≫ 【Go To トラベル】パン屋を巡る旅に行こう(クーポン情報)

【東京駅】ブルディガラ トーキョー 実食レポート│グランスタに2020年7月9日リニューアルオープン!メニューや雰囲気は?

各地の美味しいパン屋さんの食べ歩きがライフワークのふじたん(@shinjifujita)です。

JR東京駅といえば、新幹線や特急列車のターミナル駅でもあり、出張や旅行でひんぱんに利用するターミナル駅。

この東京駅構内のグランスタに「ブルディガラトーキョー」(BURDIGALA TOKYO)が2020年7月9日にリニューアルオープンしました!

 

今回はリニューアルオープンに先立ち、内覧会に参加してきました。

本記事では、ブルディガラトーキョー(ブルディガラ東京)の雰囲気、パン・カフェのメニューをはじめ、スタッフさんに実際に聞いてきたことも合わせて紹介します。

ブーランジェリーブルディガラ とは?

BURDIGALA(ブルディガラ)は、 “日常生活を少しだけ上質に”をブランドコンセプトとしつつ、さまざまなパンやサンドイッチを展開しているベーカリー。

創業1936年、全国に約100店舗の喫茶・カフェ・レストラン・ブーランジェリーを運営している「株式会社トリコロール」によるブランドです。

 

ブルディガラブランドとしては、ベーカリーやカフェを合わせて、2020年7月現在で全国各地に10店舗あります(広尾本店/JR東京駅/丸の内に2店舗/日吉/浦和/木更津/京都に2店舗/大阪)

 

なお「ブルディガラ」とは、古代のラテン語で「ボルドー」地方の意味。

ボルドー地方の肥沃な土地は豊かな地の恵みを受け、類いまれな豊かな食文化を育みました。この食文化をパンを通じてお客様に提案していくという理念のもとに誕生したブランドです。

【東京駅】ブルディガラトーキョー の基本情報

ブルディガラトーキョーでは、広尾本店の世界観を大切にしつつ、東京駅を利用されるさまざまなシーンを想定したショップを展開しています。

ショップ情報

ブルディガラトーキョーのショップ情報は以下です。

ショップ情報

  • ブルディガラトーキョー(ブルディガラ東京)
  • 住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内B1
  • TEL:03-3211-5677
  • 営業時間:7:00~22:00(日・祝は21:00)
  • 定休日:なし
  • 駐車場:なし
  • アクセス:JR東京駅構内
注意

新型コロナウィルスの感染防止のため、当面のあいだは平日は~20:00、土日祝は~19:00の営業です。

 

JR東京駅構内のグランスタB1Fにあります。下の写真でいうと「現在地」と書かれているあたり。

ブルディガラトーキョーのMAP

2020年7月9日にリニューアルオープン

以前は同じ場所で「ブルディガラエクスプレス」としてベーカリーとカフェを営業していましたが、今回のリニューアルで新たに2つのショップも誕生しました。

ギフトショップの「BURDIGALA PATISSERIE」(ブルディガラパティスリー)、コーヒー・クロワッサンをすぐに利用できる「CAFE TO GO」(カフェトゥゴー)もオープン。

ブルディガラトーキョーのエントランス

 

また、店舗のオープン特典もあります。

2020年7月9日~18日までの10日間、毎日「TOKYOパヴェ6個セット」か「TOKYOバブカ」をご購入の先着50名様に、「ブルディガラトートバッグ ピンクカラー」(非売品)のプレゼントもあります。

 

白・黒は店内でも販売していますが、この非売品はブルディガラ好きにとって必ず欲しいアイテムです。

ブルディガラトーキョーで販売しているトートバッグ


スポンサーリンク

【東京駅】ブルディガラトーキョーのパンやカフェメニュー

ブルディガラトーキョーの主な店内構成を紹介しますね。店内はかなり広々としています。

コンセプトは「ハイテク&ハイタッチ」

リニューアルオープンしたショップのコンセプトは「ハイテク&ハイタッチ」

店内数か所ではデジタルサイネージを使用して、時間帯ごとのおすすめメニューを表示したり、4か国語対応のメニューもあります。

また、レジの奥がオープンキッチンになっており、躍動感や手作り感、そして香りがどんどん伝わってきます!

ブルディガラトーキョーのオープンキッチン

カフェ トゥ ゴー

「CAFE TO GO」(カフェトゥゴー)は、挽きたて淹れたてのコーヒーをすぐに提供するエリア。

中央のレジに並ばずにすぐにオーダーできるので、新幹線の出発が迫っている出張族にも嬉しい!

ブルディガラトーキョーのカフェトゥゴー

 

コーヒーは、1936年創業の銀座トリコロール本店が監修したオリジナルブレンド豆を使用。

中南米高地産の豆を使用した味わい深いコーヒーや、焙煎の異なる2種類の豆をミックスして濃く抽出したアイスコーヒー、さわやかな柑橘系の酸味とコクを楽しめるトアルコトラジャなどを用意しています。

 

コーヒーの他にも、レモネードやバナナジュース、クラフトコーラなども用意。すべてのドリンクメニューは以下です。

ブルディガラトーキョーのドリンクメニュー

パンの販売コーナー

「ハード系」と呼ばれる欧州スタイルの食事パンを中心に、約70種類のパンやサンドイッチを販売しています。食事パンは250円~450円+税ぐらいの商品が大半です。

 

食事パンのコーナー:プロバンスやフォカッチャなど。

ブルディガラトーキョーの食事パン

 

スタッフさんが特に一押しなのは「クロックムッシュ」です。焼き立ての時間帯に訪れたら、必ず食べてみてほしいアイテム!

ブルディガラトーキョーのクロックムッシュ

左:クロックムッシュ・ブルディガラ(460円+税):カントリーローストとベシャメルソースに2種チーズ(グリュニエール&チェダー)を合わせたもの

右:クロックムッシュ(360円+税):ロースハム、ベシャメルソース、チーズをトッピングした定番商品

 

サンドイッチコーナー:カスクルートや、サンドイッチが10種類ほど。

ブルディガラトーキョーのサンドイッチ

 

サバのスパイシーカレーサンド(460円+税)や、チキンとクリームチーズのサンド(350円+税)など、多国籍を意識したちょっと珍しいサンドもあります。

ブルディガラトーキョーのサンドイッチ(アップ目)

 

クロワッサン、ブリオッシュ、スコーン、パンオレザンなど、コーヒーに合いそうなパンもたーくさん。

ブルディガラトーキョーのヴィエノワズリー

 

食パン・バゲット・ハード系も10種類以上あります。

ブルディガラトーキョーの食パン・ハード系パン

 

購入して店内のイートインスペースで食べるのにも、仕事終わりに立ち寄って明日の朝食パンを買うのにも使えるエリアです。

イートイン

イートインはドリンクのオーダーを行わなくても利用可能です。

ただし、新型コロナウイルスの感染症対策を行っており、水のサービス提供はありません。また、客席数はテーブル席9席とカウンター席9席と減らしています。

ブルディガラトーキョーのイートイン

 

右側のカウンター席には、各席ごとに電源もあります。

アラジン製のオーブントースターも用意されており、お好みでトーストして食べることも可能です。

ブルディガラトーキョーのイートイン用トースター

 

イートイン席は意外と奥まっていて死角になっています(正面入り口からはほぼ見えません)

そのため、駅構内を行き交う人を気にせずにゆったりと過ごせますよ。


スポンサーリンク

【東京駅】ブルディガラトーキョーのお土産コーナーが秀逸!

「ブルディガラ パティスリー」と称したお土産コーナーが充実しています。JR東京駅限定の商品もいくつもあるんですよ!

東京パヴェ

東京駅の「お土産ランキング」でもたびたび登場する人気商品の「TOKYOパヴェ」(当店限定)が、パワーアップして復活登場!

ブルディガラトーキョーの「東京パヴェ」

 

コンセプトは「大人のメロンパン」。

ラムリキュールの心地よい香りが口の中に広がるプレーン味をはじめ、全部で6種類(抹茶・アールグレイ・カカオ・カシスクリームチーズ・チョコミント)

商品名の「パヴェ」はフランス語で「石畳」を意味しており、横並びにしてみると実にカワイイです。

焼き上がり時間は、7:00、10:30、13:30の1日3回です。

 

TOKYOパヴェ用の専用ギフトBOX(100円+税)もあります。

6種類のTOKYOパヴェを1つずつ入れたり、クロワッサンやお好みのパンを入れることもできます。

ブルディガラトーキョーの「ギフトBOX」

東京バブカ

バブカ(Babka)はユダヤ系発祥のパンで、ニューヨークで大人気になったパン。TOKYOバブカは、この商品をブルディガラ風にアレンジした商品です。

2020年6月には、セブンイレブンでも「バブカ!!」という菓子パンが登場したので「見たことある!」という人も多いかもしれませんね。

ブルディガラトーキョーの「TOKYOバブカ」

 

ヘーゼルナッツペースト入りチョコレートと、チェリーを編み込んだ、シナモンが香る大人のご褒美のパン。数日間は日持ちするので、切り分けて少しずつ食べることもできます。

ブルディガラトーキョーの「TOKYOバブカ」をカットした状態

広尾のビスチィーヌ

広尾のビスチィーヌは「東京都港区・広尾在住の女性が、愛犬と散歩の途中に、広尾の憩いの場 有栖川宮記念公園のベンチで、ほっと一息、お気に入りのコーヒーと一緒に楽しむ、大人の手軽なご褒美おやつ」をコンセプトにしたお菓子。

ブルディガラトーキョーの「BURDIGALA PATISSERIE」

 

クローブ、カルダモン、ナツメグ、ジンジャー、シナモンを独自にブレンドして焼き上げたビスキュイに、ガナッシュを挟んで焼き上げたビスキュイサンドクッキーです。

 

広尾本店・TOKYO店で「クランベリーチーズ」を発売し、「ピスターシュ」と「焦がしキャラメル」はブルディガラ トーキョーでしか買うことのできない限定商品です(3種類買えるのはTOKYO店だけ!

ブルディガラトーキョーの「広尾のビスチィーヌ」

左から、ピスタージュ・焦がしキャラメル・クランベリーチーズ

【東京駅】ブルディガラトーキョーでの時間帯ごとの過ごし方

簡単にいうと、朝の出社前や新幹線・特急列車の乗車前にサクッと立ち寄ったり、手土産を購入したり。打合せの合間にパンランチやアフタヌーンティーを過ごしたり。

また、仕事終わりに明日の朝ごはんのパンを買ったり、ちょっと一杯飲んでいくこともできます。

モーニング(7:00~10:00)

朝の出社前や新幹線の乗車前には、カフェトゥゴー(Cafe To Go)で中央レジを使わずにサクっと購入可能です。

 

モーニングメニューでは「コーヒー+クロワッサン」(orクロワッサンショコラ)のメニューがお得です。

通常はアイスコーヒーだけで400円+税ですが、モーニングメニューではクロワッサンを追加しても同じ料金なんですよ!

 

他にも、熟成されて凍らせたバナナを1.5本使っているバナナジュース(朝7:00~10:00限定)で、朝からシャキッとすることもできます。

ブルディガラトーキョーの「バナナジュース」

ランチ(10:00~14:00)

ランチ限定のメニューは「TOKYOカレーパン」(980円+税)

実は「ブルディガラ エクスプレス」には、TBS系列「マツコの知らない世界」でも紹介された有名なカレーパンがあるのですが、こちらはイートイン限定の「包まれていないカレーパン」です。

ブルディガラトーキョーの「TOKYOカレーパン」

 

女性に人気の「バターチキンカレー」を酸味を利かせたオリジナルパン(バゲット・マルシャン)に注ぎ、ここにクロテッドクリームを添えて提供されます。

ランチでカレーを食べるとき、汗をかきたくないですよね。辛さがほとんどないので、打ち合わせの合間のランチにも食べやすいです。

 

ちなみに、スパイスがたっぷり効いたカレーを欲する人は、東京駅八重洲口から徒歩5分ほどの「ダバインディア」もおすすめ!

アフタヌーン(14:00~17:00)

ランチの限定メニューは「モンブラン・ブリオッシュ」(800円+税、イートイン限定)

ブルディガラトーキョーの「モンブラン・ブリオッシュ」

 

カシスリキュールを染み込ませた自家製ブリオッシュに、注文が入ってから作る絞りたての和栗のクリームが上に添えられます!

 

幾重にも口の中に広がる濃厚の甘味に、最後に一振りするレモン果汁の酸味が加わって極上のアフタヌーンタイムにぴったり。

東京駅でのお買い物の合間や、3時のスイーツとしてちょっとしたご褒美に嬉しくなります。

 

モンブラン・ブリオッシュの他には「広尾のシュークリーム」もあります。

ディナー(16:00~LAST)

ちょっと早い夕方からは、ワインを片手に軽く一杯過ごすこともできます。

清澄白河にある「フジマル醸造所」の日本産ワインや、ピッツァ(マルゲリータ・カマンベール・翡翠ブルー)、チーズ&パンの盛り合わせが用意されています。

ブルディガラトーキョーの「ディナー」ではワインもあります

 

チーズは、長野県東御市で人気の「アトリエ・ド・フロマージュ」の商品。

打合せが終わってちょっと早めの一杯を過ごしつつ、お夜食や明日の朝のパンを買って帰るシーンが思い浮かびます。

【東京駅】ブルディガラトーキョーは朝から夜まで使えるベーカリーカフェ

本記事では、JR東京駅構内の「グランスタ」にリニューアルオープンした「ブルディガラトーキョー」(BURDIGALA TOKYO)を紹介しました。

正直なところ、思っていた以上に色々な利用シーンが思い浮かびましたね!

 

じつは今まで、東京から名古屋・新大阪方面に新幹線を利用するときは、JR品川駅の「Paul」を利用することが多かったんです。

「ブルディガラトーキョー」の存在を知ったことで、自分用のパンをだけではなく東京駅限定のお土産も合わせて購入できるので、使い勝手がいいですよね!

 

本記事を読まれた皆さんが、JR東京駅を利用するときの参考になれば嬉しいです。

ショップ情報

  • ブルディガラトーキョー(BURDIGALA TOKYO)
  • 住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内B1
  • TEL:03-3211-5677
  • 営業時間:7:00~22:00(日・祝は21:00)
  • 定休日:なし
  • 駐車場:なし
  • アクセス:JR東京駅構内
  • ホームページ:https://www.tokyoinfo.com/shop/mall/gransta/burdigala.html

 

ブログランキングに参加しています

最後に、ポチっとしていただけるとパン食べ歩きの励みになります。

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ 

東京駅周辺で合わせておすすめのパン屋さん

JR東京駅周辺のパン屋さんなら以下もおすすめです!

【厳選】東京都内のおすすめパン屋さん12選│美味しくて行列に並んででも行きたい!パンマニアの一押し店を紹介! 【東京駅】ポワンエリーニュ|新丸ビル内の「パン食べ放題ランチ」のメニューやボリュームやお得感は?【実食レポ】 【錦糸町】白か黒か│高級食パン専門店が2019年9月オープン!アクセス、メニュー、予約可否や混み具合、求人情報は【実食レポ】 【実食レポ】ブラザーズ 人形町本店│グルメバーガーの聖地を巡礼してきた!混み具合や待ち時間、おすすめメニューは?
【Go To トラベルキャンペーン】パン屋巡りの旅に行こう(クーポン情報)
くわしくはコチラ
【Go To トラベルキャンペーン】パン屋巡りの旅に行こう(クーポン情報)
くわしくはコチラ