ブーランジェリー ベー│大泉学園のパン屋さんは、開店前から行列ができる人気店!メニューや混み具合を紹介【実食レポ】

西武池袋線沿いの東久留米に住んでいる、ふじたん(@shinjifujita)です。

大泉学園に美味しいパン屋さんがある。そんな噂を聞きつけてやってきたのは「ブーランジェリー ベー」というお店。

 

大泉学園駅から徒歩圏内の住宅街にありながら、Tジョイ大泉の映画館から大泉学園駅に向かう途中にあります。

なので、映画を見た帰りに寄りたくなる美味しいパン屋さんなんですよ!

 

ということで本記事は「ブーランジェリー ベー」の訪問レポート。

大泉学園駅からのアクセスや駐車場、お店の雰囲気や、実際に食べたパンの感想をまとめました。

【大泉学園】ブーランジェリー ベー│ショップ情報・アクセス・駐車場

まずは、東京都練馬区・大泉学園のパン屋さん「ブーランジェリーベー」について。

ブーランジェリーベーのショップ情報

「ブーランジェリーベー」の住所や営業時間などの基本情報は以下です。

ショップ情報

  • ブーランジェリー ベー(Boulangerie bee)
  • 住所:東京都練馬区東大泉3-16-32 コーポボヌール1階
  • TEL:03-5387-3522
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:日曜・月曜休
  • 駐車場:なし
  • アクセス:西武池袋線大泉学園駅から徒歩5分

 

はじめてこの名前を聞いたときは「Bee=ミツバチ?」はちみつを使ったパンが美味しいのかな!?

なんて想像をしていましたが、ヨーロッパのハード系パンを中心としたお店です。

大泉学園駅からのアクセス

ブーランジェリーベーは、西武池袋線の大泉学園駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

映画館「Tジョイ大泉」への行き方がわかる人にとっては、Tジョイ大泉と同じ方面。

 

駅北口に出て、鉄腕アトム、メーテル・星野鉄郎(銀河鉄道999)、矢吹丈(あしたのジョー)などの「大泉アニメゲート」などのモニュメントを通過して地上に降り

大泉学園はアニメの聖地

 

道なりに都道24号線(1つ目の信号)まで出て右折(=東方向に曲がります)

右手にファミリーマート、左手に「鈴木トリートメント・メソッド協会本部」がある場所の細い道を入ります(=「アコレ」の数十メートル手前です)

ここから50メートルほど進むと、左側に目的地があります。

「ブーランジェリーベー」のエントランス

駐車場について

ブーランジェリー・ベーには、専用駐車場はありません。

また、目の前の道路も一方通行で入れないため、近隣コインパーキングに停めることをおすすめします。

 

駅前なのでコインパーキングは多いですが稀に満車の場合も。

駐車場探しで苦労したくない」という方には、「軒先パーキング」や「予約できる駐車場 B-Times」など、事前に駐車場を予約するという方法もおすすめです。

【大泉学園】ブーランジェリー ベーは、買い方がすごく独特!【購入レポ】

さぁ、ブーランジェリーベーでパンを買ってみます。

ブーランジェリー ベーの外観と雰囲気

「ブーランジェリー ベー」の外観です。

ブーランジェリーベーの外観

 

お店自体にイートインはありません。

入口前に小さなサイドテーブルはありますが、子供連れの場合やペットとお散歩中の時などに、お連れの方が待機するスペースとして利用するのが自然です。

ブーランジェリーベーは買い方が独特

店内はカウンターのみでかなり手狭です。

その代わりに、焼きあがるパンの香りが充満していて、パン好きにはたまらない空間。

というか近隣住民の方にとっても「すごく幸せで食欲をそそる香り」でしょうね~。

 

このお店「ブーランジェリー ベー」は、パンの買い方が実に独特!

所狭しな店内のため、お客さんどうしで勝手に一列の整列が出来上がるんですよ。

 

今回は土曜日の11時頃に訪問。常に6~7名が店内に入り身動きをとるのもやっと。

一番後ろに並びながらカウンターやショーケースのパンをチェックして「次の方どうぞー」の合図がきたらオーダーする方式。

 

向かいの病院に通院していた地元在住の方によると、開店前には外まで行列ができることも!

