【感動!】パンストック 箱崎本店│福岡の大人気ベーカリーを訪問、めんたいフランスの焼き立てが超絶美味しかった!

各地に出張で行く中で、間違いなく「博多」が好きな街のベスト3に入るふじたん(@shinjifujita)です。

もつ鍋や博多グルメだけでなく、じつはこの街にはずっと行きたかったパン屋さんがあるんです。

それが本記事で紹介する「パンストック」(Painstock)というお店。

先日の福岡出張の合間の移動中にランチで寄ることができました!とにかく類を見ないベーカリーで感動!

 

本記事は「パンストック箱崎本店」での実食レポート。

店内の雰囲気やメニュー、イートインの様子、実際に食べてみた感想を紹介します。なかでも明太フランス(めんたいフランス)が絶品!

MEMO

2014年に訪問したのをベースに、最新の内容に大幅に加筆しています。

もし訂正すべき内容がありましたら、お問合せから教えていただけると幸いです。

【福岡】パンストックの基本情報

まずは、パンストックの基本情報から。

基本情報

パンストック(Painstock)とは、福岡・箱崎で2010年から営業しているパン屋さん。

オーナーシェフの平山哲生さんが、㈱ユーハイム、ダンディゾン(東京都武蔵野市)を経て独立開業しました。

パンストックの外観

 

過去には、SmaSTATION「博多メシ&混雑スポットランキング」(2013年10月19日放映)にて、見事に第3位に!

「めんたいフランス」のおいしさでその名をとどろかせ、今や県外からもパンを求める客が訪れるほどの有名店です。

2019年には2号店もオープン!

2019年8月には、2号店「ストック」(Stock)もオープン。

西中洲の天神中央公園(福岡市中央区)内「ハレノガーデン」に誕生したお店は、スペシャルティコーヒーの名店「COFFEE COUNTY」とのコラボ店。

コーヒーカウンターが併設され、最高のコーヒーとフードを店内で楽しめたり、焼きたてパンのモーニングプレートも食べられます。

【福岡】パンストック箱崎本店のショップ情報・駐車場・混み具合

パンストック箱崎本店のショップ情報、駐車場、わたしが訪れたときの混雑状況を紹介します。

ショップ情報

パンストック箱崎本店の住所や営業時間などの基本情報は以下です。

ショップ情報

  • パンストック箱崎本店(Painstock)
  • 住所:福岡県福岡市東区箱崎6-7-6
  • TEL:092-631-5007
  • 営業時間:10~19時
  • 定休日:月曜・第1、第3火曜日
  • 駐車場:7台
  • アクセス:JR鹿児島本線 箱崎駅、地下鉄箱崎線 箱崎九大前駅 いずれも徒歩で約15分

アクセス

「パンストック箱崎本店」は、JR鹿児島本線の箱崎駅から徒歩15分ほどです。博多・天神からは、空いていれば車で約15分くらい。

駐車場

専用駐車場は約7台あります。

 

混雑すると駐車場に入るまでに列ができることもありますが、イートインを利用するのは全体の1~2割ほど。

そのため客回転は早いです。複数人で来ている人は、運転手だけ列にならんで買い出しに行く人も多数。

土曜日の昼下がりの行列がすごかった!

今回は、土曜日の13時ごろに訪問しました。

パンの陳列スペースには常に10名前後は人がいつつ、レジ前でも常に10名くらい並んでいたんですよ!

土日祝の昼間に行くときは、所要時間20~30分は覚悟が必要ですね。


スポンサーリンク

【福岡】パンストック箱崎本店での購入レポート

駐車場に車をとめた瞬間から「パンストック」にはビックリします!店内の雰囲気やイートインについて紹介します。

車を降りた瞬間から香りにテンションが上がる

パンの焼きあがる香りが超強烈!!

おそらく「換気扇」が駐車場側にあるのかな!?車で行く郊外店でも、ここまで強烈な香りを漂わせるお店には、出会ったことがありません。

ただでさえ楽しみな上、この第一印象が加わってテンションが更にアップするんですよ!

いよいよパンストックの店内に入ります

百貨店内の高級ブティックのような雰囲気

そして、店内に入ってビックリしました。

まるで「百貨店内の高級ブティック」のような雰囲気なんです。

パンストックのインテリア

 

グレーの壁のシックな色と、ナチュラルブラウンで平積みのパンの陳列。たくさんのパン屋さんを訪れた中でも、初めて味わう異質な空間にドキドキ。

カウンター5席のイートインは「ドリンク持参」がおすすめ

店内にはカウンター形式のイートインスペースも5席あります。

子連れの家族には向きませんが、1~2人でのお出かけならイートインで焼き立てパンを食べるのもあり!

