≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

【出場レポ】2019ゴルフトライアスロンin三重│日本発世界初の新競技に参加してきた!大会の感想や記録をとことん振り返り

スポンサーリンク

「世界初のゴルフ競技がある」。その言葉に惹かれて、第1回ゴルフトライアスロンに参加してきた、ふじたん(@shinjifujita)です。

いやーーー、しんどかった(笑)

そして、想定していなかった出来事もたくさんありました。やっぱり初開催の大会には、参加することに意義がありますね。

 

本記事は「2019ゴルフトライアスロン in 三重」(第1回ゴルフトライアスロン)の参加レポート。

大会の流れを振り返りつつ、出場記録や感想を中心にじっくりまとめてみます。

ゴルフトライアスロンはどんな競技?

ふじたん

そもそも、ゴルフトライアスロンってどんな競技なの?

ゴルフトライアスロンとは、日本発世界初のゴルフ競技。

ゴルフ人口の減少に歯止めをかけること、若手の体力強化などを目的として考案されました。

 

トライアスロンといえば「スイム→バイク→ラン」の3つの合計タイムを争いますが、ゴルフトライアスロンでは「ラン→バイク→ゴルフ」の3つの競技で争いました。

「2019ゴルフトライアスロン in 三重」では、以下の3部門で開催。

各部門

  • 鉄人の部:ラン約9km→バイク約18km→ゴルフ18ホール
  • チャレンジの部:ラン約4.5km→バイク約9km→ゴルフ18ホール
  • リレーの部:鉄人の部を「3人1組」(1人1種目ずつ)でプレー

 

ゴルフは「1打=40秒換算」(チャレンジの部は、1打=20秒換算)にして、タイムをポイント化して争う形式。

 

第1回大会は新しいもの好きのゴルファーやトライアスリートなどを中心に申し込みが集まり、鉄人の部は「開催1か月以上前」の時点ですでに満員!

ヤバイ!と気づいて、ハワイ旅行の合間に妻と息子が寝静まるホテルの部屋で申し込んで大正解でした~。

 

わたしの実力は、ラン=フルマラソンでサブ3.5(自己ベスト:3時間29分21秒)、バイク=初心者(ロードバイク未保有)、ゴルフ=?(平均スコア95~100前後?)です。

ご自身の実力と比較しながら、以下を読み進めてみてください~。

2019ゴルフトライアスロンin三重 の参加レポ(前日編)

それでは「2019ゴルフトライアスロン in 三重」(第1回ゴルフトライアスロン)の様子をお届けしますね。

まずは前日編からはじまります。

移動(東京→三重)

今回のスケジュールは以下でした。

大会スケジュール

  • 2019年10月13日(日):受付・試走・プレイヤーズミーティング
  • 2019年10月14日(祝):大会本番

 

台風19号が猛威をふるった中、参加するかをギリギリまで迷いましたが、隣の町に住むMさんの車に同乗して西に向かうことに。助手席から交通情報を逐一チェック。

途中で通った相模川をはじめ、河川の水位は高く濁ったまま。

台風19号が猛威をふるった翌朝の相模川

 

東名道の大井松田インター以西が通行止めだったので、下道で箱根の山を越えて再び新東名に乗車。

途中の岡崎SAでは、レストラン「岡崎小鉢食堂」のカレー盛り放題でカーボローディング。トッピング1つ付で700円で安すぎるカレーを1,565gたっぷり補充(=食べすぎ)

岡崎SAの「岡崎小鉢食堂」のカレー盛り放題はお得すぎ!

 

朝7時に出発して、8時間かけて会場の「津カントリー倶楽部」さんに到着しました〜。

会場の「津カントリー倶楽部」に到着

参加賞

大会の正式名称は「TSIグルーヴ アンド スポーツカップ 2019 ゴルフトライアスロン in 三重」

TSIグルーヴ アンド スポーツさん(=パーリーゲイツ、ニューバランスゴルフなどのゴルフアパレル企業)が冠スポンサーを務められたこともあり、参加賞がすごく豪華でした!