こういうカウンター越しのパン屋さんで外まで行列ができるというのは、めったに聞きません。地元に愛されているのがよく伝わります。

パンの他にソーセージやチーズもあります

パンのメニューは、甘めの惣菜パンやハード系のパン、バケットなどが約30種類。

そして、サンドイッチの他にも、地元大泉学園の名店「ル・ジャンボン」のソーセージやハム、ヨーロッパから輸入されたチーズや、自家製ジャムも売られてます。

 

お散歩ついでに朝ごはんのパンを買いに来るだけでなく、休日のお昼下がりや夕方のおつまみにも欲しくなるものが揃ってます!


スポンサーリンク

【大泉学園】ブーランジェリーベー のパンの実食レポート

イートインはないため、今回はテイクアウトしました。早速、実際に食べたものを紹介しますね。

クロワッサン

「ブーランジェリーベー」のクロワッサン

 

比較的小ぶりなクロワッサンは、じんわりバターが多めのタイプ!

何個も手が止まらなくなる・・・というより、最初の1個としてじっくりゆっくり味わいたいタイプ。

ザワークラウトのホットドッグ

「ブーランジェリーベー」のザワークラウトのホットドッグ

 

ソーセージやハムが売りならば、やっぱり食べてみよう!ということで選んでみました。

長さ20cmほどのソーセージには、ほのかなカレー風味の隠し味。

「さすがっ!」と唸ってしまう一品。ブリオッシュ生地と合わせたホットドッグは、いくらでも食べられちゃう!

大人のコッペパン

「ブーランジェリーベー」の大人のコッペパン

 

個人的に一番ヒットした商品はこちらの「大人のコッペパン」です!

たっぷり入ったあんこは甘さ控えめ、中にはマーガリンではなくバターをつかっており、くどさも感じさせません。

コッペパンはバターとあんこのバランスがいい!

 

さすが「大人の」コッペパンですね。

フランスパン生地のコッペパンで外はサクサク中はしっとり、このコッペパンとコーヒーで朝を迎えたい。

カカオ

ふじたん

あと1個選ぶなら、どのパンがおすすめですか?

と聞いて、お店の方に勧められたのが「カカオ」という新商品です。

「ブーランジェリーベー」のカカオ

 

ココアと白ワインを練りこんだブリオッシュにチョコレートやアーモンドがコーティングされた一品。

最初は「あれ・・・!?」と違和感を抱くんです。なんか味が薄くない!?ってね。

 

実はその理由は最後に判明しました。

一番下に板チョコが入っているんですよ。上を食べて下を食べて・・・交互に食べるとバランスが良くなります(笑)

深めのコーヒーだけでなく、軽めの赤ワインと合わせるのもおすすめとのこと。


スポンサーリンク

【大泉学園】ブーランジェリーベーは、映画やアニメの聖地訪問の前後にもあり!

本記事では大泉学園にある「ブーランジェリー ベー」(Boulangerie bee)の紹介でした。

大通りから一本入った穴場にありながら「地元の方が教えたくない」パン屋さんですね。だってすでに混んでるんだもん・・・。

 

Tジョイ大泉学園で映画をみたり、大泉アニメゲートに立ち寄る前後に、駅までのお散歩の合間に寄りたいお店。

ただし夕方だと品切れ続出かも・・・。また、日曜日は定休日なのでご注意ください。

ショップ情報

  • ブーランジェリー ベー(Boulangerie bee)
  • 住所:東京都練馬区東大泉3-16-32 コーポボヌール1階
  • TEL:03-5387-3522
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:日曜・月曜休
  • 駐車場:なし
  • アクセス:西武池袋線大泉学園駅から徒歩5分
  • ホームページ:なし
  • 口コミ:レッティ

 

大泉学園で美味しいグルメなら、ハンバーガー屋「ブッチャーズテーブル」や昔ながらの喫茶店「甘味処 華樓(がろ) 」のホットケーキもおすすめ!

 

ブログランキングに参加しています

最後に、ポチっとしていただけるとパン食べ歩きの励みになります。

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