≫ 【7月11日1:59まで】楽天お買い物マラソン開催中!

ラスベガス シャトルバスで空港からホテルへ移動。タクシーやUberと比較してのメリット・デメリットは?

7泊9日のラスベガス・セドナ・ロサンゼルスへの旅行にやってきたふじたん(@shinjifujita)です。

まずは最初の目的地「ラスベガス・マッカラン国際空港」に到着。

 

今回はラスベガス空港(マッカラン国際空港)からストリップ(市街地)のホテルまで一人で移動。

コストを押さえたかったのと、どんなものかを体験したかったので、タクシーの代わりにシャトルバスで移動しました。

 

ラスベガス空港からホテルまではどうやって移動するの?じっさいの所要時間は?タクシーとの違いは?

 

本記事では、実際に体験してわかった「ラスベガス空港からホテルまでの移動方法」と「ラスベガスの交通事情」について紹介します。

併せておすすめ!

ラスベガス空港(マッカラン国際空港)からホテルへの移動方法と料金目安

今回の旅は、スピードブランディングの鳥居祐一さんが主催の「究極のラスベガス・セドナ・LAツアー」というイベントでした。

鳥居祐一さん「究極のラスベガス・セドナ・LA9日間ツアー」参加レポート│仲間とのつながりが人生を豊かにする最高の旅!

 

成田→ロサンゼルス経由でラスベガスに到着。

空港からホテルへの移動方法と料金目安

ラスベガス空港(マッカラン国際空港)からストリップまでは、おおよそ8~9km離れています。

ラスベガス空港から市内及びホテルまでのアクセス方法は、大きく以下の6つ。

種類 料金 所要時間 チップ
タクシー 20~25ドル 約15分~ 15~20%
シャトルバス 10ドル前後 約30分~ 1ドル(荷物代)
路線バス 6ドル 約30分~
事前予約 種類による 約15分~
Uber(ウーバー) 15ドル前後 約15分~
レンタカー 種類による 約15分~
注意

所要時間はあくまで「目安」としてお考え下さい。後ほど詳しく紹介しますが、道路状況によりかなり変動します。

空港からホテルへの6つの移動方法とメリット・デメリット

ラスベガス空港からホテルまで、それぞれの移動方法とメリット・デメリットを解説しますね。

CHECK!
  1. タクシー:
    メーター制のタクシー。ストリップ内なら、約20〜25ドル+チップ(15~20%)が料金目安
    ◯:ホテルまで直接移動できる
    ×:英語でのコミュニケーションが必須
  2. シャトルバス:
    相乗りタイプのシャトルバスで空港から滞在先のホテルまで送迎
    ◯:当日その場で手配可能。タクシーやUberより安い
    ×:所要時間がかかりやすい
  3. 路線バス:
    空港からダウンタウンまでの路線バス。おおよそ30~60分間隔で24時間運行
    ◯:最安!(6ドル)
    ×:バス停からホテルまでの徒歩移動が面倒
  4. 事前予約:
    空港からホテルまでの送迎サービスをあらかじめ予約。VELTRA(ベルトラ)というサービスが有名
    ◯:事前予約でストレスフリー。日本語対応や大人数も可能
    ×:他に比べて料金が高い
  5. Uber(ウーバー):
    第1ターミナル(2F)・第3ターミナル(空港となりの駐車場)に乗り場あり
    乗車される人は、初回最大2,000円割引コード1js15q」をぜひご活用ください
    ◯:英語でのコミュニケーション不要。2名以上なら最安
    ×:不慣れだと手続きが戸惑うことも
  6. レンタカー:
    グランドキャニオンや周辺観光を合わせて行う人向けイージーレンタカーレンティングカーズでの一括検索が便利
    ◯:旅に来た感!
    ×:英語でのコミュニケーションが必須

 

路線バスだと待ち時間が長かったので、今回はシャトルバスを使うことに。

ちなみに、マッカラン空港内ではWi-Fiを使えますが、空港を離れるとネットが繋がらないので要注意。日本からレンタルWifiを持参するなら「グローバルモバイルのWifi」が一番オススメです。

アメリカ本土で使える一番お得なWi-Fiを徹底比較

【おすすめ】アメリカ旅行のレンタルWiFiなら「グローバルモバイル」が一番お得!料金、プラン内容、他との違いは?

