アルカション│保谷・西東京のパティスリー&ベーカリーを訪問。フランス情緒があふれるゆったり手帳を開きたくなるお店

パン食べ歩きが大好きな、ふじたん(@shinjifujita)です。地元の西武池袋線沿いのお店巡りで、今回は保谷へやってきました。

保谷駅前に「ケーキとパンが美味しいお店がある」という噂を聞いてやってきたのは「アルカション」というお店。

そこはまるで、フランスの異国にやってきたかのような雰囲気でした。

 

本記事は「アルカション」のパンを中心とした食レポです。

外観や店内の雰囲気、アクセスや駐車場、ケーキやパンのメニュー、実際に過ごしてみた感想をまとめました。

【保谷】アルカションはどんなお店?

アルカション(Arcachon)とは、西武池袋線の保谷駅近くにある洋菓子専門店のお店。

このお店の由来となっている「アルカション」(Arcachon)とは、フランスのボルドー南西の大西洋沿いにある街。フランス南西部のリゾートエリアとして知られています。

 

フランスの土地の名前を冠にした、異国情緒があふれるお店の外観はこちら。

アルカションは、フランスの地名が由来

 

西武池袋線の保谷駅から徒歩3分ほどの路面に、ほかとは明らかに違う三角屋根の建物。ここが今回の目的地の「アルカション」です。

現在は「アルカション保谷本店」の他に、練馬駅近くに「アルカション練馬店」の2つのお店があります。

MEMO

練馬店は、2018年9月にテレビ朝日系列「夜の巷を徘徊する」という番組にて、マツコ・デラックスさんが訪問したお店です。

【保谷】アルカション│基本情報、アクセス、駐車場

アルカション(Arcachon)のショップ情報、アクセス、駐車場を紹介します。

アルカションのショップ情報

アルカションの住所や営業時間などの基本情報は以下です。

ショップ情報

  • アルカション保谷本店(Arcacion)
  • 住所:東京都練馬区南大泉5-34-4
  • TEL:03-5935-6180
  • 営業時間:10:30~20:00
  • 定休日:月曜定休(祝日は営業)
  • 駐車場:なし ※近隣にコインパーキングあり
  • アクセス:西武池袋線保谷駅 徒歩3分

アルカションへの行き方

アルカションは、西武池袋線の保谷駅から徒歩3分ほどの場所にあります。

保谷駅改札を出たら右に曲がり、ロータリー横の「ねぶた茶屋」の脇を入ります。

「ねぶた茶屋」と「保谷駅」のあいだの道を進みます

 

そのまま線路沿いを大泉学園駅方面へ進み、業務スーパーが見えた突き当たりを左折すると、すぐ目の前の右側にあります。

業務スーパー保谷店の先にアルカションはあります

駐車場

アルカションのお店自体の駐車場はありませんが、向かいにコインパーキングがあります。

20分100円の有料駐車場ですが、店内で買い物をすると「1,000円で20分、2,000円で40分」のサービス券をもらえます。

アルカションを利用すると、サービス券がもらえます


スポンサーリンク

【保谷】アルカションの雰囲気とメニュー

アルカションの店内に入ってみましょう!

常にお客さんがやってくる人気のケーキ屋さん!

アルカションの店内は、カウンター3席・2名掛けテーブル3卓で合計9席あります。

今回は店内でイートイン目的だったので、1時間近く滞在。

すると・・・、とにかく絶え間なくお客さんがやってくるんですよ。つねにカウンターの前で数名がパンやケーキを品定めしている状態。

アルカションの主なメニュー

アルカションのメニューは、ケーキは50種類近く・パンも30種類以上!とにかく選ぶのに迷います。

ケーキがメインの洋菓子店において、これだけの種類のパンを取り扱うのは珍しい!

 

パンの方は、食事系の惣菜パンやパニーニは合わせて5種類くらい。大半のパンがお菓子系(=コーヒーと合わせたくなるような甘めのパン)ですね。

パンは1個200円前後、10種類ほどあるタルトは1個300円前後から揃っているのが嬉しいです!

