記事を探す方は全カテゴリーへ

セドナのパワースポット巡り | 真夏のツアーに役立つ荷物9選、いらなかった荷物5選

セドナのパワースポットめぐり、今回はたっぷり1泊2日でたっぷり堪能してきました。

 

セドナのパワースポット、1泊2日で旅行してきました

現地時間2017年6月19、20日の1泊2日で、アメリカのセドナという「街全体がパワースポット」と呼ばれている土地に行ってきました。

 

<参考>セドナ観光局のホームページ

セドナへようこそ! | Visit Sedona
セドナの観光案内 アリゾナ州セドナ観光局による、セドナの観光案内のサイトです。ヴォルテックス(ボルテックス)サイトの点在するセドナは、癒しの町、スピリチャルな町と して日本でも注目を集めていますが、見ることやることがたくさんある大変奥の深い町です。セドナの町の楽しみ方は、以下を参考になさってください。また、

 

今回は朝5時にラスベガスを出発し、朝10時すぎにセドナに到着。1泊したのちに翌日14時すぎにセドナを発ち、19時ごろにラスベガスに到着しました。

 

約28時間で4大ボルテックスと呼ばれるパワースポットの完全制覇をはじめ、地元の有名レストランやリゾート施設でランチやディナーに舌づつみを打ったり、ショッピングを楽しんだり満喫してきました。

 

<参考記事>

https://fujita3.com/archives/20512

https://fujita3.com/archives/20669

https://fujita3.com/archives/20707

 

実際にセドナに旅行に行ってみてわかった「持って行くと役立つもの」「必要かもと思って持参したけど使わなかったもの」をまとめました。

 

なお、セドナは6月~9月の夏の時期は大変暑いです。最高気温が余裕で40度を超えます(現地滞在中、最高気温が47度とかニュースでいってました・・・)。特に夏に行く方にとっては、参考になるかと思います!

 

<セドナの気候>

 

真夏のセドナに持って行くと役立つもの9選

まずは、真夏のセドナツアーに持っていくと役立つトラベルグッズから。どんどん紹介していきますよー。今回旅して気づいたのは、大きく9つ。

 

<セドナ観光用>

1:ドリンク用のリュック

セドナという街自体が、標高1300mほどの場所にあります。そして、ボルテックスと呼ばれる名所の一つ一つは、実は山登りをする場所でもあります(場所によりますが、片道5分~60分程度です)

 

歩き回るとなると、極力荷物を少なくしたいもの。僕は、ウェストポーチ(財布やWi-Fi用)と、ドリンク用のリュックの2つのみを持参し、後はすべて車に保管しました。

 

 

2:自撮り棒(セルフィー)

これは間違いなく、今回のセドナツアーでのMVP級!「自撮り棒」がこんなに役立つなんて、はっきり言って想像以上でした。というか日本でも使ったことなかったのに。

 

たくさんの場面で、自撮り棒が大活躍してくれました(^^)

 

一生に数少ない思い出だからこそ、最高な一枚をたくさん収めたいですよね。「自撮り棒」を日本から持ってくるのを忘れた人も大丈夫。ラスベガスのWalgreensというドラッグストアなら、10ドルで購入できます。

https://fujita3.com/archives/19894

 

3:折り畳み式の杖

特に、ベルロック、カセドラルロックは登る時間が長いので、長い時間(片道30~60分)を登り続けるのがキツイ方に役立ちます。ただ、滑りやすく両手が必要な場面が出てくるので、ずっと使う杖ではなく、状況に応じて畳んでバッグに収納できるのがマストです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。