【12月12日まで】Audibleで3,000円分のAmazonポイントをゲット!

エグゼクティブのための正しいゴルフの習い方 -ラリー・ネルソン(最も短期間で上達した世界ゴルフ殿堂入りプレイヤー)

21歳と大変遅いスタートながら

最も短期間で上達した世界ゴルフ殿堂入りプレイヤー

 

ラリー・ネルソン氏の著作を読みました! 

 

<こんな本でした>

世界ゴルフ殿堂入りを果たした名プレイヤー、ラリー・ネルソンさんと

ディスカヴァー・トゥエンティワン代表取締役会長、伊藤守さんによる著作。

 

エグゼクティブであろうとなかろうと

大人からゴルフを始めた、たくさんの人が思うことといえば

 

「どうやったら短期間で上達するんだろう」

 

 

21歳でゴルフを始め、24歳でプロ入り、31歳で米ツアー初優勝

全米プロゴルフ選手権2回、全米オープン1回など、ツアー通算10勝

 

遅いスタートながら、最も短期間で上達したゴルファー

 

ラリー・ネルソンさんと、伊藤守さんによるやり取りを通じながら

ゴルフの習い方の概念が変わる一冊です。

 

 

<この本で印象に残った部分>

 

● ターゲットに向かって打とうとしてはいけない。

それよりも「自分のスイングを開発する」ことだ。

 

● イメージは毎回つくる

イメージやビジョンは記憶できないんだ。

ビジョンを常にリニューアルする必要がある。

 

● 悪いスイングは、リトル・マッスルがラージ・マッスルをコントロールします。

良いスイングは、ラージ・マッスルがリトル・マッスルをコントロールします。

↓   ↓   ↓

手や顔のようなリトル・マッスルではなく

背筋やお尻の筋肉、脚の筋肉がラージ・マッスル

(=体幹と同義語だと思います)

 

● スイングを、ひとつのまとまりで一度に習うということは不可能です。

小さく分けていかなければいけません。

そうでなければ、よいスイングを習うことは不可能です。

 

● 足の内側と外側を強化するエクササイズをとくに行うことが重要

ピラティスで用いられる「マジックリング」と呼ばれる

直径60センチぐらいのチューブを使います。

これを膝の間に入れて、両側から強く押します。

次に、両脚を輪の中に入れて、外側へ向かって押します。

そうやって、脚の外側と内側を鍛えるのです。

 

● わたしたちは急にリラックスすることはできないけれど、

急に緊張することならできます。

そこで、先に緊張をつくってから、それを解放し、リラックスさせます。

まず肩に力を入れ、息も止めて緊張させてみましょう。

そして、それを5、6秒維持します。

次が大事なのですが、息を吐きながら、一気に力を抜くのです。

持ち上げた肩をすとんと落とすような感じです。

腕でも、手でも、脚でも、同じように試せます。

 

 

 

そして最後に、すべての大人たちが励まされる、

ラリーネルソンが言い聞かせ続けてきた言葉を贈ります。

 

「自分の信念を信じ、いつから始めても遅くないと言い聞かせてきた」

 

今はまだ結果が出ていないだけ。

でも、正しいゴルフの習い方を続ければ、きっと大きな花が咲きますよね!!

 

 

いい記事でしたら、クリックいただけると励みになります!

 

  にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ  ブログランキング ドット ネット

ブログランキング  

ブログランキング

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です