「2019 ゴルフトライアスロン in 三重」の参加賞

 

大会記念Tシャツ(マスターバニー)、タオル、シューズケース、ブリヂストンゴルフさんのJGRボール(1スリーブ)、マールアペラル(MARapelar)さんのスポーツアロママッサージジェル、アルミニウムボトル。

正直にいうと「参加費15,000円(+ゴルフのプレー代別途)は高いな・・・」と思っていたのですが、景品がたっぷりでお得感がありましたよ。

試走

今回は自転車をレンタルしたので、前日の試走にも参加しました(レンタルの人は参加必須のため)

Bianchi製のレンタルバイクを使用しました

 

Bianchi(ビアンキ)製の見るからに良さそうなマウンテンバイク(MTB)で、この相棒でゴルフ場のカート道を颯爽と・・・

自転車でゴルフ場のカート道を走ります

 

と言いたいところですが、トラブル発生!

 

走行中に自転車のチェーンが外れて絡まりました・・・><

試走でチェーンが外れて、てんやわんや・・・

 

「登り坂の途中でギアを軽くする」という、初心者にありがちなミスを見事にやらかしたんですよ。

メカニックさんが来て修理してくれたので助かったのですが、すっごく絡まっていて工具がないと直らないレベルだったし・・・

明日同じことをやったら、自分で直すか手押しかギブアップかという恐怖の宣言をされ、順位を競う前に「まずは完走・・・」と肝に命じて終了(軽く自信喪失w)

プレイヤーズミーティング

試走のあとはプレイヤーズミーティング(全員参加必須)

参加者からの質問も飛び交いながら、みっちり1時間半ほど各競技の説明。

クラブハウスのレストランにてプレイヤーズミーティング

 

一生懸命にプレーをしつつ「ケガをしない」で完走することが、次回以降の開催のために参加者のみなさんに課されたことでした。

前夜祭

やっぱり旅の合間には・・・

スポーツツーリズムにはガソリン(ビール)が欠かせない

 

ほら、スポーツと旅行を楽しむ「スポーツツーリズム」なら現地を知ることが大事じゃないですか(笑)

明日のためにほどほどにガソリン注入して、ラグビーW杯(対スコットランド戦)をスポーツニュースで何度も繰り返し見たくなるのに堪えながら、24時前に就寝。

スポンサーリンク

2019ゴルフトライアスロンin三重 の参加レポ(当日編)

いよいよ当日!

「ラン→バイク→ゴルフ」を一日かけて行う、長丁場の競技のはじまりです。一緒に参戦したMさんが朝30分寝坊するという、波乱の幕開けから。笑

会場に到着

朝6時前に会場に到着。

あらかじめ割り当てられた「トランジション」(=各競技の交換場所)に荷物を保管します。ここorクラブハウスのロッカーのみを使用可能。

荷物はトランジションエリアかロッカーに保管

 

とりあえず景気づけに。

「2019ゴルフトライアスロンin三重」スタート前の一枚

 

汗っかきのわたし、ゴルフのラウンド時にはいつも「2リットルのペットボトル飲み物」や「ゴルフポーチ」を乗用カートにまとめて乗せるのですが、今回のゴルフは「セルフで担ぎ」。

何を残すか迷いつつ、キャディバッグに入るだけの飲食を放り込みました。

ゼリー飲料2つ/おにぎり1つ/食パン1切れ/スポーツドリンク500ml×2本/スポーツドリンクの粉末×2本、など。

スタート

開会式と準備運動を終えて、いよいよスタート!

朝が思いのほかバタバタだったのか、全員集まっての集合写真とかはなかったですねー(運営側としては撮影したかったんでしょうけど)

戦いの前には準備体操

 

まずはチャレンジの部から。じゃっかん時間の余裕があったので、スタートを動画で撮影しましたー(撮影時間1:06)

 

15分後に鉄人の部の「ラン」がスタート!

最初にルールを聞いたときは「トライアスロンなら、”ラン”が最後で精魂尽き果てるまで走るべきでしょ〜」ってガッカリしたんだけど、結果的にこの順番でよかったです。

ゴルフの後にバイクやランなんて、レースを終えた今は想像もしたくない・・・w

ラン

ランはOutコースのカート道を使用。1周約4.4kmのコースを2周。最高地点と最低地点の高低差が50mぐらいある山岳コースは、まるでトレイルラン。

9ホールの中に給水場所が2つと聞いていたので(結果的に1つだったんだけど)

給水を取るのがもったいない!最初は500mlペットボトルを背負って走る予定でしたが、誰一人として持っていないし・・・。流れに従おうと直前で外すことを判断。

 

