≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

【口コミ・評判】トラベックスツアーズ│日光東照宮と華厳の滝の「日帰りバス旅行」に行ってきた。7,900円〜で観光できてお得!

スポンサーリンク

ふじたん

本記事では「トラベックスツアーズ」の日帰りバスツアー「【新宿発】紅葉めぐり世界遺産「日光東照宮」&華厳の滝散策」についての体験談(口コミ)を紹介します。

他社のツアーに比べて何が違うの?実際のところお得だった?

息子の「やりたい」をとことん叶えながら、国内外を旅をすることが大好きなふじたん(@shinjifujita)です。

自由気ままでマイペースなわたしは、普段は車で旅行に行くことがほとんど。

ところが、車で行くときの最大のネックなのが・・・「運転手(=わたし)の体力の消耗が激しい」ことなんです。笑

なので、ちょっと遠くまで行く日帰り旅行は、ちょっと足が伸びづらいんですよねー。

宿泊ありのときは、最大限に予定を詰め込んで張り切るのですが。

ふじたん

日光で紅葉をみたいんだよねー。一緒にバスで行ってみない?
うんっ!気分転換したいし行きたい!(ホントは電車がいいけど・・・)←電車大好き

しゅん

我が家から日光までは片道3時間ほどかかります。

ちょっと長旅なので、今回はバス旅行を活用することにしました。

というわけで、本記事では「トラベックスツアーズ」の日帰りバスツアー「紅葉めぐり世界遺産「日光東照宮」&華厳の滝散策」について、実際に参加してみた体験談(口コミ・評判)を紹介します。

いざっ、出発進行~!

運転いらずで楽チン!
MEMO

今回はブロガー向けのキャンペーンということで、わたしの参加費は無料でした。

それでも、息子の分は自腹で参加しましたので、率直に本音レポートで書いています。笑

トラベックスツアーズは「安さ」が特徴の日帰りバスツアー

トラベックスツアーズ」とは、国内専門の旅行会社。

主に観光地へのバスツアーや、冬季はスノボ・スキーツアーも扱っています。

「価格が安い」「企画者である社員が添乗業務を行う」ことが特徴で、関東の近郊のバスツアーは約5,000円から揃っています。

 

例えば、「紅葉」「イルミネーション」「グルメ」「インスタ映え」など、行先だけでなく目的別に選べるツアー。

 

スキーツアー・スノーボードツアーは、朝発バス/夜行バス、新幹線、マイカー利用から選べます。

 

珍しいのが「尾瀬ツアー」です。夜行バスや日帰りバス、新幹線で現地まで行ってハイキングを楽しめます。

日帰りバス旅行が約5,000円~

トラベックスツアーズ 紅葉めぐり世界遺産「日光東照宮」&華厳の滝散策【体験談】

今回参加した「トラベックスツアーズ」の日帰りバスツアーについて紹介しますね。

なお、今回は2019年11月4日(祝)に参加しました。

3連休の最終日かつ、日光の紅葉が見頃を迎える季節に、どんな景色が見られるかワクワク!

ツアーのスケジュール概要と料金

今回の日帰りバスツアーはこちら。

【新宿発】紅葉めぐり世界遺産「日光東照宮」&華厳の滝散策

料金は大人7,900円〜8,400円、子供(3〜12歳、小学生まで)は500円引きです。

 

ツアーのスケジュール概要はこちら。

 

新宿を朝8:00に出発して、夜19:00に到着予定の11時間の日帰りツアー。

ツアーの行き先

  • 世界遺産 日光社寺散策(日光東照宮・二荒山神社など)の自由散策
  • 日光名物ゆば料理の昼食
  • 紅葉で美しい「いろは坂」をドライブ
  • 日本三大瀑布「華厳の滝」と中禅寺湖の自由散策

 

という、日光・奥日光の主要スポットを日帰り旅行で回れます。

日光東照宮で約3時間の滞在時間(昼食込)があるので、たっぷり散策できるのがポイント!

