記事を探す方は全カテゴリーへ

普通列車グリーン車で池袋から鎌倉へ|ブログは順調に更新、だけどJR東日本に提言したい3つのこと

ふじたん(@shinjifujita)です。親友の結婚式で鎌倉へ行くことに。気分転換と情報収集を兼ねて、グリーン車を使って電車移動してみました。

 

池袋から鎌倉まではおよそ60分。

グリーン車を使う場合と使わない場合で何が違うかな?ブロガーとしての活動はどうなるかな?気づいたことをまとめてみます!

 

 グリーン車に乗るには乗車前に買うのがお得

「グリーン車で移動したら、ブログ執筆がはかどるかな・・・?」

 

今回使おうと思ったのは「グリーン車が移動用のオフィスになるか」を確認したかったから。JR東日本の普通列車グリーン車は、移動距離と曜日に応じて料金が異なります。

 

池袋駅~鎌倉駅間は、乗車料金890円+グリーン車780円(平日は980円)の別料金。

乗車後に電車内で購入する場合は1,040円(差額+260円)がかかります。そして、購入後に知ったんですが「全席自由席」なんですね!(てっきり座席指定だと思ってました・・・)

 

グリーン車が満席で座れない場合は、普通車に移動して申告すれば、払い戻しになります(参照:JR東日本:よくいただくお問合せ

JR構内のSuica専用グリーン券うりばで購入して、いざ出発進行~!

 

通常座席とグリーン車を比べた「いいところ悪いところ」

池袋から鎌倉までは約65分の電車移動。

正直なところ「いいところ」も「悪いところ」もあるなぁというのが率直な感想でした。以下を読んで「あ、これなら乗る価値がある!」と思うかどうかですね。

 

グリーン車に乗ると仕事はやっぱりはかどる!

全席にテーブルがあるので、仕事用としても問題なく使えます。

電源もWi-Fiもありませんが、まぁこれは許容範囲(と思うことにしよう)

西武・東京メトロ・東急・横浜高速鉄道による新型特急「Sトレイン」のように、テーブルなしの特急よりははるかに利便性が高いです。

Sトレイン【評判・口コミ】西武40000系 運行初日に乗車してわかった「3つの良い点3つの悪い点」と、今後にむけて夢の妄想!

 

座席が広々していて気分がいい!

座席の横幅も奥行きも、普通席よりも明らかに広いです(寸法を調べてみましたが、出てこず・・・)

揺れが少ないかどうかよりも、広々として快適なところが何より気持ちいいです。リクライニングを倒しても悠々と使えます。

 

缶ビール臭っ!!(笑)

実は、乗車した最初の印象がコレだったの。缶ビールを飲みながら乗車する人が普通席より明らかに多いんですよねー。

 

新宿駅やターミナル駅に着いて、新たな乗客が座席に座った瞬間から、あちこちから「プシュッ」という威勢のいい音。

やっぱり行楽目的での移動になると、テンションが上がって電車で宴会が始まりますね。通常車両に比べても、缶ビール臭さが際立ちます。

 

1時間で780円のフリースペース(移動オフィス)としての総合評価は「悪くはない」という印象。ただ、料金的なのも踏まえると、毎回使うかは微妙かな~。

池袋から鎌倉に行く場合、通勤時間帯を除けば途中からケースがほとんどなんですよ。

 

JR東日本さんへ:改善してほしい3つのこと

何事も体験が大事!

実際に乗車して気づいた改善点もまとめてみましょう。(JR東日本の関係者の方がご覧になってたら、ぜひ1人の乗客の意見として参考にしてほしいな)

1、料金にもっとバリエーションを

  • JR側のニーズ:たくさんの人がグリーン車を使う→売上(乗車料金+グリーン車料金)が増えてハッピー
  • 乗客のニーズ:グリーン車が安ければ、もっと使いたい!

 

今回利用した土曜日の12時台で、普通席はほぼ定員が座りグリーン車はおよそ4~5割の乗車率でした。

平日/土日や、朝晩の通勤時間帯/それ以外の時間帯で、おそらく乗車率も相当に異なると予想できます。例)土日祝の昼間=一律500円とかお手軽感が加わると、利用者が増えて料金収入が増えるんじゃないかなぁ。

ぜひ試験導入してほしい!

 

ふらっとグリーン(JR東日本の新幹線で2017年6月より導入された、2名以上なら+480円でグリーン車にアップグレード可能)を取り入れるのも、すごくいいアイデア!

 

2、やっぱり電源はほしい!

グリーン車自体が、普通席とは異なる車両なので、早く導入してくれないかなー。

途中でグリーンアテンダントの方が「車内サービス」で飲み物や軽食の販売を行いますが、ここの人件費をかけるよりも、設備投資の方が嬉しいです。

 

3、「飲酒可車」「飲酒不可車」を導入

乗車時にはまったく予想していなかった「酒臭い車両」

もしグリーン車自体を全席自由席にするのであれば「喫煙車」「禁煙車」と同じように「飲酒可車」「飲酒不可車」を導入してほしいですね(2両だったら、1両ずつになるのか・・・?)

あるいは、空気清浄機の導入の方がやはり現実的でしょうか。

 

1時間ほどの乗車でブログも1本楽々と更新できて、やっぱりグリーン車自体は利用価値があります。

宇都宮~小田原など、もっと遠距離になると尚更価値があります。だからこそJR東日本さんには、この資源をもっともっと有効活用してもらいたいです!

 

逗子・葉山・鎌倉エリア おすすめ情報

逗子・葉山・鎌倉エリアを満喫しよう。こちらのグルメや旅情報もオススメです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です