記事を探す方は全カテゴリーへ

二代目与一@大分 | 大分名物「琉球丼」発祥のお店は、関アジを使用!とにかく身がプリップリで美味しかった~

大分県の名物郷土料理といえば、琉球丼(りゅうきゅう丼)その 「琉球丼の発祥」 といわれるお店に行ってきました!

 

今回紹介するのは「琉球丼の発祥」として有名な「二代目与一」というお店。美味い鯵は本当に美味い!!そしてこんな食べ方もあるんだ~と学びになったお店です。

 

大分名物、琉球丼とは?

琉球丼(りゅうきゅう丼)って、一体なに?

 

それは、大分県佐伯市の旧・蒲江町や旧・米水津村地区の郷土料理。

 

一仕事を終えた漁師たちが、漁で獲れた魚を新鮮なうちに捌き、一口大に切って、しょうゆ・酒・砂糖をかけて熱々のどんぶり飯にのせて豪快にがっつく、男のまかない料理です。

 

魚は、アジ・サバ・ブリ・カンパチ・タイなどがよく使われます。

 

「琉球(りゅうきゅう)」というと、沖縄の郷土料理? と思ってしまいそうですが、由来ははっきりしていないそうで、以下の諸説があります。

  • 琉球の漁師から調理法を伝えられたという説
  • 千利休に由来するという説

 

大分市内を散策すると、ほとんどの居酒屋で「りゅうきゅう」「琉球丼」という文字を目にします。それだけ地元民に愛されている料理なんでしょうね~。

 

二代目与一 アクセスと待ち時間

今回の出張中に訪問した居酒屋「Peace&あるばむ」(このお店での素晴らしい出会いレポはこちらから) このお店のオーナーの早川さんにオススメされた二軒のうちのひとつ「二代目与一」というお店を訪問しました!

20140531-134641-49601275.jpg

 

JR大分駅から歩いて5分ほどです。

 

お店の入り口には「大分名物 元祖琉球丼」という貼り紙があります。なんでもコチラのお店が、琉球丼発祥なんだとか!!

20140531-134642-49602171.jpg

 

お店自体は、寿司と海鮮料理が食べられます。カウンターが10席ほどと

20140531-134643-49603027.jpg

 

テーブル席が30席ほど。2Fには個室がたくさんあり、合計100名以上収容できます。

20140531-134643-49603885.jpg

 

5月下旬の土曜日の12:30ごろに入店。平日のほうが混むのかな・・・? 1F席は全体の1/3ほどの埋まり具合でした。観光シーズンやお昼のピークを外せば、外で待つことなく入れそうな印象です。

 

元祖琉球丼は、関アジを使用!

もちろん迷わず、琉球丼をオーダーしました!「ご飯大盛りできます?」と聞くと、快諾してくれました(^^)琉球丼以外は、刺身定食、天丼や天ぷら定食、ちらし寿司などがあります。

 

その場でアジの半身をさばいて~、タレと絡めて~。5分ほどして、琉球丼が目の前にやってきました!

20140531-134644-49604918.jpg

 

二代目与一の琉球丼は、なんと高級魚の 関アジを使用!たっぷりの関アジの上に、その上にネギ、大葉、白ゴマ、海苔が載っています。

 

醤油タレは思っていたよりも甘めでした(これも九州ならでは)とにかく、関アジの身がプリップリなの!!青魚の臭みもまーーったくなく、上品な丼という感じでした。

熱々のご飯でなかったのは、好みが分かれるところですね。とはいえ、お寿司や海鮮丼と同じように、適温のお米だからこそ魚の美味さが際立つんでしょうね~。すっごく納得。

 

関アジを使っているため、他のお店の琉球丼に比べると500円~700円ほど高いですが、それを凌駕する美味しさでした!!

 

<今回紹介したお店>

  • 二代目与一
  • 住所:大分県大分市中央町2-3-7
  • TEL:097-532-4714
  • アクセス:JR大分駅から徒歩5分、若草公園近く
  • 営業時間:11時~22時、第1・第3月曜休み
  • ホームページ:https://tabelog.com/oita/A4401/A440101/44000107/

 

<大分グルメ・観光情報>

からあげコンちゃん、別府にある総重量1.5kgのからあげ弁当に挑戦! はじめは超美味、途中からは地獄に・・・(笑)

「寿司ろばた八條」大分市内の魚屋直営の海鮮居酒屋はインパクト凄すぎ!驚き連発に「情熱大陸」とともに一人ご飯を楽しみました!

別府海浜砂湯で砂湯温泉を初体験! ミシュラン2つ星のスポットは、砂の重さと波音とおばちゃんのBGMが、ハンパなく気持ちいい~♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。