しゅん

お昼ご飯もあるから嬉しいね!
お腹いっぱい食べられるかなぁ〜(マラソンに向けて減量中だけどw)

ふじたん

8:00│新宿センタービル前から出発

ツアーの集合場所は、新宿駅西口にある新宿センタービル前でした。

新宿駅西口から徒歩5分ほど、ちょっと迷う人は都庁前駅から行くともっと近いです。

トラベックスツアーズの日帰りバスツアーに行ってきました

 

新宿センタービルの1Fには、コンビニ(ローソン)があります。

もし、バス用の飲み物や軽食が必要な人は、ここの利用が便利。

10:30~12:30│日光東照宮の散策

まずは新宿から日光まで2時間強のドライブ。

日光宇都宮道の日光インターを出て、日光駅の手前からは混雑が続きましたが、それでもほぼ予定通りに到着でした。

バスを降りて、日光東照宮の拝観受付所まで歩きます。

江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現を祀る。日本全国の東照宮の総本社的存在ですね。

日光東照宮の拝観受付所の混雑の様子

 

ここで拝観券を購入できるのですが、やっぱり大混雑!

ツアーにはあらかじめ拝観券(大人1,300円、小中学生450円相当)も含まれているのが嬉しい!、並ばずに添乗員さんから受け取り、日光東照宮内に入れました。

トラベックスツアーズは、日光東照宮の拝観券付きで大助かり!

 

拝観券を受け取ったら、あとは約1.5時間の自由散策。お昼ご飯の会場にて合流します。

 

国宝:陽明門ようめいもん

日光東照宮の「陽明門」

 

国宝:眠り猫

日光東照宮の「眠り猫」

 

奥宮(奥社)まで207段の階段をのぼって散策したり

日光東照宮の「奥社参道」は207段の階段

 

御神酒を買ったり、甘酒や大福で小腹を満たしたり

日光東照宮で「御神酒」も購入しました

 

日光東照宮を一通り拝観したら、二荒山神社まで散策して

二荒山神社は参道の景色が美しい

 

良い縁坂に感謝の気持ちを込めて

二荒山神社に向かう「良い縁坂」

 

時間に余裕があったので、日光東照宮の中でもっとも混んでいた「本堂」の中に入ること以外は、ほぼ主要スポットを回れました!

MEMO

もし紅葉のピーク時期の土日祝でなければ、本堂も回れたと思います。あるいは、二荒山神社をパスするのも選択肢でしたね。

12:30~13:30│富士屋観光センターで「ゆば御膳」の昼食

お昼ご飯は「富士屋観光センター」の2階の大広間にて、日光名物のゆばを使った「ゆば御膳」でした。

富士屋観光センターの「日光ゆば御膳」の昼食

 

主なメニュー

  • 日光名物「ゆば」を始めとした前菜3皿
  • 野菜天ぷら
  • 鍋うどん
  • 日光たまり漬け

 

など、ヘルシーさを保ちながらもしっかり量のある食事でした。ご飯もほんのり山菜だしが効いていて美味しかった!

食事を終えたら、出発時間まで「富士屋観光センター」でお土産タイム。とちおとめチーズケーキや日光名物が揃っていました。

富士屋観光センターのお土産売り場

 

息子くんにお土産を買うのを託して、どこまで旅行ができるかを検証。

神橋(二荒山(男体山)をご神体としてまつる二荒山神社の建造物で、日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋)まで、時間内に散策でできました!(徒歩で片道10分弱)

昼食後に神橋まで散策しました

13:40~15:40│いろは坂をドライブ

お昼を終えたら、いろは坂をドライブ。

くねくねと曲がりながら晩秋の紅葉を楽しみます。

やっぱり連休最終日はすごく混んでいて、日光東照宮から華厳の滝の駐車場まで2時間かかりました。

注意

添乗員さん情報では、連休中日の前日はなんと3時間かかったんだって・・・!(汗)

車窓から見える中禅寺湖。秋の紅葉のいろどりが美しいです。

車窓から眺める秋の中禅寺湖

 