テンションも上がる中、いきなり30mほどの打ち下ろし(=ランナー的には下り)でオーバーペースになりがちなのを必死で堪えて、3周あるつもりで走りました。

スタート直後の打ち下ろしはオーバーペースになりがち(笑)

 

おおよそキロ5分ペースで、43分ほどで走破。

5分のトランジット(=交換タイム)で自転車がスタートなので、川内優輝選手ばりのラストスパートは抑えてちょっと余力を残しつつ。

バイク(自転車)

こちらは、1周約4.4kmのコース(10〜18番ホール)を4周。かなり強い雨も降りはじめて、スリップしやすいコンディション。

 

まずは完走、完走・・・。

 

ペース配分をしながら走っていると、3周目に異変が!

いきなり両足のふくらはぎがつりそうになって、ペダルを漕ぐ脚に力を入れたら「ピキッ!」ってヤバイ!

 

悔しかったけど、登り坂で自転車を降りて歩き、給水を取り、ペースを落として整え。

4周目には、ちょっと回復して「これならラストまで持つ」と判断できたのでラストスパート。バイク(自転車)は53分ほどで走破しました。

ゴルフ

ランとバイクが終わった人から、順々にゴルフに回ります。

4人1組で約7分おきにスタートするので、約50分のインターバルができました。

着替えて、補給食と軽食を取り、飲み物を補充し、パッティンググリーンで練習してたら・・・、あっという間にスタート時間。

ゴルフはパッティンググリーンのみ練習可能

 

トランジションが15分だったら何もできなかったな・・・。つーか、足腰がガクガクするんですが・・・。

そんなことを思いつつ、ラウンド開始。

 

あ・・・、ゴルフは一瞬で終了しました(笑)

球があっちこっちへ行き交い、最初の4ホール連続で、ティーショットOB(=前進四打)からのダブルパーをやらかし・・・ ※その後の5ホールでは+4にまとめたものの。

 

後半も最後の数ホールで眠すぎて力尽きました。自分でも集中力が落ちているのがわかるレベル(言い訳)。だって、めっちゃアップダウンがあるんだもん・・・。

とにかくアップダウンの激しいゴルフコースでした

 

たくさん打ち、めったにしない誤球もして(=2打罰)。同じ組だった人が70台で回っていたから、迷惑はかけていなかったことにしよう(したい)

救護室へ

全ての組がホールアウトしてから表彰式。表彰式の前に、あまりにしんどくて救護室へ。

腰とふくらはぎがとにかく張っていたので、ほぐしていただきました。寝落ちしそうだった・・・

救護室でマッサージを受けてちょっと回復

表彰式

表彰式はクラブハウス内のレストランにて。

開催地の三重県にちなんで「松坂牛のハンバーガー」が振る舞われましたよ!

松坂牛のバーガーパーティーで表彰式

 

最終結果は、「鉄人の部」男子は伴場信吾さんが8,445点(ゴルフスコア82)、同女子は宮崎千瑛さんが10,419点(同79)で優勝でした。

ちなみにわたしの最終成績は、ラン21位、バイク25位、ゴルフ34位、総合29位でした。ゴルフの順位が一番悪いし・・・泣

>>【総合】TSIグルーヴ&スポーツカップ 2019 ゴルフトライアスロン in 三重-総合

第1回ゴルフトライアスロンを数字で振り返る

今回参加してみた感想を、スコアと共に振り返ります。

「ゴルフ×アスリート」としての総合力がないと戦えない

ゴルフトライアスロンも、なんだかんだ「ゴルフ×アスリートランナー」としての総合力が試される大会でした。

鉄人の部(男子)で優勝した伴場さんは、スピードゴルフでも毎回上位に入られる方なんです。やっぱり付け焼き刃ではない地力が大事。

スピードゴルフよりもランやバイクが得意な人向け

とはいえ、ゴルフトライアスロンとスピードゴルフには、じゃっかんの違いもあります。

スピードゴルフは1打=60秒換算、ゴルフトライアスロン(鉄人の部)は1打=40秒換算なので、ゴルフの比重がやや異なります。

今回のコースセッティングの場合、スコアの内訳はおおよそ以下でしたね。

  • スピードゴルフ:ラン40、ゴルフ60(=ゴルフの方が比重が高い)
  • ゴルフトライアスロン:ラン25、バイク35、ゴルフ40(=ラン+バイクの方が比重が高い)

 

ゴルフが苦手な人でも、スピードゴルフよりはゴルフトライアスロンの方が上位進出がしやすかったです。とはいえ、バテバテな状況で90切りはするのが最低条件。

MEMO

スピードゴルフの場合は、80台前半では回らないと上位進出が厳しいんですよ。

上位を狙うために必要な能力は?

