記事を探す方は全カテゴリーへ

アールオブサンドウィッチ | サンドウィッチ伯爵の味をラスベガスで食す。ブルーベリーとレタスのサラダが予想を超えた美味さ!

イングランドの貴族「サンドウィッチ伯爵の11代目」のお店がある・・・? そんな面白い情報をラスベガスで仕入れました。

 

パン好きとして居ても立っても居られない!ちょっと時間ができたのでふらりと訪れてみましたよー。日本で食べるサンドウィッチとは果たしてどう違うの!?

今回は「アール オブ サンドウィッチ」(Earl of Sandwich)というお店の紹介レポです。

 

アール オブ サンドウィッチ 基本情報

アール オブ サンドウィッチとは?

今回訪れたのは「アール オブ サンドウィッチ」(Earl of Sandwich)というお店。

18世紀にサンドウィッチを考案したといわれる、イギリスのサンドウィッチ伯爵の直径子孫、サンドウィッチ伯爵11世(ジョン・モンタギュー)が経営するサンドウィッチ専門店。

 

2004年にフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内にオープンし、その後にアメリカ東海岸を中心にチェーン展開。HPのショップ一覧をみたところ32店舗ほどあります(2017年6月時点)

 

ラスベガス内ではどこにあるの?

ラスベガスでは、ストリップ内に2店舗と、ダウンタウン(Downtown Summerlin)と「ザ パームズ カジノ リゾート」(Palms Casino Resort)の合計4店舗。

 

ストリップ内では「プラネット ハリウッド リゾート &カジノ」(Planet Hollywood)内の24時間営業のお店と「シーザーズ パレス リゾート&カジノ」(Caesars Palace)内の11:00~23:00まで営業のお店の2つあります。

今回は「プラネット ハリウッド リゾート &カジノ」内のアール オブ サンドイッチを訪問しました。

 

プラネットハリウッド内の「ミラクルマイル・ショップズ(MIRACLE MILE SHOPS)」内にあります。世界中のようこそ看板に「全米本土で最も観光人口が多い」といわれる、ラスベガスのパワーを感じます。

 

ホットサンドと独特すぎるサラダをオーダー

▽サンドイッチのメニューはこちら

 

▽朝11時までだと、朝食メニューもあります

 

前日にCravingsの食べ放題に行ったので、ほんとはサンドウィッチだけで十分なんですが(笑)、せっかくなのでサラダも。

  • THE EARL’S CLUB(ジ・アールズ・クラブ)
  • BERRY CHICKEN ALMOND SALADS(ベリーチキンアーモンドサラダ)

をオーダーしました。2つで16.70ドル。サンドウィッチだけなら、7.45ドル+消費税。

 

会計をすると、ミラクルマイル・ショップズ内の他のお店のクーポン券をくれます。施設内でお金を回そうという実に良いシステム(日本国内のショッピングモールだと、ほとんど見かけませんよね)

 

ベリーチキンアーモンドのトスサラダが美味しい!

▽店内の様子はこちら

オープンになっていて、気軽に入りやすいです。

 

しばらくすると大音量のブザーがなって、取りに行きます。 さっそく、食してみましょう!

 

BERRY CHICKEN ALMOND SALADS(ベリーチキンアーモンドサラダ)

 

ストロベリー、ブルーベリー、アーモンド、レタスに、やや酸味の効いた茶色いドレッシング。

明らかに日本では食べない組合せなんですが、これが実は合う! ブルーベリーとレタスの相性って、こんなにいいんだーと驚きました!! ただストロベリーはいらない(笑)

 

菅野美穂さんがCMに出演している、味の素「トスサラ」(Toss Sala)という商品がありますが、こちらもその一種。「Freshly Tossed Green(TM) SALADS」という形で、商標出願中なんだそうです。

 

THE EARL’S CLUB(ジ・アールズ・クラブ)

お店のシグネチャー的なサンドウィッチ。およそ15cm(iPhone7Plusと同じぐらい)の大きめサイズです。

 

具材は、ターキー、ベーコン、チーズ、レタス、トマト。全体的にちょっと塩味が効いてて、甘めの飲み物に合いますねー。ホットサンドなので、外はカリっと。

 

やっぱり予想してたとおり、サラダかサンドイッチで充分お腹に溜まります。特に前夜にビュッフェを食べた翌日の朝食としては(笑)

ラスベガスから日本に出国の時、朝早くの便で空港に向かう方も多いですよね。24時間営業だし、ストリップ内の真ん中エリアにあるので、帰国前にサクッと購入して、空港や機内で余韻に浸りながら食すのもアリですよ(^^)

 

<今回紹介したお店>

 

CHECK NOW

ラスベガス・セドナ旅情報はコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です