーストスチーマーなし 99g 93g -6g

 

トーストスチーマーを使う方が、水分の減少率が1グラム減った!? ただし「誤差の範囲内」の気がしないでもない・・・。笑

ふじたん

実際の違いは、食べてから判断してみます

お手入れ方法

使用後のお手入れ方法は簡単!

焦げたカスや汚れが付着した場合は、すすぎ洗いをした後、水気を切って乾燥させてさせるだけです。

注意

使用直後の熱い本体を水に漬けるなどして急冷しないでください。割れるおそれがあります。

たわしまたは磨き粉を使用すると傷がつくことがあります。


スポンサーリンク

マーナ トーストスチーマー で食パンの味は変化した?【実食レポ】

さぁ、ここからが本番!

果たして「マーナ トーストスチーマーK712」を使うことで、本当に味が変わるの!?

食パンの”モチモチ感”が違う!

「左:トーストスチーマーあり、右:トーストスチーマーなし」です。

ちょっと焼き色が異なりますが、トースターで焼いた時間はほぼ同じです(約3分)

 

これが一口食べてみてビックリ!

外のサクサク感も中のモチモチ感も、どちらも明らかに違う!!

 

極端にいうと、トーストスチーマーをいれない状態は「バターやマーガリンを塗った後」の食パンのように、弾力があるというよりもも一本調子の湿り具合。

ところがトーストスチーマーを使う方が、明らかに中のモチモチ感とパンの甘味が広がるんですよ。

 

焼き上がりの水分量などの確認用に、動画で撮ってみました(0:11)

2日目の使用ではさらに違いが出る!

もしかすると人によっては、初めて使ったときに「あれっ、こんなものなのかな!?」と感じるかもしれません。

 

わたしの場合は、1日目と2日目で明らかな違いを感じました!

これ、陶磁器という特性上「慣らし」が必要なのかな・・・?(と、推測)

 

そのため、このトーストスチーマーを手に入れたら「最低2日間」は使ってみてから、違いがあるのかを感じてほしいです!


スポンサーリンク

マーナ トーストスチーマー のメリット(良かった点)

あらためて「マーナ トーストスチーマーK712」のメリット(良かった点)をまとめます。

水分の違いを実感できる(真剣に食べると)

まず何より「水分量の違い」を実感できます!

 

ただし「真剣に食べる」ことが条件になりますね。

例えば、新聞やスマホを片手に食べるような状況ではなく、しっかり吟味ぎんみしながら食べたいときに向いています。

手軽で簡単に”さくフワ”を実現できる

忙しい朝とか時短で調理したいときに、子供でも楽しく手軽に”さくフワ”が実現できます。

 

気をつけることは、トーストした直後に「トーストスチーマーに直接触れない」ことだけ!

ふじたん

トーストスチーマー使ってパン焼いといて~

って子供に頼むだけで、簡単に実現します。

 

わずか1,000円前後の商品で効果を実感できます。

しかも、1回限りではなくしばらく使えるので、トースターを買い替えるよりも断然楽チンです!

 

我が家でも、亀裂や破損することもなく1年以上使い続けています。

マーナ トーストスチーマー のデメリット(いまいちだった点)

逆に「マーナ トーストスチーマーK712」で、ちょっと気になった点は以下でした。

焼き立てでないと「味の違い」を実感しづらい

何も知らない息子くんに「2つの食パンのうち、どっちがトーストスチーマーを使った食パンなのか」をクイズしてみたんですね。

 

「1回目:トーストスチーマーあり、2回目:トーストスチーマーなし」で順番に焼きながら。

 

・・・見事に外しました。笑

 

「トーストスチーマーなし」を焼いている数分のあいだに、「トーストスチーマーあり」の方の焼き立て感がちょっとなくなってしまったのが原因なんです。

 

つまり「スチーマーあり/なしの食べ比べ」で感動するというよりも、毎回焼くときにトーストスチーマーを使うのがおすすめです!

トースターの横幅によっては入りづらい

食パンを2枚で焼く場合、オーブントースターの庫内寸法(横幅)が27cmぐらいあるといいです。

 

庫内寸法(横幅)が約26cmのトースターで焼こうとしたところ、トーストスチーマーを入れたらジャストサイズでした。

 

そのため、トースターのサイズを確認した上で使用するといいですよ(市販の2枚焼き用のオーブントースターなら、だいたい大丈夫です)

マーナ トーストスチーマー の口コミ・評価まとめ

本記事は「マーナ トーストスチーマーK712」の商品レビュー(口コミ・評価)でした。

結論としては、このトーストスチーマーは買う価値大!

 

食パンやフランスパンなどのトーストに使うことで、わずかな違い(この違いが大きいんです)を感じつつ、美味しいパンを味わうことができましたよ。

一度使い始めると、もはや手放せなくなります。

マーナ(MARNA) パン型 トーストスチーマー K712 + スケーター 食パンカットガイド DX 包丁ガイド パン切りSCG3 セット+おまけ
ノーブランド品

 

食パンの水分量を保って美味しく食べるためには、トーストスチーマーと合わせて「真空パンケース」もおすすめです!

【商品レビュー】スケーター 真空パンケース│パンが変形するほど真空保存される!長持ちさせる容器のメリット・デメリットは?

 

ブログランキングに参加しています

最後に、ポチっとしていただけるとパン屋さん巡りの励みになります!

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ 

 

SNSもフォローしてね!

「まいぱん」公式SNSアカウントはこちら!

 

Amazonで安く買い物する方法

 

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)して購入するのがおすすめです。

チャージするたびにチャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まるので、Amazon利用者ならこれを活用しない手はありませんよ!

TRY NOW

Amazonギフト券 公式サイト

マーナ トーストスチーマー と合わせておすすめの関連記事

マーナ トーストスチーマーK712」と合わせて、パン活を楽しむためのおすすめ記事を紹介します。

岸本拓也さんがプロデュースした高級食パン専門店の店舗一覧【2021年12月最新】 【保存版】行列のパン屋に並ぶときに用意しておきたい持ち物18選│高級食パン専門店や人気店で快適に並ぶグッズを全まとめ 【感涙!!】ブラックアンドデッカー 電動ブレッド&マルチナイフ EK700 商品レビュー│フワフワの高級食パンが変形せず切れる! 乃が美(のがみ)のジャムの種類や値段は?高級食パンに合う「定番商品・期間限定商品」やおすすめのアレンジレシピまとめ