ラスベガス空港でのシャトルバスの乗車方法

13年ぶりのラスベガス旅行。

なんだかタクシーだと味気ないのと、異国に来た感じを味わってみたく、今回はシャトルバスを使うことにしました。

空港のターミナルからシャトルバスのカウンターへの行き方

マッカラン国際空港のターミナル1を出て、横断歩道を渡る前に左右にカウンターがあります。

 

SuperShattle(スーパーシャトル)という会社を利用しようとしたんですが、ちょうど到着したときにシャトルバスが出発。

次の出発まで30分ほどかかりそうということで、Bell Trans(ベルトランス)という会社のシャトルバスを利用しました。

チケットを買ったらホテル名(行き先)を伝えます

当日現地でチケットを購入して乗車できます。

カウンターでチケットを買い、この時に行き先(ホテル名)を伝えます。

Bell Transの場合だと片道8.5ドル(=2017年6月時点)でしたが、それぞれの会社で1~2ドルほど異なります。まぁ小さなことは気にせずいきましょ。ちょっとの差は夜に取り戻せばいいんだしw

シャトルバスの定員になったら出発します

今回乗車したシャトルバスは、後部3列+助手席に乗車するタイプ。最初に乗る人から最後部の座席に座り、定員10名分の乗客が乗ったら、空港から移動開始です。

わたしが乗車してから、10分弱で出発しました。

 

全乗客の行き先を聞いたら、ドライバーさんが経路を考えます。そのため、タクシーより若干遠回りになる可能性はありますが、追加料金はありませんのでご安心ください。

日本人が自分だけのこの状況久しぶり、ちょっとワクワク!

スポンサーリンク

ラスベガス空港からホテルまでシャトルバスで移動してみた【体験レポ】

まず、結論から言います。

2人までの移動なら、間違いなくタクシーよりシャトルバスの方がお得です!

実際にシャトルバスに乗車してみてわかったこと

そして、今回乗車してみてわかったことをシェアしますね。

コスト面:

3名以上ならタクシー、2名以下ならシャトルバスの方がお得。

とくに1名で移動する場合は、タクシーとシャトルバスで約15ドルほど変わります。

移動時間:

同乗者の宿泊するホテル(行き先)によって、大きく変動する。タクシーとほぼ差がない場合もあれば、30分ほど余計にかかる場合も。

 

今回は、マッカラン国際空港からストリップのど真ん中のホテル「ミラージュ リゾート&カジノ」へ向かいました。

ミラージュ リゾート&カジノの宿泊レポート

【宿泊レポ】ザ・ミラージュ(ミラージュリゾート&カジノ)スイートルームとツインルームのお部屋設備とレビュー

 

17:40ごろに空港を出発し、2人目の降車だったので約25分で到着。

これぐらいならタクシーと大差ありません。ただ、到着便が1時間遅かった友人は、道路渋滞がひどすぎてホテルまで1時間かかったとのこと・・・(涙)

 

ラスベガスは日没前後からの道路渋滞がとにかくひどいので、タクシーでもシャトルバスでもいずれも、1時間近くかかる場合もあります。

注意

とくに、ストリップの北側のホテル(サーカス・サーカスやストラット)などや、ダウンタウンに移動する場合は、かなり時間がかかることを想定した方がいいです。

反対に、南側のホテル(マンダレイ・ベイなど)などは、空港から近いので速く到着する可能性があります。

ラスベガスで距離のわりにタクシー代が高い理由

旅行滞在中に、ラスベガスでタクシーに何度か乗るとよくわかります。

 

この街のタクシー、メーター進むの早っっっ!

マッカラン国際空港からストリップまでは約9kmほどの距離なんですが、1/12マイル(約130m)につき0.23ドル(約25円)に加えて、交通渋滞の待機中もどんどん加算されます。

そしてこの街は道路渋滞がヒドイ!あとで、ロサンゼルスの市街地の方が更にひどいことを知りましたが・・・。

 

わずか2kmほど。日本でいう「初乗り運賃」の距離でも10ドルします。

マッカラン空港〜ストリップまで約9kmなんですが、タクシーが25ドルほどかかるという理由がよくわかりました。

チップの目安は1ドル。ホテルの目の前まで行ける

シャトルバスの場合は、乗車時にいきたいホテル名を伝えます(もちろん英語でね)

そして、降車する時に運転手さんがトランクの荷物を降ろしてくれます。チップ(目安:1ドル)を渡して、無事にホテルに到着しましたよ。

あらかじめ予約をすれば、日本語対応や貸切送迎もある

マッカラン国際空港からホテルまでシャトルバスで移動するデメリットは、乗車する人のホテルがバラバラであるが故に、時間がかかる場合があること。

「自分たちのホテルまで行きたい!」「現地で英語で手配するのが大変」という人には、あらかじめ日本で予約するという選択肢も。

たとえば「VELTRA」(ベルトラ)というサイトから、日本語対応のタクシーや貸し切りで専用車の手配も可能です。

ラスベガス空港からホテルへの移動方法【まとめ】

本記事では、ラスベガス空港からホテルまでの移動方法と、シャトルバスを利用してみた感想を紹介しました。

とくに空港から1名で移動する場合は安くておすすめです!

