365日│代々木公園・代々木八幡の大人気パン屋は”サクサク感”が天才的に美味い!食パンとクロワッサンは必食!

パン食べ歩きが大好きな、ふじたん(@shinjifujita)です。今回は仕事のイベントで代々木八幡・代々木公園へ。この街には兼ねてから気になってた「365日」というパン屋さんがあるんです。

すきま時間ができたので狙い通りに訪問できましたよ~。やっと念願が叶いました!

 

本記事では「365日」の食レポを紹介。お店への行き方、駐車場、混み具合、パンのメニュー、実際に味わった感想などを紹介!

都心の駅前にあるパン屋さんだからこそ、色々わかったこともありました!

【代々木公園】365日はどんなパン屋さん?

「365日」とは、小田急線の代々木八幡駅、千代田線の代々木公園駅からいずれも徒歩1分にあるパン屋さん。

2013年にオープンして以来、グルメ雑誌にもたびたひ登場してて、ずっと「行きたい店リスト」として眠ってました。代々木八幡に行く機会ができたので、有無をいわさずに訪問!

 

「365日、日々の食事の大切さを感じていただきたい。」

 

その発想から生まれた、杉窪章匡さんがプロデュースのセレクトショップ。パン屋さんではなく「セレクトショップ」と謳っているところに、こだわりを感じるお店なんですよ。

2018年9月には2号店「365日と日本橋」も、日本橋髙島屋 S.C内に誕生しました。

【代々木公園】365日のショップ情報・アクセス・駐車場

それでは「365日」のショップ情報、アクセス、周辺の駐車場などを紹介しますね。

365日のショップ情報

「365日」の住所や営業時間などの基本情報は以下です。

ショップ情報

  • 365日
  • 住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-6-12
  • TEL:03-6804-7357
  • 営業時間:7:00~19:00
  • 定休日:不定休
  • 駐車場:なし
  • アクセス:小田急線代々木八幡駅南口、千代田線代々木公園駅1番出口 いずれも徒歩1分
  • 求人情報:タウンワーク

 

365日のアクセスと外観

お店に行くには、小田急線の代々木八幡駅、千代田線の代々木公園駅の2通りあります。

「代々木八幡駅」の南口、あるいは「代々木公園駅」の1番出口を利用して、いずれも徒歩1分ほど。

 

外観だけを見ると、パン屋さんというよりも和風な佇まい。初めて訪れる方だと「ここ何屋さんだろう?」ってちょっとドキドキする外観ですね!

365日の外観

駐車場

「365日」のお店自体には専用駐車場はありません。

そして近隣の駐車場は、渋谷区・代々木公園の駅近ということもありかなり高いです。店のすぐ横にあるコインパーキングは30分500円。すぐ近所には、20分700円というところも・・・。

365日の周辺駐車場

 

「ちょっと歩いてでも安いところがいい」「駐車場探しで絶対に苦労したくない」という人は、以下であらかじめ予約してから行くのも一案です。

 

また「テイクアウト」ではなく「イートイン」をゆっくり味わいたい方は、電車で行く方がおトクです!


スポンサーリンク

【代々木公園】365日でパンを買ってみました【購入レポ】

365日でパンを買ってみたときの状況をレポートしますね。

365日の混み具合は?

今回は日曜日の朝9時ごろに訪問。ちなみに年中無休ですが「2月29日」のみ定休日です(つまり、365日営業!)

 

日曜日の朝、遅くゆっくり過ごしたくなるような時ですが、朝7時から営業のイートインはすでに満席!

イートインは全部で6席。雰囲気もじっくり味わうお店なので客回転もゆっくり。人数×10分くらい待つのかな、という印象です。

パンは全部で50種類ぐらい

パンの種類は全部で50種類ぐらいですね。

まるで「ケーキ屋さんの陳列」のように、一つ一つが大切に扱われているのを感じます。

 

雰囲気としては、福岡・箱崎にあるパン屋さん「パンストック」をコンパクトにしたようで、なんだか高級ブティックに来たような気分になりましたよ。

テイクアウトで購入してみました

今回は次の仕事があったので、イートインは諦めてテイクアウトで購入しました。

今回買ったパン
  • クロワッサン
  • 食パン(1/2サイズ)
  • カレーパン
  • アップルパイ

一番人気は「クロッカンショコラ」とのことです。それではさっそく食べてみましょう!


