豪雪堂│練馬駅前にコッペパン専門店が誕生!北海道北見産の食材と”ずっしり大きい”コッペパンで幸せ気分に

パンの食べ歩きが大好き、ふじたん(@shinjifujita)です。

練馬駅の近くに「コッペパンの専門店」が新たにオープン!その情報を仕入れたので訪問してきましたよ~。

 

今回は「北のコッペパン専門店 豪雪堂」(ごうせつどう)というお店の紹介。

オープン当初は大行列だったというこちらのお店。

練馬駅からのアクセス、混み具合、駐車場などの基本情報。そして、コッペパンのメニューや、実際に食べてみた感想を紹介します!

北のコッペパン専門店 豪雪堂 とは?

まずは、練馬駅近くに誕生した「北のコッペパン専門店 豪雪堂」を紹介。

北海道北見市の食材をつかったコッペパン専門店

「北のコッペパン専門店 豪雪堂」(ごうせつどう)とは、2018年7月14日に誕生したコッペパン専門店。「北の」とうたっているのはなぜ・・・?

豪雪堂は「北のコッペパン専門店」

 

それは「豪雪地帯」北海道北見市の食材をふんだんに使用しているからなんです。

ベーカリープロデューサーは岸本拓也さん

そしてこのパン屋さんのプロデュースは、ベーカリープロデューサーの岸本拓也さんです。

テレビ東京系列「ガイアの夜明け」において、2019年5月7日(火)放送「膨らむ!”食パン”戦国時代」でもたっぷり特集された方です。

ガイアの夜明けに登場!高級食パン専門店│ベーカリープロデューサー岸本拓也さんのプロデュース店【まとめ】

 

首都圏だけでも、以下などの有名な高級食パン専門店をプロデュースしています。

岸本拓也さんのプロデュース店

【練馬】北のコッペパン専門店 豪雪堂│ショップ情報、アクセス、駐車場

練馬駅近くに誕生した「北のコッペパン専門店 豪雪堂」のショップ情報を紹介します。

豪雪堂のショップ情報

「北のコッペパン専門店 豪雪堂」の住所や営業時間などの基本情報は以下です。

ショップ情報

  • 北のコッペパン専門店 豪雪堂
  • 住所:東京都練馬区練馬1丁目12-11
  • TEL:03-5946-9235
  • 営業時間:11:00~20:00(なくなり次第に終了)
  • 定休日:定休日
  • 駐車場:なし
  • アクセス:西武池袋線練馬駅徒歩2分ほど、都営大江戸線練馬駅徒歩5分ほど
  • 求人情報:タウンワーク

アクセス(練馬駅からの行き方)

「豪雪堂」の最寄駅は、西武池袋線と都営大江戸線の練馬駅です。

西武池袋線と大江戸線でおすすめの行き方が異なるので紹介しますね。大江戸線の場合は「1」から、西武池袋線の場合は「3」から読むとわかりやすいです。

 

1、目の前の千川通りを西方面(池袋方面と反対側)に進みます。

2、文化センター入口の交差点で右折。

 

3、西武池袋線の高架下にぶつかります。

西武池袋線の場合は「練馬駅西口」の改札(正面改札と異なります)を使い、通路を通るとこの地点に到達します。

 

4、この高架下を通過してすぐを左側に曲がると「豪雪堂」があります。

 

都営大江戸線の練馬駅の改札からおよそ徒歩5分くらい。西武池袋線の練馬駅の改札からは徒歩3分ぐらいです。

駐車場

「豪雪堂」のお店自体には駐車場はありません。駅前なのでコインパーキングは充実しています。

選択肢は多数あるのですが、隣接の西友の駐車場が最もおトクで便利です。

45台収容で料金は30分毎に200円。お買上げ金額1,000円以上で1時間、4,000円以上で2時間無料。


スポンサーリンク

【練馬】豪雪堂でコッペパンを買ってみた

豪雪堂のじっさいの混み具合やメニューを紹介しますね。

豪雪堂の外観

「豪雪堂」の外観はこちら。紫色を基調とした看板。

北のコッペパン専門店「豪雪堂」の外観

 

温もりを感じさせてくれるお店。「北海道」「北見市」の看板とともに、地元への誇りが伝わりますね〜。

「北海道」「北見市」の文字が目立ちます

混み具合と行列人数

この日はオープンから3か月ほど経った、2018年10月中旬の土曜日の午後に訪問。

オープン当初は50名待ちのこともあったそうですが少し落ち着いたかな。常に数名待っている状況でした。

ふじたん

どの時間帯が一番混むんですか?

 

お店の方に聞いてみると、一番混むのは開店直後でその次は夕方に自宅に持ち帰る方とのことです。

お店の営業時間は11時~20時で、店舗近くの自社工房で毎日焼き上げるコッペパン800個がなくなり次第に終了です。

コッペパンのメニューは30種類ほど

さて気になる「豪雪堂」のコッペパンのメニューは??

