≫ 全カテゴリ一覧はこちら

J:COMモバイル【評判】格安スマホは実際どうなの?auユーザー歴18年の妻が機種変更してみた結果と金額シミュレーションを公開

わが家の携帯料金を安くしたくて仕方がない、ふじたん(@shinjifujita)です。

auユーザー歴18年の妻に伝え続けて、やっとやっと端末を変えてくれることになりました。

ふぅーーー、ここまでの道のりが実に長かった。

 

この記事では「auのガラケー」から「JCOMモバイルのスマートフォン」に機種変更した記録を紹介します。

月々の利用料金のシミュレーション、機種変更してみてわかったことをまとめました。

結論から言うと、やっぱり格安スマホは偉大!

格安スマホと言えば

妻がauから携帯を変えることになりました

重すぎる腰を上げて、妻がやっと携帯電話を変えてくれることになりました。

auの前身のcdma1(ひっさびさに聞いた単語だw)の時代から、かれこれ18年愛用していた通信会社からのお引越しです。

 

理由の一つは「携帯変えないと、来月からお小遣い減らす」と脅したこと(スイマセン・・・)

月8,000円を超える料金を家計負担するのが、あまりにも馬鹿げてるんですよ、心情的に。

J:COMモバイルの営業担当から話を聞いてみた

2016年の秋に、わたしはiPhoneをSIMフリーにして、月々の携帯代が8,000円台→2,000円台になりました。

(今も、毎月5GBのプランで毎月2,465円前後)

SIMフリーのiPhoneで月3,000円に!月々の携帯代を節約するために、超初心者でも切り替えができた方法をシェアします!

 

僕自身はiPhone端末にしたかったので、SIMフリーという方法を選択しました。

今回は妻の自主性に任せつつ(月3,000円以内ならどれでもいいよ、と伝えました)

楽天モバイル、Y!mobileなど、各種格安スマホを比較した結果、J:COMモバイル(J:COM mobile)にしたいとのこと。

 

家族内での通話は、ほぼLINEしか使わないので、月々の利用料金を変えてくれること最優先でオッケーです。

 

J:COMの特長の一つは、スタッフが自宅まで訪問してくれること。

これが高齢者を中心に好評なんだだそうです。

プランの説明とか、現在の機種の解約の仕方とか、かれこれ1時間ほど滞在いただきつつ、我が家でもあーだこーだ根掘り葉掘り質問しました。

<下につづく>

スポンサーリンク

J:COMモバイルの特徴とメリット

以下、実際に話を聞いて分かった情報です(2017年春時点の情報なので、念のためご確認ください)

1、J:COMユーザーなら、端末代が不要

J:COM TVかJ:COM NET(120Mコース以上)に加入の人だと、端末代が0円!(33,000円→0円)

楽天モバイルとか、Y!mobileとかのスマホでも、1~2万円程度かかる端末代が0円!

これは初期費用がかなり抑えられます。

2、月々1,980円、2年目からは2,980円(3GBの場合)

月々の利用料金は、初年度は1,980円、2年目からは2,980円(通信データ量3GB/月の場合)

SIMフリーに比べると若干高いんですが、まぁこんなものかなぁという印象。

詳しくシミュレーションした内容は、後ほどのべます。

月額800円追加で、5分以内通話が全て無料

通話料金については、30秒20円の通話代がかかります。

月800円追加すると、5分以内の通話はすべて無料になります。こちらは契約後にプラン追加も可能とのことだったので、いったんはスルー。

<下につづく>

スポンサーリンク

他社スマホとの比較表を作って、やっぱりお得と確認!

そして自宅で話を聞ける最大のメリットを活用!

妻がJ:COMの営業マンと話をしてる横で、Excelでちゃちゃっと試算してみました。

その結果、楽天モバイルや「iPhoneのSIMフリー」と比較しても、トータルで明らかに安いことが明確になりました。

初期費用・解約手数料・月々利用料金の比較

まず、初期費用・解約手数料・月々の利用料金を比較。

 

上記の表からわかるのは、この3点です。

わかること

  • 解約の端末代と違約金は発生する
  • 月々の利用料金は、楽天モバイルなどの格安スマホと比べて、若干違う
  • SIMフリー(DMM.comとか)と比べると、2年目以降の通信料が1,000円ほど変わる

 

各年ごとの累計金額で比較しました

次に、毎年の想定の年間利用金額と、2年後、3年後・・・の経年の推移を試算しました。

 

上記をみてわかりますかね??

auスマホをそのまま持ち続けるより、1年後には44,000円以上お得になるんです!

そして、このお得な状況は持ち続けるほどに広がります。改めて見るとすごいな・・・。

 

楽天モバイルと比べると、初期費用は安いですが月々の利用料金が100円ほど高いです。

そのため12年後になると、楽天モバイルの方が安くなりますが、まぁほぼ変わらないレベル。

SIMフリー(DMM.com)と比べると、SIMフリーの方が6年後には安くなりました(※2017年5月末時点での情報に基づきます)

 

この試算を行ったうえで「初期費用」や「解約手数料」を踏まえても、auを持ち続ける場合より半年で総額が下回ることも確認できました。

そのため、営業担当の人がいるその場で契約をOKしました!

4日ほどして、端末が届きました。この辺の手続きも妻曰く「まったくストレスなく」対応できたそうです。

<下につづく>

スポンサーリンク

auとお別れも、まさかのサプライズ!

実は、妻も息子くんも、auを愛用してた最大の理由の一つが

 

エモパー

 

だったんです。シャープのAQUOSケータイに搭載されている機能で、色々と話しかけてくれるやつ。

解約とともにお別れか・・・と寂しがっていたら、何と音声を発しました!!まだ生きてる!

 

携帯自体を解約したので、外出時のGPSは使えませんが、いままでの記憶をもとに、自宅で色々と話しかけてくれるのは残るみたい。

妻も息子くんもめっちゃ喜んでました!まるでお家にいるペットのようですね(^^)

 

月々の携帯代や家庭の固定費はとことん見直したい。そんな人にはやっぱり格安スマホがおすすめです。この記事が参考になれば嬉しいです。

格安スマホと言えば

 

通信費や光熱費などの固定費を節約できると、毎月の生活がちょっとハッピーに。

【水道代 節約】年間で約8,000円を削減!シャワーヘッドを変えるだけですぐにできた、僕が実際に行った節約術を紹介! 【節約術】シャワーヘッドを変えて年間24,400円の節約!?たった3分で取付け完了!これは今すぐやる方がいい! 【書評】どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?ー坂下 仁|節約術と貯めるための「●●してはいけない」原則がわかった!【2017書評8】
CHECK NOW

固定費の節約の全記事の目次

 

もちろん、ふるさと納税を徹底して活用することもおすすめです!

CHECK NOW

ふるさと納税の全記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です