15分で簡単!ローストビーフを手作りで堪能。ホームパーティにもキャンプにもオススメ!

シェアする

我が家では時々、男の手料理を家族に振る舞っています。以前から気になってたローストビーフを作ってみました。

スポンサーリンク

ローストビーフのレシピを下調べ

一体、ローストビーフってどうやって作るんだろう・・・? クックパッドやレタスクラブなど、ざっといくつか下調べしました。

ホントはテレビ東京系列の「男子ごはん」でもレシピを調べたかったんですが、ホームページには直近の2回分しかなく、バックナンバーのレシピは 「男子ごはんの本」にあります。

ざっと調べる中で「あ、いいな!」と思ったのがこちら。

簡単♪すぐできる時短ローストビーフ(クックパッド)

フライパンローストビーフ(レタスクラブニュース)

最低限必要な材料はというと

  • 牛モモの塊肉
  • 塩胡椒
  • その他調味料
  • オリーブオイルorサラダ油
  • アルミホイル

今回は張り切って、700gの牛モモ肉を用意しました。

ローストビーフの調理過程をまとめてアップ

ローストビーフの調理法は、大きく分けると2種類あります。お肉をローストした後に、

  • アルミホイルに二重に包んで30分〜60分放置
  • ラップに二重に包んでからジップロックに入れて数分煮る。その後火を止めて放置

ジップロックがなかったので(笑)今回はアルミホイルに包む方にしました。

1、肉を冷蔵庫から出し、常温で1時間放置します。肉を常温にすることで、中まで熱が通りやすくなります。

2、肉に下味をつけます。マジックソルトと塩を肉にすり込みました。

3、フライパンやスキレットを熱して、オリーブオイルを注入。各面を中火で焼きます。両面だけでなく、側面も1分ずつ焼きましょう。

4、ローストした塊肉をアルミホイルで包みます。これを二回行います。熱の通りを良くするために、ふきんでさらに包んで30〜60分放置(今回は40分にしました)

その間にブログ1本更新。制限時間のシバリがあるので一気に短時間で!

5、中まで熱が通ったら、そのまま冷蔵庫へ入れて30分冷やします。こうすることで、包丁でスライスしやすくなります。

その間に付け合わせのおかずをつくって・・・最後に包丁で5mmごとに切ったら、自家製ローストビーフの完成〜!

アルミホイルで包んで熱を入れた時間、冷蔵庫で冷ました時間を除くと、実際にかかった調理時間はわずか15分ほど!

手づくりローストビーフ、作って分かったこと

見た目は「赤すぎるかな・・・?」と若干不安になりましたが、中までしっかり熱が通ってて美味しく食べられました(^^)

ローストビーフって、初めてでも簡単に作れるの・・・? 今回トライしてみて、わかったことをまとめます。

<良かった点>

・実質15分でつくれる簡単すぎる料理。材料さえあれば簡単に作れるののに「おぉ〜」と驚かれやすい、すっげーお得な料理です。

・キャンプに行く時も作れる!しかも放置しながら他の作業をできるのがいい。

<気をつけたいこと>

・強火ではなく、弱めの中火でじっくり火を通す方がいいです。スライスして赤身が多いと、ちょっとだけ不安になります。

・味付けは濃すぎるくらいでちょうどいい。700gの塊肉にマジックソルトを3つまみ+塩を1つまみでは、ほぼ味が付いてませんでした。

・700gの塊肉はかなり多い。親子3人では完食するのがなかなかハード。よく考えたら、3人で700gって、焼肉を食べる時の肉の総量とかなり近いです。

そしてもう一つ。

包丁で薄くスライスするのに苦労します。フォークで固定したまま、厚さ5mmほどに切りましたが厚すぎて、小学生の息子くんに「噛みきれない」と言われちゃいました・・・。ビクトリノックスとか、ローストビーフやハムのスライス用の包丁がおすすめ!

とはいえ想像よりもはるかに簡単にうまく作れたので、手作りローストビーフにしばらくハマりそう。味付けを変えたり、ちょっと燻製してみたり、もっと美味しくつくれるのか研究してみます(^^)

<ローストビーフを楽しくつくるために>

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)