2020年5月22日に開業予定の「ザ・リッツ・カールトン日光」も車窓から。

息子くんの印象に残ったので、きっと後日リクエストされます(予算が・・・w)

ザ・リッツ・カールトン日光(2020年5月22日開業予定)

15:40~16:20│華厳の滝もしっかり観光

日本三大名瀑の「華厳の滝」では、40分の自由時間でした。

当初予定では、華厳の滝&中禅寺湖散策の散策で60分でしたが、混雑した影響ですね。

無料の観瀑台から眺めたり、一気にエレベーターで滝壺近くまで降りたり(別料金)

 

海外の観光客を真似して、高さ97メートルを一気に落下する滝を飲み干してみたり(笑)

華厳の滝の展望台は音の迫力がすごい!

 

あゆ、いわななどの川魚の塩焼きや、すいとんのような温まる飲み物のお店も5軒くらいありました。

ちょっと40分では短くて飲食で休憩はできなかったのですが、華厳の滝を最大限に満喫。

中禅寺湖(華厳の滝から徒歩5分ほど)にも行けなかったので、また日光に来る理由ができたことにしよう。

16:30~21:30│いろは坂を下って帰宅

華厳の滝の鑑賞を終えたら、第1いろは坂を下って、東京方面に戻ります。

普段の家族旅行だったら、妻と息子くんが寝息を立てる中で帰り道の長距離ドライブ。

運転しないでいいのはやっぱり楽でした〜。というか気持ちよくてバス内で爆睡・・・zzz

しゅん

パパ、たっぷり寝ていたね〜
ふぁぁぁーーー、しっかしよく寝たわ〜

ふじたん

ところが、連休最終日に事故も重なり、東北自動車道が50kmの大渋滞!(涙)

本来は19時に新宿に到着予定でしたが、21時半ごろに到着しました。すっごくお腹が空いて大変だった・・・。

注意

高速道路の大渋滞を見越して、帰りの軽食を持参することをおすすめします。

途中のパーキングエリアもおにぎりやパンは完売で、1つ500円のご当地ポテトチップスを買いました。

おすすめの持ち物

実際に日帰りバス旅行をしてみて感じた、おすすめの持ち物は以下です。

おすすめの持ち物

  • 軽食(帰りのバス用も)
  • 飲み物
  • モバイルバッテリー
  • ダウンやコートなどの防寒着
  • 動きやすい服装・スニーカー

寒さ対策はしっかりと。

日光東照宮は東京スカイツリーと同じ標高634メートルですし、華厳の滝や中禅寺湖(華厳の滝から徒歩5分ほど)は、標高1,200メートル以上あります。

11月上旬のお昼でも10度前後の日もあると聞き、ダウンを1枚持参して正解でした。

バスの各座席にUSBコンセントはないので、モバイルバッテリーも持参するのがおすすめ。

MEMO

トラベックスツアーズの行き先や催行日によっては、USBコンセント付のバスの場合もあるようです。

わたしの友人が富士山&河口湖のツアーに行った際には、コンセント付のバスだったとのこと。

運転いらずで楽チン!

スポンサーリンク

トラベックスツアーズの日帰りバスツアー│良かった点

今回の「トラベックスツアーズ」の日帰りバスツアーについて、良かった点(メリット)を振り返りました。

日光東照宮と華厳の滝を1日で回れる

実は「日光東照宮と華厳の滝を1日で両方回れる」日帰りバスツアーは、珍しいんですよ。

例)クラブツーリズム

日帰りでは、日光東照宮だけor周辺の果物狩りなどと組み合わせた観光がほとんど。

両方の観光名所を回れて、かつ自由散策時間も多めに確保しています。限られた時間にギュッと観光したい人に嬉しい!

身体の疲労がなくて楽

やっぱり運転しない日帰り旅行って、すごく楽ですね。

連休最終日だったのでちょっと心配していましたが、翌日も疲労なくスッキリ目覚めました。

体力が十分にあり余っていたので、翌日に片道20kmの自転車通勤もできるくらい。

他社の日帰りツアーに比べて安い!