今回の大会で上位に入るには、以下の3拍子を兼ね備えた実力が必要でした。

  • フルマラソンでサブ3レベルの走力
  • ロードバイクをアップダウンのあるカート道で使いこなす
  • ゴルフを80前後で回る

 

一応、鉄人の部で優勝した伴場さんとわたしの結果を比較(悔しいけど)

ラン
(約8.8km)
バイク
(約18km)
ゴルフ
(18ホール)
総合
スコア
伴場さん 37分15秒(2位)
2,235点
48分50秒(9位)
2,930点
82(4位)
3,280点
1位
8,445点
ふじたん 43分23秒(21位)
2,603点
53分18秒(25位)
3,198点
112(34位)
4,480点
29位
10,281点

 

その差は1,836点(=30分36秒相当)でした。

密かに「上位ベスト10なら行けるかな?」と思っていたんだけど、さすがにゴルフが酷すぎ・・・(笑)

仮にゴルフが90打で総合10位、100打で総合18位でした。まだまだ伸びしろがありますね〜。

 

とはいえ、こうやって上位のレベルを肌で知れることが大事。

スポンサーリンク

ゴルフトライアスロンの出場レポ【まとめ】

ということで「2019ゴルフトライアスロンin三重」(第1回ゴルフトライアスロン)の鉄人の部を完走して、名誉ある「ゴルフトライアスリート」になりました。

2020年にも開催予定(関東・関西で1大会ずつという噂もあり)なので、興味のある人は一緒に参戦しましょう♪

マラソンでサブ3(ハーフマラソンで1時間半)を目指し、ロードバイクを買い、ゴルフを基本のきから再びレッスンで習い・・・

 

参加することで、新たな課題が明確になりやりたいことだらけ(笑)

ゴルフトライアスロンは一度参加するとまた挑戦したくなる!

 

主催の日本ゴルフトライアスロン協会のみなさま、お誘いいただいた代表理事の松尾俊介さん、会場の津カントリー倶楽部さま、大会関係者のみなさま。

貴重な経験をいただき、ありがとうございました!

>>ゴルフトライアスロン公式ホームページ

アスリートゴルファーにおすすめの関連記事

ゴルフトライアスロンだけでなく、スピードゴルフもあります。次回は2019年12月開催予定。

【参加レポ】スピードゴルフオープン2017│ゴルフ×ランの新しいゴルフ競技にガチ参加!結果は37位も楽しかった!

 

ゴルフ練習をもっと楽しく!もっとアスリートに。

本番に向けた練習にピッタリの「ショートコース」やおすすめの「ゴルフ練習器具」、話題のゴルフ情報などを紹介!

東京・埼玉 ショートコース10選|初心者ゴルファーや子供とゴルフにもおすすめ!安く楽しく回れる場所を紹介! パターマット おすすめ7選と選び方【傾斜なし】│自宅や職場でパター練習、楽しく上達できるグッズを徹底調査! トップゴルフ(TOPGOLF)|ゴルフ練習場が根本から変わる!仲間や家族で楽しむレジャー施設は驚きだらけでした! レイヤートレーニング【まとめ】箱根駅伝四連覇の青学陸上部も実践、マラソン用の時短トレーニングの方法や頻度は?

 

ふるさと納税」の返礼品でゴルフ用品を受け取りたい人はこちらがおすすめ!食品とは異なりずっと使えるのでコスパがいいですよ!

【ふるさと納税】ゴルフボールを返礼品でもらえる自治体・ブランド・金額まとめ【2019年版】 【ふるさと納税】ゴルフのトーナメント開催コース、返礼品で回れるゴルフ場12選【2019年版】 【2019年】ふるさと納税 ゴルフのパターマットの全まとめ│高知県芸西市、寄付金額は8,000円~、楽天ふるさと納税が充実!
CHECK NOW

ゴルフの全記事の目次はこちら

スポンサーリンク

konoha