お昼のランチセット

お昼にはランチセットもあります。ランチセットの構成は以下です。料金は1,250円。

  • サンドイッチ or グラタン+ブリオッシュトースト or キッシュ+ブリオッシュトースト
  • サラダ
  • ドリンク

また、鶏もも肉のコンフィなどがついた食事セット(1,650円)もあります。

しっかり食事をしたい方はこのランチセットもありですが、好みのパンやケーキをオーダーする方が、正直なところリーズナブルではあります。

デュネットという焼き菓子が看板メニュー

実は、このお店「アルカション」の看板メニューが「デュネット」(Dunette)という商品。

フランス・ボルドーのマルケ(marquet)という修行先から、日本で唯一認められたという商品なんだそうです。

アルカションの看板メニューは「デュネット」

 

ひとくちサイズの小さな三角形のお菓子は、ひとくち食べるとコニャックの香りが強めに効いた大人のスイーツ!

8個入り(850円・税別)と、約15個入り(1,150円・税別)があり、ホワイトデーのギフトにしようかとひそかに画策中。


スポンサーリンク

【保谷】アルカションのパンの実食レポート

それでは、アルカションで実際に食べたものを紹介します。

今回は、気になったパン3つと、完熟オレンジジュースをオーダー。

アルカションのパンをオーダーしてイートインで利用しました

クロワッサン

しっかりたっぷりバターを使ってるはずなのに全くくどくない。むしろあっさり。

こういうパティスリー&ベーカリーのお店では、バターたっぷりで濃厚なクロワッサンなことが多いのですが、これは予想を裏切ってきました!

もしかしたら、軽く温めてくれる影響もあるのかな?

パンプロヴァンサル

洋菓子店ということもあり、アルカションでは数少ない「惣菜系」のパンです。

トマトやオリーブを使ったパンは、もう少しブラックペッパーやバジルとかでアクセントを効かせるとうれしいですね。

よく言うとシンプル、悪く言うとちょっと薄味で物足りなかったかなー。

ブリオッシュ

ブリオッシュは、上が「スポッ」と取れるのが可愛い!

ブリオッシュはちょっと珍しい形

 

一口サイズのブリオッシュは、小さな子供たちにも喜ばれそう。というか奪い合いになりそう。

ドリンクは「完熟オレンジのストレートジュース」(380円)にしてみました。

パンもケーキもイートインができる

そして「アルカション」のいいところは、パンを食べ終わった後に好きなケーキを選べること。

カウンターで吟味したケーキの中から、今回は「洋ナシとケシの実のタルト」にしました。

食後のデザートは「洋ナシとケシの実のタルト」

 

季節のフルーツを使ったタルトだけでも、実に10種類くらいあります。

タルト生地のザクザク感はさすが!サクサクというよりも「ザクザクッ」という表現がぴったり。

【保谷】アルカションは、手帳を持参していきたいパティスリー【まとめ】

今回は保谷駅近くの洋菓子屋さん「アルカション」の訪問レポートでした。

一つ一つのパンも美味しく、そして優しい味。

何より地元の方がひっきりなしに訪れてくるところに、愛されているお店だなというのがよく伝わりました。

 

惣菜パンや食事パンとして濃いめの味を堪能するというより、ゆっくり過ごしながら食べるのにぴったりなパンが勢ぞろい。

今度イートインを利用するときは、昼下がりに本と手帳を持参しよう。そんなことを思い立ったひとときでした。

ショップ情報

  • アルカション保谷本店(Arcacion)
  • 住所:東京都練馬区南大泉5-34-4
  • TEL:03-5935-6180
  • 営業時間:10:30~20:00
  • 定休日:月曜定休(祝日は営業)
  • 駐車場:なし ※近隣にコインパーキングあり
  • アクセス:西武池袋線保谷駅 徒歩3分
  • ホームページ:http://arcachon.co.jp/
  • 口コミ:レッティ

 

ブログランキングに参加しています

最後に、ポチっとしていただけるとパン食べ歩きの励みになります。

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