なお、店内でのドリンク販売はありませんので、ペットボトルなどの持参がオススメです。


スポンサーリンク

【福岡】パンストック箱崎本店の実食レポート。めんたいフランス!!

滅多に訪れる機会がなさそうなので、迷いに迷った挙句いくつかセレクトしてイートインを利用しました。

初めていく店で必ず食べる「クロワッサン」は残念ながら売り切れ・・・。涙

パティシエール・ド・パンストック

パティシエール・ド・パンストック

 

クリームパンに似ているんですが、何なんだろう・・・この味は!?

カスタードクリームの舌触りが独特で、滑らかというより口の中で重たく絡まるの。そして、濃厚な香りが広がる一品!

ポテト・ハムのフランス風

 

すいません、正確な名前を忘れました・・・。

こういう惣菜パンって「具材が勝ってしまう」ことが多いですよね。チーズとかハムとかブラックペッパーとか。

でもこの一品は、明らかにパンの方が勝っているの!!

最初に具材の食感がくるんですが、後からモチモチのパンが強烈にやってきます!このバランスはすごい!

焼き立ての「めんたいフランス」と対面!

そして、お待ちかね!一番人気の「めんたいフランス」の焼き上がり!

パンを買っている最中に「ちょうど30分後に焼きあがる」というので、イートインでゆっくり味わいながら待っていたんですよ。

パンストックの「めんたいフランス」と対面!

 

25センチくらいの長さで、2~3人でのシェアにもいい特大サイズ。といいつつ、自分だけで独り占めしたくなるの。

 

もう・・・なんなのこの美味さは!!!!!

 

バケット、明太子、バターの繰りなす三重奏。

 

こんなに美味い「めんたいフランス」に初めて出会いました。今まで各地で食べてきた「明太フランス」とまるでレベルが違う!!

何年も経った今でも、この味を思い出します。

 

じつは、翌月の出張のときにも再訪しました。

はじめて訪れた1か月後に再び訪問!

フランス産クリームチーズとベーコンのミニバケット

上の写真の右下のパンです。

ベーコンはアクセント的な役割で、クリームチーズ入りのバケットという感じ。

でも、このチーズにはない香ばしさやお肉の香りが、絶妙のアクセントで効いているんですね~。

カカオ・ド・ショコラ

写真の右奥のパンは、焼きたてにつられて、つい手にとった一品(笑)

甘すぎず苦すぎず、それでいてカカオの香りが濃厚。そしてパンはフワフワ。

これは「熱々のブラックコーヒー」を横に置きながら食べたい一品。

ボストック

写真左奥のパンです。直感で選んでみましたが、はじめて出会う味!

中にブルーベリージャム、外にはアーモンドをまぶして焼いている、ケーキのようなパンでした。

MEMO

ボストックとは「ブリオッシュ」をベースにしたアレンジなんだそうです。

厚めにスライスしたブリオッシュにたっぷりとシロップを染み込ませて、アーモンドクリームを塗って焼き上げるスイートなパン。

 

とにかく、1つ1つのパンが印象に残っています。その中でもやっぱり「めんたいフランス」は断トツ!

【福岡】パンストック箱崎本店はぜひ訪れたいパン屋さん【まとめ】

本記事は、福岡・箱崎にある「パンストック箱崎本店」の訪問レポートでした。

いまだに忘れられない名店です。

また博多に行く機会があれば、真っ先に予定をブロックして訪れたいお店。

たくさん試食も陳列してあるので、お気に入りを探しながら、ぜひパンストックの世界を楽しんでみてくださいね!

ショップ情報

  • パンストック箱崎本店(Painstock)
  • 住所:福岡県福岡市東区箱崎6-7-6
  • TEL:092-631-5007
  • 営業時間:10~19時
  • 定休日:月曜・第1、第3火曜日
  • 駐車場:7台
  • アクセス:JR鹿児島本線 箱崎駅、地下鉄箱崎線 箱崎九大前駅 いずれも徒歩で約15分
  • ホームページ:ぐるなび公式Facebookページ公式インスタグラム

 

ブログランキングに参加しています

最後に、ポチっとしていただけるとパン食べ歩きの励みになります。

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ 

福岡・博多で合わせておすすめの必食グルメ

福岡・博多グルメなら以下もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。