スポンサーリンク

【代々木公園】365日のパンは、サクサクの作り方が天才的に美味しい!

それでは、実際に食べてみたパンをレビューしますね。

クロワッサン

365日の「クロワッサン」

 

最初はクロワッサンから。はじめて訪れるお店では「クロワッサン」を感じるのがわたしのポリシー。

直径7~8cmほどの小ぶりなパンをほおばると・・・

「サクサク」って音が口の中でしっかり響きます。なのにバターの重さをまったく感じない!

 

「クロワッサンの食べ放題」で、好きなだけ食べたくなってしまう! ※このクロワッサンとジャムだけで、1,500円食べ放題でも行きたいレベル!

365日食パン(ハーフサイズ)

365日の「食パン」 ※ハーフサイズ

 

2種類ある食パンから「365日×食パン」をセレクト。1本とハーフサイズの2サイズありました。

ハーフサイズで長さ7cmのキューブ状。小ぶりなサイズですし、中身が実にしっとりしていて1人でもペロリと食べられちゃいます。

カレーパン

365日の「カレーパン」

 

見た目が「マッシュルーム」のようなカレーパン(250円)

これは予想と異なったかな・・・。

正直なところ、まったく印象に残りませんでした。街のパン屋さんのような「たっぷりのカレールー」が入ったものとはちょっと異なります。

普段のカレーパンと思って食べるとちょっと予想外に。好みが分かれそう(言い換えると「大人向け」のカレーパンです)

アップルパイ

365日の「アップルパイ」

 

 

アップルパイは、クロワッサンと同様に「サクサク」な食感の作り方が実にうまい!

400円以上するので、他のパン(大半は200円台)と比べても料金が高めなのですが、それでも食べる価値大!

 

なるほど!

このお店は「食感」を大切にしてくれるんだ。口の中で広がる「サクサク」の作り方が天才的に上手く美味いパン屋さんですね~!!

 

食べながら「食感がジェニックなパン屋さん」というキーワードが浮かびました。

フォトジェニック/インスタ映え(写真写りが良い、写真向きである)というよりも、サクサクの食感とバターの香りが強く残っています。

【代々木公園】365日のアルバイト・求人情報

 

「365日」や、姉妹店の直営店「12/10(ジュウニブンベーカリー)」など、系列会社の「ウルトラキッチン」では不定期に「タウンワーク」でスタッフさんを募集しています。

人気のパン屋さんでの製造や販売スタッフに興味がある人はぜひ!

CHECK NOW

【代々木公園】365日は行く価値大で一度は訪れたいパン屋さん

本記事は代々木八幡・代々木公園にあるパン屋さん「365日」の紹介でした。

1つ1つのパンは小ぶりで、料金もちょっと高めです。今回は4個で1,100円くらいしました。それでも、その金額の価値はあると理解できたパン屋さん。

 

特に「クロワッサン」やバターをふんだんに使った「パイ系のパン」が一押しです!次回は朝早くに起きて、イートインでゆっくり味わってみたい!

ショップ情報

  • 365日
  • 住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-6-12
  • TEL:03-6804-7357
  • 営業時間:7:00~19:00
  • 定休日:不定休
  • 駐車場:なし
  • アクセス:小田急線代々木八幡駅南口、千代田線代々木公園駅1番出口 いずれも徒歩1分
  • ホームページ:公式ぐるなび
  • 求人情報:タウンワーク

 

最高級のパンは、いい包丁でスライスしてあげよう!

「日本最大の刃物の都、岐阜県関市で生まれた貝印」×「代々木八幡の行列ができるパン屋さん「365日」の杉窪章匡さん」が共同開発したパンきり包丁がおすすめ。