 

おやつ用のコッペパンや惣菜用のコッペパンを合わせて、約30種類ほどのコッペパンがあります。どれを食べるか迷ってしまう・・・!

以下が人気ベスト5とのことです。

人気ベスト5
  1. 豪雪コッペ
  2. 北海道あんバター
  3. 揚げコッペパンきなこ
  4. 北見生ダレ焼肉
  5. 北海道コロッケ北見玉ねぎのせ

作りたてのコッペパンは見てるだけで楽しい!

カウンターでオーダーすると、すぐ横で具材を挟んでくれます。

アイスクリーム屋さんを見ているかのような感覚で、子供ゴコロにもわくわくしちゃう!

店内にイートインはありませんので持ち帰りました。

作りたてを味わってみたかったので、今回は近くの公園のベンチに座って食べることに。


スポンサーリンク

【練馬】豪雪堂のコッペパンは「色白美人」のしっかり系!

さぁ、実際に買ったコッペパンを食べてみますね。

北国美人のような色白なコッペパン。一つ一つにシールを丁寧に貼ってくれており、どのコッペパンかがわかります。

コッペパンは1つずつ商品名を書いてくれます

看板メニュー:豪雪コッペ

まずは一番人気の看板メニュー「豪雪コッペ」から。

豪雪堂の看板メニュー「豪雪コッペ」

 

上の写真でわかりますかね??このコッペパン大きいの!

ほの手のひらと同じサイズで「長さ20センチ超え」のコッペパンなんです。そして「ふわふわ」そうな見た目に対してと「しっかり」という表現がぴったりな食感。

 

フルーツと生クリームがぎっしり詰まってるのですが、甘すぎず絶妙な味のバランス。

そこにアクセントで加わる、カリカリの米パフの食感がこれまた気持ちいい!

生クリームとフルーツ、そして「パフ」がいいアクセント!

北海道コロッケ北見たまねぎ乗せ

コロッケのコッペパンはまさに「ずっしり!」という表現がぴったり!

豪雪堂の「コロッケのコッペパン」

 

大きなポテトコロッケが2つ入っていて、持った瞬間に「重い!」と声が出ちゃいました。

北見産たまねぎを使ったソースと、たまねぎのソテーも入っており。食べやすいコッペパン。

「たくさんの種類を味わってみたい!」と思ったので3個買いましたが、2個で十分お腹にたまります。女性や小食な方なら、1個だけでも十分かも。

あんバターは翌日の朝ごはんに

あんバターは翌日に自宅で朝ごはんにしました。

豪雪堂の「あんバター」

 

バターが入っているから「温める方がいいかなぁ」なんて想像してましたが、そのまんまが一番ですね!

大ぶりのスライスバターが3切れとぎっしり詰まったあんこ。甘すぎず濃厚すぎず、ブラックコーヒーを片手にゆったり朝を過ごすのにぴったり。

【練馬】豪雪堂のアルバイト・求人情報

 

「豪雪堂」では、随時「タウンワーク」でスタッフさんを募集しています。

中野区・練馬で大人気の高級食パン専門店「うん間違いないっ!」と同じ会社が運営しているので、両店舗の製造スタッフや販売スタッフに興味がある人はぜひ!

CHECK NOW

【練馬】豪雪堂は、途中下車して立ち寄りたくなるコッペパン専門店【まとめ】

本記事では、練馬駅近くにできた「北のコッペパン専門店 豪雪堂」というパン屋さんの紹介でした。

このコッペパンは美味しい!

練馬駅からも近いので、お出かけの合間に途中下車したり、としまえんやユナイテッドシネマとしまえんで映画鑑賞の前後にも訪れやすいですね。

ふじたん

次回は息子くんとお出かけして「揚げきなこコッペ」を食べてみたい!

ショップ情報

  • 北のコッペパン専門店 豪雪堂
  • 住所:東京都練馬区練馬1丁目12-11
  • TEL:03-5946-9235
  • 営業時間:11:00~20:00(なくなり次第に終了)
  • 定休日:定休日
  • 駐車場:なし
  • アクセス:西武池袋線練馬駅徒歩2分ほど、都営大江戸線練馬駅徒歩5分ほど
  • ホームページ:https://www.gosetsudo.com/
  • 求人情報:タウンワーク

 

「中野坂上」「練馬」に誕生した高級食パン専門店「うん間違いないっ!」はどんなお店?

【中野坂上】うん間違いないっ!│高級食パン専門店がオープン。アクセスや駐車場、混み具合、予約方法、整理券の配布状況は? 【練馬】うん間違いないっ!│高級食パン専門店の2号店が2019年8月オープン!メニュー、予約可否や混み具合、求人情報は?