今回のツアー「【新宿発】紅葉めぐり世界遺産「日光東照宮」&華厳の滝散策」の場合、1人7,900円(税込)でした。

ツアー代金に含まれるもの

  • 日光東照宮の拝観料(=1,300円相当)
  • ゆば御膳の昼食(=1,500円相当)
  • 日光東照宮から中禅寺湖(華厳の滝)までのバス(=往復約2,300円相当)
    ※JR日光駅・東武日光駅から東武バスで片道1,150円

 

添乗員さん自ら「安さが売りです」とアピールするぐらいでしたし、すごくコスパがいい日帰りバス旅行だなぁと感じましたよ!

日帰りバス旅行が約5,000円~

トラベックスツアーズの日帰りバスツアー│ちょっと残念だった点

ちょっと残念だったところも、包み隠さずに紹介しますね。

出発時間を早くしてほしい

11月3連休の「最もピーク」な時期。やっぱり想像通りにすごく混みました。

というか、帰りの混み具合は想像以上でした。

遅れても20時くらいに新宿に着けばいいなぁ〜と思ってましたが、なんと東北自動車道が50kmの大渋滞!(涙)

華厳の滝から新宿まで、なんと5時間かかりました・・・。(ふだんは約2.5〜3時間)

あらかじめ渋滞は予測できるので、朝8時出発ではなく7時出発だと嬉しかったです!

朝起きるのが大変だけれど、その分バスで寝られますからね(笑)

お昼ご飯が鴨鍋ではなかった

昼食は「日光名物ゆば料理」と「鴨鍋」とのことでしたが、わたしが参加した日は鴨鍋ではありませんでした。

鴨鍋というよりは、うどんが中心のお鍋でしたね。

昼食の鴨鍋がうどん鍋だったのが残念でした

アルコールが飲めなかった(笑)

これは、ツアーの行き先と準備によります。

あらかじめ持ち込むか、自由時間に散策しながら確保をすればよかったのですが、今回はどちらもできませんでした。

ふじたん

お昼ご飯のときに別料金でビールを頼めたらよかったなぁ~
よしよし。お家でたくさん飲みなよ〜。

しゅん

とはいえ、全体で考えると改善してほしかった点はこのぐらいで、満足できた点がほとんどでした!

運転いらずで楽チン!

スポンサーリンク

トラベックスツアーズの日帰りバスツアー【まとめ】

ということで、本記事では「トラベックスツアーズ」の日帰りバスツアー「【新宿発】紅葉めぐり世界遺産「日光東照宮」&華厳の滝散策」のクチコミ(評判)ついて、実体験をもとに紹介しました。

トラベックスツアーズ」の日帰りバスツアーは、ツアー自体の種類は「クラブツーリズム」や「はとバス」に比べると少ないのですが

  • 安さ
  • 観光時間をしっかり確保

を重要視しており、運転せずに旅行を楽しみたい人にオススメしたいツアーでしたよ!

ふじたん

日光は楽しかった?
うんっ!連れてきてくれてありがとう。また行きたい!

しゅん

運転いらずで楽チン!

国内旅行・レジャーで合わせておすすめの記事

スパジアムジャポン(スパジャポ)│東久留米に関東最大の温泉(スパリゾート)が誕生!料金、お得情報、岩盤浴やグルメ【全まとめ】 【パワースポット】三峯神社とは│アクセス、バスや車での行き方、駐車場、滞在目安や回り方、周辺グルメや温泉情報まとめ 【2019年】サンライズ瀬戸・出雲の予約方法│ぼくがサンライズツインを確保できた予約奮闘記を全部紹介! 【保存版】香川で讃岐うどん巡り│1日で11店舗食べ歩き!わたしが実現させたスケジュール、おすすめルートを詳しく紹介 国内の寝台列車・夜行列車8選│予約方法やツアー情報、出発場所、料金を紹介。憧れの寝台特急に乗って非日常な旅に出よう!
CHECK NOW

スポンサーリンク

konoha