記事を探す方は全カテゴリーへ

トップゴルフ(TOPGOLF) | ゴルフ練習場が根本から変わる!仲間や家族で楽しむレジャー施設は驚きだらけでした!

ラスベガスにて、日本ではまったく考えられない「ゴルフ練習場」に行って来ました! いやーーー、噂以上に凄かった!

 

  • 日本ではありえないゴルフ練習場があるって聞いたけど、いったいどんなの?
  • 手ぶらで行けるゴルフ練習場!?
  • 「大人」も「子ども」もパーティー気分で遊べる場所!?

 

ラスベガスで見てきた驚きたっぷりな忘れられない光景を、まとめて紹介します!

 

トップゴルフ(TOPGOLF)とは?

今回訪れたのは、トップゴルフ(TOPGOLF)というゴルフ練習場。

 

今までのゴルフ練習場とは全く異なる新しい施設として、アメリカのみならず日本国内のゴルフ業界内でも、なにかと話題になってる場所。業界仲間の友人がアメリカに行き、体験した旨をFacebookで投稿するたびに、いつか行きたい・・・と思ってた場所です。

 

ホームページのTOPページにいきなり女の子の写真。そんなゴルフ練習場、見たことも聞いたこともありません(ジュニアスクールのカテゴリページならともかく)

 

ゴルフ練習場って、どんな場所だとイメージしてますか・・・?

 

「おじさんたちが」「自分の道具を持ってきて」「打球音だけが響く環境で」「一人で黙々と」「休日の暇つぶしに」・・・

でも、この光景って世界中を見ても当たり前なのでしょうか・・・?

 

今回のラスベガス・セドナ・LA旅行にて、ラスベガスで自由行動の際にどうしても訪問してみたく、トップゴルフを体験してました。やっぱり、百聞は一見にしかずだった!!

 

トップゴルフ ラスベガス アクセスと基本情報

トップゴルフの施設数

トップゴルフは、アメリカ国内に約30店舗、イギリスに3店舗(2017年6月時点)の施設があるゴルフ練習場。どんどん拡大しており、Coming soonがもう10店舗ほどあり、オーストラリア、メキシコにも進出予定!(全施設一覧はコチラ

 

今回はラスベガスの施設、TOPGOLF LAS VEGAS (トップゴルフ ラスベガス)に行ってきました。

 

トップゴルフラスベガス アクセス

ラスベガスのストリップ(=一番のメイン通り)から徒歩30分以内で行けますが、絶対にタクシーをオススメします。6月のラスベガスは、昼間の最高気温が40度を平気で超えます。こんな場所を歩くと、暑すぎて到着前から干からびます・・・。

 

目安時間としては、「プラネットハリウッド」(Planet Hollywood)から徒歩15分で「ミラージュ リゾート&カジノ」(The Mirage)からは徒歩30分ほど。

タクシーだと、トップゴルフ→「ミラージュ リゾート&カジノ」までで約10ドルでした。

 

さぁ、中に入ってみましょう!

 

・・・そして第一印象は

 

こんなゴルフ練習場、見たことない!!

もうもうもう、施設に入る瞬間から、この空間に圧倒されます。日本でゴルフ練習場にしょっちゅう行ってる人なら尚更。

 

なんだこの施設、めちゃくちゃすごいよ!!!

 

いきなり爆音が鳴り響く受付で出迎えてくれます。そして、施設内が実にワイワイガヤガヤと賑わってます。あえて言うなら、ラウンドワンのようなボウリング場の受付が近い。

 

日曜日の昼12時台で、全107打席が満席でした。受付を済ませて、しばらく4F建ての施設をざっと見まわします。もう、ありとあらゆるところを見てみよう!

 

3Fのラウンジ

ここゴルフ練習場だっけ・・・? この空間だけを見たらどこに来たか忘れちゃう!

 

4Fのラウンジ

こちらは吹き抜けでオープンになってます。

 

ゴルフショップ

思わず、写真左上のゴルフのマグカップを衝動買い。土台に穴が開いてて、パター形ボールペンとボールで、穴に入れて遊べます。ただ、ボールの置き場所に苦労してます(笑)

さらに、キャロウェイゴルフのフィッティングスタジオもあります。

 

2Fの待合スペース

500インチ以上はありそうな超特大スクリーンと、最上階まで吹き抜けになっているダイニングスペース。

 

全米オープンの最終日、前半でスコアを伸ばしつつあった松山英樹選手を「Go Hideki !!」と叫びつつ、打席が空くのをもうしばらく待ちます。

 

さぁここから、打席の全貌が現れてきますよー!!

 

45分待ちで入店 料金システムと設備を紹介

受付時にメールアドレスを伝えると、順番がきたらメールが届きます。日曜日の12時台で、45分待ちでやっと入れました! なので必ず、WiFi環境を確保してメールが受け取れるようにしましょう。

このメールが届いたら、受付に行きます。

 

レンタルWifiを日本から持参なら「グローバルモバイルのWifi」が一番オススメ!たっぷり比較調査しました。

【おすすめ】アメリカ旅行 レンタルWiFiを徹底比較!グローバルモバイルが一番お得だと判断し、借りることにしました

 

料金システムはこちら

時間帯(9時〜12時、12時〜17時、17時以降)、曜日(月〜木曜、金・土曜、日曜日)で、価格が異なります。そして、1Fと2Fは同料金ですが、ラウンジになっている3Fの方が料金が高いんです!

日本のゴルフ練習場では、グラウンドレベルのフロア(大半は1F)に行くほど、料金が高いのが相場なんですが、まったくの逆!ホテルの高層階の方が高いのに近いかな。

 

1時間あたりの打席料で、何人で入っても同料金。最大6名が一緒にプレーでき、最大10名まで打席に入れます。初入店の人は、メンバーカードが+5ドル/人かかります。とりあえず言われるがままに作成。

 

そして、打席が圧巻!!!

 

打席の構造とレンタルクラブ

まず、キャロウェイゴルフのクラブが全打席に置いてます。男女用それぞれ7本ずつ。マイクラブで打ちたい方のために、もちろん持ち込みも可能なんですが、圧倒的に少数でした。ざっと数十名に1人くらい・・・?

 

そして全打席が「コの字型のソファ」になっていて、大人数で座れます。

 

打球方向には、全部で9つの「的」があります。簡単にいうと、的に入れてポイントを争う形式のゲームができます。

 

90ヤードの的が一番広くて、的の外側がクッションになって跳ねやすいので、初心者でも前に飛ばせさえすれば、どこかにかなりの確率で入ります。そして遠い的ほど、また真ん中に入るほどポイントが加算されます。

 

1人20球ずつ打ち、合計ポイントを争います。10種類ほどのゲームから、制限時間内に好きなだけでき、ボウリングでいうともう1ゲーム延長するような感覚です。英語のルールブックもありますが、これはネイティブレベルでないとわからなさそう(苦笑)

 

ゴルフ練習場=仲間や家族で楽しむレジャー施設に

トップゴルフ、実際に感動しすぎました!!

ゴルフ練習場って「静かに」「おじさんメインで」「一人で」やる施設だと思ってました。でも、トップゴルフでは全てが異なっていました。

 

「ガヤガヤ」「大人も子どもも」「みんなで」集まる施設でした。この日は父の日ということもあり、子連れの家族や、ショートパンツにタンクトップの若者がたくさん!

 

「ボウリング場」と「スポーツバー」と「ゴルフバー」をすべて合わせて「ゴルフ練習場」という場所で表現した雰囲気、「手ぶらでゴルフ体験」「1打席平均5人以上でワイワイ」「爆音な空間」「打席で食事しながらの遊び」、すべてが日本では考えられません。

 

食事やドリンクメニューもガッツリ!

 

料金は一人30~40ドルが目安

今回は「1時間プレー(60ドル)+カード発行(5ドル/人)+ドリンク1杯ずつ+チップ(やっぱりあるのねw)」で、1打席で約90ドルでした。5~6名でしっかり飲み食いしたとして、1人30~40ドルでしょうねー。大人数の方がやや割安になります。

 

ゴルフ練習場=ゴルフを練習する場所として捉えるのではなく、家族や仲間との身体を使った外遊び。「今日、ご飯食べに行くよ~」という手軽さなど、学ぶところがたくさん。

 

この施設でプレーしながら、僕は大学生を思い出してました。

 

よく授業の合間に隣駅のボウリング場に行ってました。もしこの施設が同じ場所にあったら、昼間からみんなで「今日ゴルフ行く?」というノリで行っちゃいますね。そして「今日楽しかったねー」と大満足しながら、ゴルフへの興味がどんどん膨らみます。

 

今は、毎週日曜日に小学生の息子とゴルフ練習場に行ってます。妻はほとんど家でお留守番してるんですが、その理由は「行ってもやることがない」から。

こういう場所だったら、愛する親子が楽しんでいる様子を見ながら、一緒に時間を過ごせますよね。

 

ゴルフ練習場という場所が、まさしく「いつでも」「誰でも」「手軽に」ゴルフのきっかけになる場所でした!東京23区内で、こういう施設できないかなー。ゴルフのイメージが根本から変わります。日本のゴルフ業界一丸となって、ぜひいい土地を見つけてほしい!!

 

最後に:動画にもまとめました。雰囲気を感じてみてください!

 

<施設情報>

 

ゴルフを身近に始めよう!ふじたんオススメ記事あつめ

「パパ、ゴルフやりたい!」予算10,000円以下で実現!小学生の息子とゴルフをはじめるために僕が取り組んだ4つの方法
パターマット おすすめ6選+α【傾斜なし】 | 自宅や職場でパター練習、楽しく上達するグッズを徹底調査!
家族旅行もゴルフを楽しみたい!旅行とゴルフが趣味の「ゴルフ大好き親子」になるための6つの遊び方

 

CHECK NOW

ゴルフのキッカケ!全記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。