川越で行列No.1グルメ「ねこまんま焼きおにぎり」を中市本店で実食!これは確かに並ぶ価値あり!

気に入ったらシェアしてね♪

小江戸川越へ、実に20年ぶりの日帰り旅行に行ってきました。

スポンサーリンク

かつおぶし中市本店、最も行列ができるお店

中学生のときの遠足で来た以来の場所、小江戸川越に到着しました。まずは、川越市役所の駐車場に車を停めて(ココ、台数多くて安くてオススメです!)、川越一番商店街の通りを歩きながら散策します。地元グルメや行列ができているお店を中心に、訪れたい場所の目星をつけつつ。

その中で、飛び抜けて外まで行列なお店を発見!それが「かつおぶし中市本店」というお店です。かつおぶし、昆布や煮干しなどの海産物、椎茸などの乾物などを扱って百五十余年のお店です。

行列に並んで「ねこまんま焼おにぎり」をゲット!

早速、行列に並びます。

このお店でのみなさんのお目当ては「ねこまんま焼おにぎり」。焼きおにぎりに、鰹節と昆布でだしを取った自家製のだし醤油を塗り、最後にたーーーっぷりの「かつおぶし」を振りかける一品なんです。

並びながらお店の方に聞いたところ、土日は15時ごろには品切れになることが多いとのこと。この日は15時20分に並び、残り数人のギリギリで残ってました。

メニューは「かつお」「いわし」の2種類です。

それにしても待ち遠しくなる香ばしい匂い!!こりゃ行列ができるわ~。網でじっくり焼くのと、並ぶ人数×1~2個ずつ買うので行列の進みは悪いです。人数×1分ぐらいは待つと考えた方がいいですね。

ねこまんま焼きおにぎりを実食!

今回は15分ほど並んで無事に購入できました。かつおといわし、両方の味を1つずつ買って食べ比べしてみましたよー。

▽かつおぶし味

こちらのかつおぶし味は「美味い。そして、すっげーーーーー惜しい」という印象。「かつおぶしを引き出す」という意味ではこの味つけがベストなんでしょうが、もし「商品全体で美味く」したいと考えるのなら

  • もっと醤油味を濃くする
  • チーズや明太子マヨネーズのような「かつおぶしに合う」トッピング

とかが加わると更に嬉しいですね。焼いている場所が狭いので難しい気はしますが、ぜひ試しにトライしてもらいたいところ。

▽いわし

実は「いわし」の方が「かつおぶし」よりリピーターが多いんだそうです。食べてみて、その言葉に思わず納得。実に「ご飯がすすむ」味付けのいわし粉末がたっぷりかかってて、これはお土産に買うのもアリ!「いわしふりかけ潮の華」という店頭で売られている商品を使用しています。

かつおぶし焼きおにぎりという、一見簡単そうに見えて味の差が出やすい商品も、じっくり食べてみると勉強になりますね。これは川越一番商店街に来たら、必ず味わってもらいたい逸品です。美味しかったー!

<今回紹介したお店>

  • かつおぶし中市本店
  • 住所:埼玉県川越市幸町5-2
  • TEL:049-222-0126
  • アクセス:西武新宿線本川越駅徒歩10分、東武東上線川越市駅徒歩15分
  • 営業時間:10:00~19:00、火曜日・水曜日(定休日)以外、毎日午後12:00より販売

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう