記事を探す方は全カテゴリーへ

ハワイ名物のアヒポキ丼を再現したい!ホノルル土産のミナトシーズニングで作ったら、味付けが意外と難しかった・・・!

ホノルルで食べた印象深い料理「アヒポキ丼」。現地で購入したハワイ土産を使って、日本で再現に挑戦してみました!

 

「アヒポキ丼」ってどうしたら上手に作れるの?ハワイで食べたのと同じような味付けになるの?そんな風に感じている方にこそ、ぜひ一度読んでいただきたい料理レポです。

 

ホノルル名物 ミナト・ハワイのドレッシング

ハワイ土産の「ど定番」といえば、マウナロアのマカデミアナッツやナッツ入りチョコレートですが、同じものばかりを購入しても、味気ないですよね。

 

折角なら、日本ではあまり売られてなさそうなものを探したい!そう思いながら、ワイキキのドン・キホーテでお土産探し。すると・・・見つけました!

 

ミナト ハワイのドレッシング

 

こちらのミナトドレッシングは、JALやANA、ハワイアン航空の機内食にも選ばれるほどの、味に定評があることで有名なドレッシングです!

ドレッシング、BBQソース、シーソルトなど色んな種類がある中で、ポキ用のふりかけ(シーフードシーズニング)とガーリックシュリンプ用のドレッシングを買いました(^^)

 

現地を思い出しながら、アヒポキ丼づくりに挑戦!

日本に帰国して早々に、ホノルルで食べたアヒポキ丼が恋しくなりました。こうなったら、シーズニングもあることだし作ってみよう!

 

マグロとタコぶつをスーパーで調達して、ポキ用のシーズニングに書いてるレシピをもとに作ってみます。

 

<記載のレシピはこちら>

  • 刺身用マグロ 6oz(=約180g)
  • ポケシーズニング 2tps(=大さじ2)
  • しょうゆ 1tps(大さじ1)
  • ごま油 1tps(大さじ1)

ちなみに、1オンス=約28グラム=約大さじ2杯ですので、マグロ200グラム弱に対して、スプーン2杯のシーズニングを入れます。

あと、スプーン1杯ずつのしょうゆとごま油。だいたい同じ割合で、目分量で入れてみました。冷蔵庫に入れて、2時間ほど寝かせます。イメージとしては、マグロの「漬け」に近いですね。

 

そして、2時間後にできあがりました!炊き立てのご飯の上に、アヒポキとタコポキを載せました♪

 

食材によって、シーズニングの適した分量が違う!

アヒポキ丼ができたので、一気にがっつきます!!

 

しっかり味わってみます。現地で食べたときの、美味しさや食感、香り。そして、今食べているときの間隔。何が違うのか、どうすればよいのか。しっかり吟味します。

 

・・・わかったことが、いくつかありました!

 

マグロやタコなど、食材ごとに適量が違う

レシピ通りに作ってみたら、マグロだと、ごま油が多すぎました。魚自体に脂が乗ってると、脂っこさが強いんですねー。一方、たこは塩気が強かったです。 これは、醤油がちょっと多すぎた感じ。

なので、レシピを基本にするなら、「マグロ→ごま油を少なめ、たこ→醤油を少なめ」にすると、アヒポキ丼として合いますね!

 

マグロの質がやっぱり大事

今回調達したのは、スーパーの100グラム398円のマグロ。これはこれで美味しいんですが、何かが違います。噛んだ時の味の濃さというか。これは、如何ともし難いですねー(笑)

 

酒のアテとしては、充分すぎるクオリティ

アヒポキをつまみにビールをぐぃぐぃ飲む!こういう観点で見ると、十分満足のいくクオリティでした。80点みたいな。友達や家族に、珍しい料理やお酒のアテを振る舞うために一品、レパートリーが増えました(^^)

 

どうやったら、マグロの単価を上げずに(笑)ホノルルで食べたアヒポキに近づけるか。お店レベルで出すには、もう少しの楽しい試行錯誤が必要ですね~。

100g1000円ぐらいする本マグロとかだと、また違うのかもしれませんが、ホノルルでは、100グラム300円程度なので、その相場に近づけたいところです。

 

<参考:ホノルルでのアヒポキ食べ歩きレポ>

アイランドヴィンテージコーヒー | ハワイ通のグルメに人気のアヒポキ丼は、ごま油と醤油の味付けがまさに日本人好み!

タムラズ・ファイン・ワイン& リカーズ | 本田直之さんも絶賛、ホノルルNo.1のアヒポキを「酒屋」で購入。一晩寝かせたらさらに美味かった!

フードランド(Foodland)| アヒポキが実は美味なハワイのスーパーマーケット、試しにテイクアウトして食してみました!

 

ミナトドレッシングを日本で手に入れる方法

ハワイでしか販売していない、すべてメイドインハワイの食材。そんなミナトドレッシングをどうしても欲しい!そんな方には、大きく3つの方法があります。

 

日本からメールorファックスでオーダー

このご時世に、インターネットではありません(笑) 簡単にいうと、海外から個人輸入するという表現でしょうか。量に応じて別途送料がかかりますが、全商品をオーダーできます!

注文方法のオーダーページはこちらから

 

Amazonや楽天を活用!

Amazonや楽天などから、インターネット注文もできます。おそらく、輸入した方が国内で売ってるんでしょうね~。あらかじめ送料は含まれてますが、個人輸入するよりも若干は安そうだなという印象。

ただし、インターネット注文の場合は、ミナトドレッシングの数本セットが主です。単品買いできるようなサイトは、ほとんど見当たらないですねー。また、ポキ・シーズニングは含まれていないことが多いです(笑)

 

現地に行った友達にまとめ買いしてもらう

結局、こうなってしまうのか・・・。ホノルルに行く友人がいるのなら、一番確実で安く仕入れられる方法です。僕がハワイに滞在中の時でしたら、友人限定ですがリクエストをいただければ調達しますよー。

 

白身魚をつかってみたり、シーフードなしで熱々のごはんにかけてみたり、他にもアレンジできそうなシーズニングソースですね。まだたくさん余っているので、いろいろと試してみます(^^)

 

<ホノルルでのアヒポキ食べ歩きレポ>

アイランドヴィンテージコーヒー | ハワイ通のグルメに人気のアヒポキ丼は、ごま油と醤油の味付けがまさに日本人好み!

タムラズ・ファイン・ワイン& リカーズ | 本田直之さんも絶賛、ホノルルNo.1のアヒポキを「酒屋」で購入。一晩寝かせたらさらに美味かった!

フードランド(Foodland)| アヒポキが実は美味なハワイのスーパーマーケット、試しにテイクアウトして食してみました!

ふじたんオススメ ハワイグルメ情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。