デメリットとしては、所要時間はタクシーやUber(ライドシェア)に比べてかかる場合がありますが、日中や夕方は交通量が多いので、どちらにせよ時間がかかるんですよ。

 

空港を出るとネットがつながらないので、レンタルWi-Fiは忘れずに。借りるなら「グローバルモバイルのWifi」が一番オススメです。

アメリカ本土で使える一番お得なWi-Fiを徹底比較

【おすすめ】アメリカ旅行のレンタルWiFiなら「グローバルモバイル」が一番お得!料金、プラン内容、他との違いは?

 

他にも「タビナカ」というサイトなら、現地オプショナルツアーが充実!

グランドキャニオン、アンテロープキャニオンやセドナなどへの観光ツアー、シルク・ドゥ・ソレイユやショーの鑑賞、ラスベガス市内観光やお得なツアーもあるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ラスベガス・セドナのおすすめ旅情報

今回はラスベガスに2日間、セドナに2日間滞在。そのあとにラスベガスからロサンゼルスまで移動して3日間滞在しました。

その旅行の中で特におすすめのグルメや旅情報をまとめました!

おすすめのクレジットカード

JAL便やJALパックのツアーで申し込み予定の場合は、マイルが貯まりやすい「JALカード」を申し込んでおくとお得ですよ。

さらに今なら、最大10,550マイルがもらえるキャンペーンも実施中!

申し込みからカード発行までは約3週間かかりますので、気になる人は早めのチェックがおすすめ!

JALカードの口コミ・評価を見てみる

【JALカード】ハワイ旅行や海外旅行に持っておくとお得なクレジットカード。メリット・デメリットは?

最大10,550マイルが貯まる!

JALカードを見てみる【公式】

※普通カードなら初年度は年会費無料

 

年会費を抑えたい場合なら、三井住友VISAクラシックカードAも万能です。

盗難保険・ショッピング保険も充実しているので、現地でのショッピングやお土産用のカードとしておすすめ!

三井住友VISAクラシックカードAの口コミをみてみる

【三井住友VISAカード】海外旅行にはクラシックカードAがおすすめ!特徴やメリット・デメリットは?

最短3営業日で発行!

※年1回以上利用で、翌年度以降も年会費無料

ラスベガス・セドナのおすすめスポット

パワースポットのセドナ巡りへ。セドナ旅行に役立った持ち物といらなかった持ち物をまとめました!

セドナ旅行におすすめの持ち物と服装│夏の灼熱のパワースポット巡りに役立ったもの9選

 

ゴルフ練習場の概念が変わるトップゴルフ(TOPGOLF)を訪問。ゴルフが好きな方ならぜひ体験してほしい!

トップゴルフ(TOPGOLF)|ゴルフ練習場が根本から変わる!仲間や家族で楽しむレジャー施設は驚きだらけでした!

 

ビュッフェ(食べ放題)で有名な街ラスベガス。人気No.1の大行列すぎる食べ放題「ル・ビレッジ・バフェ」を味わってきました!ビュッフェにもエンタテイメントがある街、それがラスベガスですね。

ル ビレッジ バフェ│1時間待ち!ラスベガス・パリス内の大行列すぎる食べ放題、フランスの街並みとスイーツに大満足!

 

ラスベガス・セドナ・ロサンゼルス旅行の全行程と目次は以下です。気になった記事をみつけて、ぜひ旅の情報収集に読んでみてください!

2 COMMENTS

ななせ

あなたのこのブログのお陰で本日助かりました。
ありがとうございます。

ふじたん

嬉しいお言葉!
ブログにまとめて良かったです。ぜひ旅を満喫してくださいねー(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【7月11日1:59まで】楽天お買い物マラソン開催中!事前準備や攻略法を解説しています。
くわしくはコチラ
【7月11日1:59まで】楽天お買い物マラソン開催中!
くわしくはコチラ